logo

超簡単!ふわふわしっとりなシフォンケーキのレシピ・作り方!




ふんわりとした食感とほんのり甘い味で人気のシフォンケーキ。
カフェやレストランで提供されるような、しっとりふわふわなシフォンケーキなんて、簡単には作れないでしょ・・・と思っていませんか?

そんな方のために、こちらの記事ではシフォンケーキの型がなくても作れるふわふわのシフォンケーキの作り方をご紹介いたします。
こちらの記事を参考にして、ぜひご自宅でシフォンケーキ作りに挑戦してみてくださいね!

ふわふわしっとりなシフォンケーキの作り方・材料・レシピ

 

cake

 

ふわふわで甘〜いシフォンケーキは、女性を中心に多くの人のお気に入りのスイーツだと思います。

お店で出されるようなふわふわでしっとりとしたシフォンケーキを自分で作って食べたいけど、作るのは難しそう・・・と思っている方も多いかと思います。

しかし、シフォンケーキは手順や材料の分量をしっかり守れば簡単に作ることができるんです!

 

また、シフォンケーキを作る際に使用するのは、真ん中に丸い穴が空いた円形の型を思い浮かべる方がほとんどだと思います。

ただ、シフォンケーキは専用の型がなくても作れてしまうんです!

 

あの特徴的な型は、シフォンケーキを焼き上げた後に中心の円の部分を支えにして、裏返して冷ますことができるようにという理由からきているんだそう。

そうすることで、ケーキが重力に負けてしぼんでしまうことなく、ふわふわの状態が保てるのです。

つまり、ドーナツ型のケーキ型でなくても、裏返して冷ますことができるものであれば、パウンドケーキ型でもシフォンケーキは作ることができるということです。

 

というわけで、本記事ではパウンドケーキ型を使用した、とっても簡単なふんわりしっとりなシフォンケーキのレシピをご紹介いたします。

ぜひ、ご自宅で作る際の参考になさってくださいね。

 

材料

 

  • 水  ...  50ミリリットル
  • 薄力粉  ...  80グラム
  • 卵  ...  3個
  • サラダ油  ...  50ミリリットル
  • 砂糖  ...  80グラム
  • ベーキングパウダー  ...  5グラム

 

※砂糖はそれぞれ、卵黄に入れる分が40グラム、卵白に入れる分が40グラムです。お好みで量を調節してください。

 

作り方

 

(1) オーブンを165度に予熱しておく

 

まずは、オーブンを165度に予熱しておきましょう。

 

(2) パウンドケーキ型にクッキングシートを敷く

 

cake

 

パウンドケーキ型にクッキングシートを敷いておきましょう。

なくても構いませんが、敷いておくと後ほど取り出すのがラクになります!

 

(3) 卵を卵黄と卵白に分ける

 

cake

 

卵を卵黄と卵白に分け、それぞれ違うボウルに入れます。

卵黄の油分が卵白に混じりこむとメレンゲを作ることができなくなってしまうので、気をつけながら分けてください。

もし卵黄と卵白が混ざってしまった場合は、新しい卵を使用してやり直してください。

 

(4) 卵黄に水、砂糖、サラダ油を混ぜ合わせる

 

cake

 

卵黄に、水とサラダ油、そして砂糖40グラムを加えて混ぜていきます。

残った40グラムの砂糖は卵白に入れて、メレンゲを作る際に使用します。

 

(5) 薄力粉とベーキングパウダーを  (4)  に混ぜる

 

cake

 

薄力粉とベーキングパウダーを何回かに分けて、少しずつ加えていきます。

ダマができないように、全体的に丁寧に混ぜていきましょう。

 

cake

 

下の写真のようにトロッとした感じになればオッケーです!

 

cake

 

(6) 卵白に砂糖を混ぜ、メレンゲを作る

 

cake

 

卵白と残りの砂糖を使用してメレンゲを作っていきます。

まずは砂糖を入れずに、卵白のみで混ぜてください。

 

ある程度混ざったら、砂糖を少しずつ加えていき、ツノが立つまで混ぜていきましょう。

もし全体的に真っ白でふわふわとした感じになったら、ツノが立つかチェックしてください。

 

cake

 

(7) メレンゲを  (5)  に混ぜる

 

cake

 

先ほど作った生地に、メレンゲを少しずつ入れて混ぜていきます。

メレンゲの泡を潰さないように、さっくりと優しく軽い感じで混ぜていくのがポイントです。

混ぜ終わると、下の写真のようになります。

 

cake

 

(8) パウンドケーキの型に  (7)  を入れる

 

cake

 

先ほどクッキングシートを敷いておいたパウンドケーキ型に、シフォンケーキの生地を流し込んでいきます。

全て生地を流し込み終わったら、型をふるわせながら余分な気泡を取り除きましょう。

 

(8) 165度のオーブンで35分間焼き上げる

 

165度に予熱しておいたオーブンでシフォンケーキを焼いていきます。

つまようじなどを刺し、生地がまだついてくるようであれば、さらに追加で5分ほど焼いてください。

 

(9) パウンドケーキ型を裏返して冷ます

 

cake

 

シフォンケーキが焼きあがったら、パウンドケーキ型を裏返します。

型の両端の持ち手の部分を、同じ高さのコップや容器など、同じ高さの土台2つに載せて冷ましていきます。

 

そうすることで、シフォンケーキが重力でしぼんでしまうのを防ぎながら冷ますことができます。

今回は、高さ5センチほどの容器2つを使用しました。

 

cake

 

ケーキが十分に冷めたら、型から外しましょう。

お好みの厚さにスライスしたら出来上がりです!

甘〜い香りがただよう、しっとりふわふわなシフォンケーキが焼けました。

 

cake

 

みかん・オレンジのシフォンケーキの作り方

 

mikan

 

レシピの材料に入っている水の代わりに、みかんやオレンジの果汁を使用すると、爽やかな柑橘系の香りがただようシフォンケーキを作ることができます。

 

今回は、上のレシピ同様にパウンドケーキ型を使用して、みかんのしぼり果汁を使用したシフォンケーキを作ってみました。

みかんの甘酸っぱい香りとさっぱりした甘さがそろった、美味しいシフォンケーキができましたよ。

柑橘系が好きな方や、おうちにみかんがあるという方は、ぜひ試してみてくださいね!

 

mikan

 

 

以上、しっとりふわふわなシフォンケーキの作り方をご紹介いたしました。

シフォンケーキ専用の型がなくても、シフォンケーキは簡単に作れます!

ぜひ休日や時間があるときに作ってみてくださいね。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(362)
北海道・東北(12)
  北海道(6)
  岩手(1)
  宮城(3)
  秋田(1)
  福島(1)
関東(284)
  埼玉(5)
  千葉(6)
  東京(243)
  神奈川(21)
  茨城(4)
  栃木(4)
  群馬(1)
甲信越・北陸・東海(12)
  新潟(1)
  石川(2)
  静岡(1)
  愛知(8)
近畿(41)
  京都(7)
  大阪(21)
  兵庫(9)
  奈良(3)
  和歌山(1)
中国・四国(7)
  岡山(4)
  広島(3)
九州・沖縄(6)
  福岡(6)

国外エリア一覧

ミクロネシア・ハワイ・グアム(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ、昼食(343)
ディナー、夕食、夜ご飯(323)
レストラン(237)
居酒屋、個室居酒屋、飲み会(111)
カフェ、喫茶店(191)
スイーツ(111)
ラーメン、つけ麺、油そば(81)
ファーストフード(149)
食べ放題、バイキング、ブッフェ(67)
ぼっち飯、ソロ飯(252)
ファミリー(305)
デート(332)
女子会(279)
記念日、誕生日(158)
夜景・絶景(51)
ヘルシー、オーガニック(94)
安い、格安、リーズナブル(294)
接待、会食、ビジネス(115)

レシピ・作り方・調理法

和食(6)
洋食(7)
洋菓子(8)
お手軽レシピ(16)
ダイエットレシピ(2)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(6)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産・名産品(14)
百貨店・名店(13)
通販(12)
お酒、アルコール(2)
料理雑貨(3)
歴史、豆知識(12)
種類まとめ(6)
プレゼント、ギフト(9)

人気記事ランキング