logo

【知っ得】サブウェイの裏技7つ!おすすめメニューやクーポンも紹介




安くて手軽な食べ物として、現代人にとってなくてはならない存在であるファーストフード。
マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー、ケンタッキーなどが挙げられますが、ファーストフード店の中でも健康志向の方や女性に人気なのが、野菜たっぷりのヘルシーなメニューを提供する『サブウェイ』です。

そんなサブウェイには、オーダー方法の裏技や裏メニューがあることをご存知でしょうか。

今回は、サブウェイの裏技に加え、注文方法や店舗、おすすめメニュー、サブウェイで使えるクーポンなどについて解説します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【知っ得】サブウェイの裏技7つ!おすすめメニューやクーポンも紹介

 

サブウェイとは

サブウェイでの注文方法・購入手順

サブウェイの店舗

サブウェイのおすすめ人気メニュー

【サンドイッチ】えびアボカド

【サンドイッチ】生ハム&マスカルポーネ

【サンドイッチ】ローストビーフ~プレミアム製法~

【サンドイッチ】ツナ

【コロコロポテト】トリプルチーズ

【スープ】コーンクリームチャウダー

【サラダ】ベジーデライト

サブウェイの裏技・裏メニュー

サンドイッチのパン抜き

サンドイッチの野菜抜き

BLTピザ風サンド(BLTバジル)

ステーキサンド(ミート乗っけ焼き)

ソース・ドレッシングをMIXまたはハーフ&ハーフ

コロコロポテトのフレーバーをMIX

ジャイアントサブ

【2020年7月時点】サブウェイで使えるクーポン・割引・優待・キャンペーン

サブウェイ携帯メール会員クーポン

サブクラブカードへのチャージ

ドリンク回数券

SNS発信の期間限定クーポン

ドコモ・au・Yahoo!などのサービス会員限定クーポン

店頭配布の割引クーポン

初回限定Uber Eats1,000円割引クーポン

 

 

サブウェイとは

 

サブウェイのサンドイッチとドリンクの写真


サブウェイとは、1965年にアメリカで生まれたファーストフードチェーン店です。

医師を目指すフレッド・デルーカさんが、友人のピーター・バックさんの力を借りて、17才の頃に学費を稼ぐために始めたサブマリンサンドイッチ屋『Pete’s Super Submarines』からサブウェイの歴史はスタートしました。

 

日本では、1992年に1号店が誕生しました。

「野菜のサブウェイ」「毎日に野菜をはさもう」がキャッチフレーズで、野菜を中心とした軽食を手軽に・安く提供している点が特徴のファーストフード店です。

 

サブウェイでの注文方法・購入手順

 

 

サブウェイは、その注文方法も特徴的です。

名前に込められた意味の通り、パンの種類やトッピング、ドレッシング・ソースを選ぶことができ、注文に応じたカスタムサンドイッチをその場で作ってもらえます。

 

メニューから好きなサンドイッチを選ぶ

 

まずは、えびアボガドサンドイッチ、ローストビーフサンドイッチ、生ハム&マスカルポーネサンドイッチ、BLTサンドイッチなどサンドイッチメニュー(※)の中からベースを選びます。

※おすすめメニューは後述します。

 

サンドイッチのサイズは約15cmのレギュラーサイズと、約30cmのフットロングサイズから選べます。

 

パンを選ぶ

 

具材を挟むパンを選びます。

プレーンタイプの「ホワイト」、ホワイトに香ばしいゴマをトッピングした「セサミ」、小麦風味でもちもち&しっとりの平たい「フラットブレット」、小麦胚芽を混ぜ合わせた「ウィート」、ウィートに燕麦・はちみつ・大豆製品がトッピングされたほんのり甘い「ハニーオーツ」の5種があります。

 

ちなみに、フラットブレッドを除くパンはお店の中で焼き上げられています。

焼くか焼かないかを選択することも可能です。

 

有料のトッピングを追加する

 

たまご、ベーコン、ツナ、えび、アボカド、ナチュラルスライスチーズ、クリームタイプチーズ、マスカルポーネチーズからトッピングを選択します。

 

野菜を選ぶ

 

トマト、レタス、オニオン、ピーマンの他、アクセント野菜としてピクルス、オリーブ、ホットペッパーを選ぶことができます。

追加料金なしで野菜の増減ができるので、好みの野菜を多めにしたり、苦手な野菜を外したりすることも可能です。

 

ソース・ドレッシングを選ぶ

 

王道のオイル&ビネガー(塩こしょう)、シーザードレッシング、野菜クリーミードレッシング、マヨネーズ、個性的なバジルソース、バルサミコソース、ピリ辛のハニーマスタードソース、わさび醤油ソース、チリソースの中からソース・ドレッシングを選びます。

 

完成

 

カスタムサンドイッチの出来上がりです。

ドリンクやサラダ、サイドメニューのポテトやスープをコンボで注文することもできます。

 

サブウェイの店舗

 

 

サブウェイは全世界に4万店以上の店舗を展開しています。

なんとマクドナルドよりも店舗数が多く、飲食店チェーンとしては世界最大です。

 

2020年7月時点で、国内店舗数は179店、全国36都道府県に展開されています。

 

  • 北海道・東北:北海道、青森県、岩手県、宮城県、山形県、福島県
  • 信越・北陸:富山県、石川県、山梨県、長野県
  • 関東:東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、埼玉県、茨城県
  • 東海:三重県、岐阜県、愛知県、静岡県
  • 近畿:大阪府、奈良県、滋賀県、兵庫県、和歌山県
  • 中国:岡山県、広島県、山口県
  • 四国:愛媛県、高知県
  • 九州・沖縄:福岡県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 

サブウェイのおすすめ人気メニュー

 

サブウェイには、サンドイッチやサラダ、サイドメニュー、ドリンクのグランドメニューに加え、モーニングやホットドッグ、スナックサンド、キッズセット、プレミアムドリンクやスムージーの店舗限定メニューが存在します。

 

ここでは、グランドメニューの中から特に人気のおすすめメニューを紹介します。

お値段とカロリーも記載しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

 

【サンドイッチ】えびアボカド

 

 

ぷりぷり食感のえびとクリーミーなアボカドという最強タッグの定番大人気メニュー。

サブウェイ公式ホームページによると、えびアボカドサンドイッチには野菜クリーミードレッシングがぴったりだそうです。

 

そのままでも美味しいですが、野菜たっぷりにしても味負けせず、マスカルポーネチーズやたまごをトッピングしても美味しく召し上がることができますよ。

 

えびアボカドの商品情報

 

レギュラー:

517円(税込) 
346kcal

フットロング:

880円(税込)
692kcal

※価格はいずれもイートインの場合

 

【サンドイッチ】生ハム&マスカルポーネ

 

 

山桜のチップでスモークされた薫り豊かで程よい塩辛さの生ハムと、なめらかなコクと甘みのあるマスカルポーネのバランスが抜群のサンドイッチは、人気商品のひとつです。

サブウェイ公式おすすめドレッシングのバジルソースをかけて、サッパリと召し上がることができます。

 

生ハム&マスカルポーネの商品情報

 

レギュラー:

528円(税込)
326kcal

フットロング:

902円(税抜)
653kcal

※価格はいずれもイートインの場合

 

【サンドイッチ】ローストビーフ~プレミアム製法~

 

 

しっとりとジューシーで食べ応えのあるローストビーフが5枚もトッピングされた贅沢なサンドイッチです。

ボリューミーなのに食べやすいことから、お肉好きさんからの支持を得ています。

 

プレミアム製法とは、3段階の異なる温度による調理で、肉の旨味を閉じ込めることができる製法。

サブウェイ公式おすすめドレッシングのわさび醤油ソースは、ローストビーフにぴったりです!

 

ローストビーフ~プレミアム製法~の商品情報

 

レギュラー:

605円(税込)
309kcal

フットロング:

1,034円(税込)
618kcal

※価格はいずれもイートインの場合

 

【サンドイッチ】ツナ

 

 

サブウェイの隠れ人気メニュー、ツナはご存知でしょうか。

食べやすいマイルドなツナと、シャキッとしたオニオンがアクセントのヘルシーでさっぱりとしたサンドイッチです。

どんなトッピングとも相性がいいシンプルなメニューなので、カスタマイズが楽しめます。

 

えびやアボガドをトッピングして、ボリューミーにいただくのもあり。

ちなみに、サブウェイ公式おすすめドレッシングはこしょうです。

 

ツナの商品情報

 

レギュラー:

429円(税込)
345kcal

フットロング:

737円(税込)
690kcal

※価格はいずれもイートインの場合

 

【コロコロポテト】トリプルチーズ

 

サブウェイのトリプルチーズポテト

 

サイドメニューのコロコロポテト4種類のうち、1番人気がこのトリプルチーズ味。

ほんのり甘い濃厚な仕上がりで、特にチーズ好きさんから絶大な人気を誇っています。

 

チーズの香りとほくほくとしたポテトが相性抜群で、コロコロポテトを口に運ぶ手が止まりません。

 

トリプルチーズの商品情報

 

Sサイズ:

209円(税込)
164kcal

Mサイズ:

297円(税込)
293kcal

※価格はいずれもイートインの場合

 

【スープ】コーンクリームチャウダー

 

 

サイドメニューのコーンクリームチャウダースープは、甘みのあるコーンにブイヨンが合わさった、クリーミーでまろやかなとろりとしたクリームスープです。

大きめのたまねぎ、にんじん、ベーコンがゴロゴロ入っており、優しく煮込まれたじゃがいもが旨味たっぷりでホッとします。

 

サンドイッチを食べてお口の中がパサついてしまったあとに召し上がると、さらにサブウェイメニューを美味しく堪能することができますよ。

 

コーンクリームチャウダーの商品情報

 

価格:374円(税込) ※価格はイートインの場合

カロリー:115kcal

 

【サラダ】ベジーデライト

 

 

サブウェイのサイドメニューには14種類のサラダがあり、その中でも特に野菜だけをたっぷり食べたい方におすすめなのがベジーデライトです。

ベジーデライトはトマトやレタスなどの野菜だけが入ったサラダで、ツナやベーコンなどのトッピングは乗っていないシンプルなメニューなので、トッピングやドレッシングのアレンジを楽しむことをおすすめします。

 

ピクルスやオリーブといったアクセント野菜がぴったりです。

 

ベジーデライトの商品情報

 

価格:649円(税込)※価格はイートインの場合

カロリー:33kcal

 

 


サブウェイの裏技・裏メニュー

 

サブウェイのオーダー術として、サンドイッチの各野菜の量をお好みで無料増減できることや、ソース・ドレッシングを増量 or 減量できることをご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

実はサブウェイには、ほかにもいろいろなオーダーの裏技があるんです。

ここでは、サブウェイの裏技・裏メニューを紹介します。

 

サンドイッチのパン抜き

 

 

サブウェイのサンドイッチはすべてパンを抜くことができ、パン抜きグルテンフリーサンドイッチを食べることができます。

ダイエット中の方や炭水化物を控えている方におすすめです。

 

パンの部分が抜かれているサンドイッチ=サラダなのですが、通常のサンドイッチと比べるとレタスの量が約4倍になっています。

また、期間限定メニューのサンドイッチの場合、サラダメニューに同等のものがないことがあるので、このオーダー方法で中の具材を楽しむことができますよ。

 

野菜好きさんは、裏技の『野菜増量(1.5倍〜2倍)』やパンに入り切る限界まで野菜を詰め込んでくれる『野菜上限(店舗によって差がある)』を合わせてオーダーすることで、大盛りサラダが出来上がります!

サンドイッチのパン抜き(サラダ)は、プラスチックの容器で提供してもらえます。

 

サンドイッチの野菜抜き

 

サンドイッチの野菜は増量 or 減量を自由にオーダーできますが、実は野菜を完全に抜くこともできます。

この裏技を使ったオーダーの中でも地味に人気な裏メニューが、BLTサンドイッチの野菜抜きです。

 

 

BLTサンドイッチとは、B=ベーコン、L=レタス、T=トマトが組み合わさったサンドイッチで、旨味たっぷりのベーコンとフレッシュなレタス&トマトが絶妙な定番人気メニュー。

BLTサンドイッチから水分の多い野菜を抜いてBサンドイッチとしてオーダーすることで、ベーコンやソース・ドレッシングの味を薄めずに味わうことができます。

 

野菜抜きと聞くと「なんだか物足りないのでは?」と感じてしまいそうですが、サブウェイ通からはジワジワと人気があるメニューなんです。

なお、おすすめドレッシングはシーザーソースです。

 

他にも、ベジーデライトサンドイッチの野菜抜きもオーダーできます。

 

 

ベジーデライトサンドイッチとは、野菜だけをシンプルに挟んだサンドイッチのことです。

BLTサンドイッチ以上にシンプルになってしまう…というかパンだけになってしまうのですが、「サブウェイのパンが味わいたい!」という方がこっそり注文しているのだそう。

 

パンのみのメニューがないため、パンを注文したい方は1番安いサンドイッチであるベジーデライトの野菜全部抜きをオーダーするそうです。

 

BLTピザ風サンド(BLTバジル)

 

 

ピザ風BLTサンドイッチ(BLTバジル)は、テレビでも紹介されたサブウェイの裏技メニューです。

 

まず、BLTサンドイッチを注文し、パンは『フラットブレッド』を選択してください。

次に、トッピングはスライスチーズをダブルで、野菜はレタス抜きでオーダーし、お肉とチーズと野菜を一緒にトーストしてもらいます。

最後に、ドレッシングはバジルソースをオーダーし、パルメザンチーズをかけてもらえばBLTピザ風サンドの完成です。

 

この裏技のポイントは、サンドイッチが完成した後にまとめてトーストしてもらうこと。

チーズや具材にも熱が入ることで、まるでピザのような熱々のサンドイッチが出来上がります。

 

お好みで、ホットペッパーやオリーブなどをアクセントとしてトッピングしても良いでしょう。

 

ステーキサンド(ミート乗っけ焼き)

 

 

まず、ローストビーフ〜プレミアム製法〜のサンドイッチをオーダーします。

次にパンを選び、パンをトーストするかどうかを店員さんに尋ねられたら、「お肉と一緒に長めに焼いてほしい」と伝えます。

 

通常パンだけをトーストしてもらうところを、BLTピザ風サンド同様に具材も一緒に焼いてもらうことで、お肉がより柔らかく、肉汁たっぷりのリッチなサンドイッチが完成します。

ローストビーフ〜プレミアム製法〜サンドイッチのほか、てり焼きチキンサンドイッチなどお肉が乗っているサンドイッチをこの方法でオーダーする裏技は、通称『ミート乗っけ焼き』と呼ばれています。

 

また、ローストビーフをさらにトッピング(5枚で340円)することも可能です。

 

 

サブウェイには野菜たっぷりのヘルシーなサンドイッチが多いですが、「今日はお肉をたっぷり食べたい!」というときにおすすめのオーダー方法です。

 

ソース・ドレッシングをMIXまたはハーフ&ハーフ

 

 

コロコロポテトのミックスのみならず、サンドイッチにかけるソース・ドレッシングのミックスも可能です。

9種類のソース・ドレッシングの中から好きな組み合わせをミックスでオーダーするもよし、ミックスせずにパンの左半分と右半分で別々のソース・ドレッシングをオーダーし、1つのサンドイッチで2つの味を楽しむの(ハーフ&ハーフ)もよし。

ハーフ&ハーフをオーダーした場合、2分割にカットしてもらうことで、しっかりソース・ドレッシングを分けて味わうことができますよ。

 

ちなみに、特におすすめのミックスドレッシングは『バジルソース×マヨネーズ』、『わさび醤油ドレッシング×マヨネーズ』です!

「いつものドレッシングに飽きてきた……」という方はぜひ試してみてください。

 

コロコロポテトのフレーバーをMIX

 

 

サブウェイのサイドメニューであるコロコロポテトにはオリジナルだけでなく、トリプルチーズ、レッドBBQ、ハーブソルトの3つのフレーバーが存在します。

これらのフレーバーは1種類のみのオーダーだけでなく、好みに応じて2種類あるいは3種類全てをミックスしてもらうことも可能です。

 

さらに、「チーズ強めで」といった風に好みのフレーバーの割合を増やしてもらうこともできるので、自分好みのコロコロポテトを見つけてみてくださいね。

 

ジャイアントサブ

 

 

サブウェイでオーダーできる裏メニュー『ジャイアントサブ』は、レギュラーサイズの8倍の大きさのサンドイッチ。

サンドイッチの全メニューの中から4種類まで選んで組み合わせることができます。

 

もちろん、パンの種類やソース・ドレッシング、トッピングもカスタム可能。

パーティのときやサブウェイファンにぴったりの裏技メニューですね。

 

ただし、最低2〜4日前までに事前予約が必要で、限られたスタッフのみが作ることができるため、店舗によっては対応不可の場合もあります。

また、かなりのサイズ感なので、サブウェイの店員さんにカットしておいてもらうことをおすすめします。

 

 

 

【2020年7月時点】サブウェイで使えるクーポン・割引・優待・キャンペーン

 

 

最後に、もっとお得にサブウェイを利用できるクーポンや割引・優待のシステム、キャンペーンなどを紹介します。

 

サブウェイ携帯メール会員クーポン

 

サブウェイの公式ホームページ  よりメルマガ会員に登録すると、メールアドレスにウェルカムクーポンが届きます。

さらに、お得なクーポンが毎週届き、キャンペーン情報をいち早くキャッチすることができますよ。

 

お得なクーポンには、特盛・タンドリーチキンサンドイッチが540円→490円になるものや、各種フロートが280円→250円になるものなどがあり、毎週違ったクーポンが届きます。

 

また、サブクラブカード(サブウェイが発行しているプリペイド式の電子マネーカード)の番号を登録することで、ポイントが2倍になる特典も。

登録料と年会費は無料で、届いたクーポンを店頭で提示するだけでサブウェイをお得に楽しめます。

 

サブクラブカードへのチャージ

 

 

サブウェイ専用電子マネーカード『サブクラブカード』は、発行手数料や年会費が無料で、カード取り扱い全店でチャージおよび決済が可能なプリペイドカードです。

サブウェイの注文カウンターでカードを受け取って、チャージするだけで利用を開始でき、その後の支払いでは細かい金額のやり取りがなくなるためスマートに決済を行えます。

 

サブクラブカードにはあらかじめ1,000円単位でお金をチャージしておくことができ、その金額(1,000円〜20,000円)によって貯まるポイントボーナスが異なります。

 

  • 1000円=3%(30円分のポイント)
  • 3000円=4%(120円分のポイント)
  • 5000円=5%(250円分のポイント)

 

また、サブウェイでの決済時に利用金額の1%分のポイントボーナスが貯まります。

さらに、5がつく日(5日・15日・25日)はサブクラブカードでの決済100円につき5ポイントが貯まるポイント5倍デーも用意されています。

 

貯まったポイントボーナスは、10ポイント=10円分として決済に使用可能です。

 

ドリンク回数券

 

 

サブウェイのドリンク回数券とは、通常1杯220円のドリンクSサイズを、5杯800円で利用できるお得なチケットのことです。

ドリンクSサイズ1杯あたり160円に抑えることができます。

 

発行日より6ヶ月間、発行店舗でのみ有効で、ドリンクのサイズを変更する場合はMサイズ+50円、Lサイズ+100円が必要です。

※スープやフロート、スムージーなどの店舗限定または季節限定のドリンクメニューは対象外です。

 

また、奇数月(1月・3月・5月・7月・9月・11月)の20日~月末には、この回数券が1枚600円になるキャンペーンも実施されています。

 

SNS発信の期間限定クーポン

 

サブウェイは、 公式Twitter  や  公式Facebookページ  などのSNSを運用しています。

各SNSでは、サブウェイの楽しみ方や新商品、キャンペーンの発信に加え、お得なクーポン情報も発信されています。

 

 

 

有効期限が短いクーポンが多い傾向にあるので、SNSをフォローして最新の情報をゲットしてみてください。

 

ドコモ・au・Yahoo!などのサービス会員限定クーポン

 

ドコモが運営するサービス『dポイントクラブ』や、auユーザーが加入出来る定額制サービス『auスマートパス』、Yahoo!JAPANが提供している特典サービス『Yahoo!プレミアム』に加入している会員が受け取れるサブウェイのクーポンもあります。

 

これらのサービスを利用している場合、期間限定で割引クーポンが発行されることがあります。

会員になっている方のうち、サブウェイファンの方は要チェックです。

 

店頭配布の割引クーポン

 

 

サブウェイでは店頭にて、オーダー後のお客様に割引クーポンチラシを配布していることがあります。

期間限定商品やセットメニューに対する割引クーポンなどさまざまですが、店頭配布のクーポンには有効期限があるので、注意して確認するようにしましょう。

 

初回限定Uber Eats1,000円割引クーポン

 

スマホで注文した食事を自宅までデリバリーしてくれるサービス『 Uber Eats 』にて、初回注文する方限定で、,1000円割引クーポンが利用できます。

期間は2020年12月31日まで。

 

Uber Eatsの注文ページにて、プロモコード『interjpq2206jets』を入力することで割引が適用されます。

ただし、時期によって500円クーポンに変更される場合があるため、お早めにこのクーポンコードを利用することをおすすめします。

 

▼合わせて読みたい

・  【東京都内エリア別】Uber Eatsで出前・宅配・デリバリー可能なおすすめレストラン&カフェ38選!お得なプロモーションコードも掲載

・  人気ファミレスのクーポンが取り放題!?ガストやジョナサンでお得にお食事ができる方法

 

 

カスタマイズの自由度の高さが魅力で、フレッシュでヘルシーな野菜たっぷりのサンドイッチを楽しめるファーストフード店、サブウェイ。

サンドイッチを注文する際はパンや具材、トッピング、ソース・ドレッシングの種類を選ぶことができ、あなただけのお気に入りのサンドイッチを作れます。

 

オーダーに困った時は店員さんに尋ねてもOKですし、「おまかせで!」と伝えてもOK。

ぜひ自分だけのとっておきメニューをサブウェイで楽しんでみてください。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(933)
北海道・東北(28)
  北海道(12)
  岩手(5)
  宮城(7)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(687)
  埼玉(14)
  千葉(17)
  東京(579)
  神奈川(62)
  茨城(4)
  栃木(6)
  群馬(3)
  山梨(2)
甲信越・北陸・東海(34)
  長野(2)
  新潟(2)
  富山(1)
  石川(3)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(3)
  愛知(19)
近畿(122)
  滋賀(3)
  京都(22)
  大阪(68)
  兵庫(23)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(16)
  岡山(4)
  広島(7)
  徳島(2)
  香川(1)
  愛媛(1)
  高知(1)
九州・沖縄(28)
  福岡(20)
  佐賀(1)
  長崎(2)
  熊本(3)
  宮崎(1)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(2)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(823)
ディナー/夕食/夜ご飯(754)
レストラン(511)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(249)
カフェ/喫茶店(407)
スイーツ(200)
ファーストフード(288)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(96)
ぼっち飯/ソロ飯(687)
ファミリー(729)
デート(750)
女子会(637)
記念日/誕生日(243)
夜景/絶景(74)
ヘルシー/オーガニック(119)
安い/格安/リーズナブル(711)
接待/会食/ビジネス(234)
行列の出来る人気店(47)
ホテルレストラン(12)
ミシュラン/ビブグルマン(6)
合コン/コンパ(12)
モーニング/朝食/朝ごはん(12)
テイクアウト/宅配/デリバリー(80)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(21)
お手軽レシピ(30)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(16)
世界の料理/食事(18)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(48)
百貨店/名店(33)
通販(24)
お酒/アルコール(4)
料理雑貨(5)
歴史/豆知識(34)
種類まとめ(15)
プレゼント/ギフト(25)

料理ジャンル

和食(68)
洋食(44)
中華/餃子/小籠包(19)
イタリアン(24)
フレンチ(7)
エスニック(19)
焼肉/肉料理(33)
海鮮/寿司(18)
ラーメン/つけ麺/油そば(135)

人気記事ランキング