logo

夏にぴったり!冷製パスタのおすすめレシピまとめ




夏になると、汗をかきながら熱々の料理を食べることに抵抗を感じることも…
食欲も落ちてしまいがちなので、暑い季節でも食べやすい、冷たいものを摂りたくなりますよね。

そこでおすすめしたいのが、冷製パスタです。
食欲がなくても、冷たいパスタならつるんとのどを通るでしょう。
さまざまな具材を加えて作るので、彩りよく仕上がり、栄養もしっかり補えます。

今回は、冷製パスタのおすすめレシピをご紹介します。
ほとんど火を使わない簡単なものばかりなので、ぜひお家で気軽に作ってみてください。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】夏にぴったり!冷製パスタのおすすめレシピまとめ

 

冷製パスタに使う麺は?

トマトとモッツァレラの冷製パスタ

材料

作り方

ツナとなすの和風冷製パスタ

材料

作り方

アボカドとスモークサーモンの冷製パスタ

材料

作り方

明太子クリームの冷製パスタ

材料

作り方

桃と生ハムの冷製パスタ

材料

作り方

 

 

冷製パスタに使う麺は?

 

冷製パスタは、普通の温かいパスタに使う麺を使用しても問題ありません。

しかし、よりおいしく食べるなら「 カッペリーニ  」がおすすめです。

 

 

カッペリーニは、直径1mmほどのロングパスタです。

この太さは、日本のそうめんと同程度。

カッペリーニ発祥の国、イタリアの「髪の毛」を意味する言葉が由来とされている、スパゲティのなかでも細いタイプの麺です。

 

カッペリーニはその細さのため、ゆで時間も2〜3分ほどと短くて済みますが、温かいままで食べようとするとちぎれやすいのが難点です。

そのため、カッペリーニをおいしく味わうなら、ゆでたあとで冷水にさらし、固く締めてから食べることをおすすめします。

 

カッペリーニ

 

写真は、上の麺が直径1.7mmの一般的なスパゲティ、下の麺がカッペリーニです。

ぱっと見ただけではわかりづらいかもしれませんが、調理して口に入れるとその違いは明らかです。

カッペリーニのほうが細くて口当たりがよく、つるりとのどを通ってくれます。

 

カッペリーニは、冷製パスタのあっさりとした味わいと相性がよいことも特徴です。

もしカッペリーニが手に入らない場合は、直径1.4mmほどの細めのスパゲティを使用してもかまいません。

 

冷製パスタを作るときは、カッペリーニなどの細めの麺を選びましょう。

 

 

トマトとモッツァレラの冷製パスタ

 

トマトの冷製パスタ_レシピ

 

トマト・モッツァレラ・バジルは、イタリア料理のカプレーゼでもおなじみの組み合わせ。

トマトの酸味やモッツァレラのうまみ、バジルの清涼感のある香りは、冷製パスタの具材にもぴったりです。

 

今回のレシピでは手軽に作れるように、ミニトマトやチューブタイプのすりおろしにんにくを使用しています。

具材をカットして調味料と合わせたら、ゆでたスパゲティと絡めるだけで、本格的な味わいの冷製パスタが完成します。

 

このレシピでは、冷製パスタの基本的な作り方や、おいしく作れるポイントを細かくお伝えしています。

まずこちらのレシピに挑戦して、冷製パスタのコツを覚えると良いでしょう。

 

この冷製パスタでさわやかな味わいを楽しみ、ほてった体を癒してください。

 

材料

 

【1人分】

  • スパゲティ(カッペリーニ または 太さ1.4mmのもの):80g
  • ミニトマト:8〜10個
  • モッツァレラ(チェリータイプ):40g
  • バジル:3枚(乾燥バジルでも可)
  • チューブにんにく:1cm(0.5g)
  • レモン汁:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/3
  • オリーブオイル(ソース用):大さじ2
  • オリーブオイル(仕上げ用):適量

 

作り方

 

1. ミニトマトは半分、大きいものは4等分に切る。

 

トマトの冷製パスタ_トマト

 

2. モッツァレラは半分に切る。

 

通常サイズのモッツァレラを使用する場合は、1でカットしたミニトマトと同じくらいの大きさに切ってください。

 

トマトの冷製パスタ_モッツァレラチーズ

 

3. ボウルにミニトマトを入れて塩を振り、ヘラなどで混ぜて全体になじませて5分ほど置く。

 

トマトの冷製パスタ_トマト

 

4. ミニトマトから水分が出てきたら、チューブにんにく・オリーブオイル(ソース用)・レモン汁を加える。汁気がにごって、とろみのあるソース状になるまでよく混ぜる。

 

トマトの冷製パスタ_トマト

 

5. モッツァレラと、手でちぎったバジルを加え、軽く混ぜ合わせる。冷蔵庫に入れて冷やしておく。

 

バジルはトッピング用に少し残しておいてください。

 

トマトの冷製パスタ_混ぜ合わせる

 

6. 大きめのボウルにたっぷりの氷と水(500ml、分量外)、塩(3g、分量外)を入れて溶かしておく。

 

ゆでたスパゲティを冷ますための氷水です。塩を入れておくと、スパゲティに付いたゆで汁の塩味が薄まりません。

 

トマトの冷製パスタ_レシピ

 

7. 鍋に水(1000ml、分量外)と塩(15g、分量外)を入れて沸かし、スパゲティを袋の表示時間+1分間ゆでる。

 

トマトの冷製パスタ_レシピ

 

8. スパゲティをざるに上げて湯を切ってから、氷水に入れて冷ます。

 

氷水でよく冷やして、スパゲティをしっかり締めましょう。

 

トマトの冷製パスタ_パスタ冷やす

 

9. スパゲティが冷めたらざるに上げて、しっかり水気を切る。

 

スパゲティを冷やした氷水はまだ使用するので、スパゲティはトングや手ですくい上げてざるに移してください。

 

スパゲティに水気がたくさん残っていると、料理の味がぼやけてしまいます。

ざるで水を切ってから、ペーパータオルで包むようにして水気を取るとなお良いでしょう。

 

トマトの冷製パスタ_レシピ

 

10. スパゲティを5のボウルに移し、ボウルごと9の氷水に当てて冷やしながらよく混ぜ合わせる。

 

トマトの冷製パスタ_レシピ

 

11. 器に盛りつけて、オリーブオイル(仕上げ用)をかける。バジルをトッピングする。

 

トマトの冷製パスタ_盛り付け

 

ミニトマトは塩を振って味を凝縮させているので、甘酸っぱさが引き立っています。

ほのかなにんにくの香りが食欲をかき立てて、食べる手が止まらなくなる冷製パスタです。

 

トマトの冷製パスタ_完成

 

 


ツナとなすの和風冷製パスタ

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

冷製パスタは、和風アレンジも楽しめます。

このレシピではしょうゆやポン酢を加えて、あっさりした味わいの冷製パスタに仕上げています。

 

ポン酢やオリーブオイルの風味が効いており、さわやかな印象です。

しかし、ツナ缶がたっぷり入っているので、食べごたえは十分あります。

 

なすは電子レンジを使って加熱するので、コンロの火を使うのはパスタをゆでるときだけ。

火をあまり使いたくない夏場でも、楽に作れるレシピです。

 

なすのジューシーさやツナのうまみを感じながら、おいしく食べてくださいね。

 

材料

 

【1人分】

  • スパゲティ(カッペリーニ または 太さ1.4mmのもの):80g
  • ツナ缶(油漬け):1缶(70g)
  • なす:1個
  • 青じそ:1枚
  • しょうゆ:小さじ1
  • ポン酢しょうゆ:大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ1/2

 

作り方

 

1. なすはへたを切り落とし、縦半分に切る。7mmほどの幅で斜めにスライスする。

 

なすの冷製パスタ_ナスを切る

 

2. 耐熱ボウルになすとオリーブオイルを入れて、なす全体にオイルをなじませるように混ぜる。ふんわりラップをかけて、なすに火が通るまで600wの電子レンジで3〜4分加熱する。

 

なすの冷製パスタ_ナス_レンチン

 

3. ボウルに2のなす・ツナ缶・しょうゆ・ポン酢しょうゆを入れる。汁気がにごり、とろみのあるソース状になるまでよく混ぜる。冷蔵庫に入れて冷やしておく。

 

ツナ缶は浸かっている油ごと加えてください。

やわらかくなったなすは崩れやすいので、ボウルを傾け、下にたまった汁気だけを混ぜるようにすると良いでしょう。

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

4. 大きめのボウルにたっぷりの氷と水(500ml、分量外)、塩(3g、分量外)を入れて溶かしておく。

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

5. 鍋に水(1000ml、分量外)と塩(15g、分量外)を入れて沸かし、スパゲティを袋の表示時間+1分間ゆでる。

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

6. スパゲティをざるに上げて湯を切ってから、氷水に入れて冷ます。

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

7. スパゲティが冷めたらざるに上げて、しっかり水気を切る。

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

8. スパゲティを3のボウルに移し、ボウルごと氷水に当てて冷やしながらよく混ぜ合わせる。

 

なすの冷製パスタ_レシピ

 

9. 器に盛りつけて、青じそをちぎってトッピングする。

 

なすの冷製パスタ_完成

 

ツナは缶詰の油ごと加えているので、味わいにうまみがあふれています。

青じその心地よい香りも、涼しさを演出してくれるでしょう。

 

なすの冷製パスタ_盛り付け

 

 

アボカドとスモークサーモンの冷製パスタ

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

クリーミーで濃厚なコクのあるアボカドと、脂がのったサーモンは、相性のよい組み合わせです。

アボカドの緑色とサーモンのオレンジ色が合わさると、見た目にも鮮やかですね。

 

ここからは、アボカドとスモークサーモンを使った冷製パスタのレシピを紹介します。

 

アボカドとサーモンはどちらも濃厚な味わいなので、冷製パスタにすると口当たりが重くなりがちです。

しかし、レモンの酸味、オリーブオイルのさわやかな香りとほのかな苦味が、パスタを軽やかに仕上げてくれます。

 

パスタのアクセントは、スモークサーモンの燻製香。

塩気もあるので、味と香りのメリハリがついて最後まで食べ飽きません。

 

おひとり様のランチに食べるのもよいのですが、ディナーの一皿として、白ワインやロゼワインを合わせて楽しむのもおすすめです。

お好みのシチュエーションで食べてみてくださいね。

 

材料

 

【1人分】

  • スパゲティ(カッペリーニ または 太さ1.4mmのもの):80g
  • アボカド:1/2個
  • スモークサーモン:30g
  • 粉チーズ:小さじ2
  • チューブにんにく:1cm(0.5g)
  • レモン汁:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/3
  • 粗びき黒こしょう:適量
  • オリーブオイル(ソース用):大さじ1/2
  • オリーブオイル(仕上げ用):適量

 

作り方

 

1. アボカドは皮と種を取り除き、1cm角に切る。

 

アボカドの冷製パスタ_アボカドを切る

 

2. スモークサーモンは一口大に切る。

 

アボカドの冷製パスタ_サーモン切る

 

3. ボウルにアボカド・粉チーズ・チューブにんにく・レモン汁・塩・オリーブオイル(ソース用)を入れて、フォークなどでアボカドをつぶしながら混ぜ合わせる。冷蔵庫に入れて冷やしておく。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

4. 大きめのボウルにたっぷりの氷と水(500ml、分量外)、塩(3g、分量外)を入れて溶かしておく。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

5. 鍋に水(1000ml、分量外)と塩(15g、分量外)を入れて沸かし、スパゲティを袋の表示時間+1分間ゆでる。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

6. スパゲティをざるに上げて湯を切ってから、氷水に入れて冷ます。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

7. スパゲティが冷めたらざるに上げて、しっかり水気を切る。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

8. スパゲティを3のボウルに移し、ボウルごと氷水に当てて冷やしながらよく混ぜ合わせる。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

9. スモークサーモンを加えて、軽く混ぜ合わせる。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

10. 器に盛りつけて、オリーブオイル(仕上げ用)をかける。粗びき黒こしょうを振る。

 

アボカドの冷製パスタ_レシピ

 

アボカドはつぶしてソースにしているので、スパゲティによくなじみます。

どこを口にしてもアボカドのコクのある味わいが感じられますが、レモンが効いているのでさっぱりと食べられます。

 

スモークサーモンのとろけるような食感も楽しんでくださいね。

 

アボカドの冷製パスタ_完成

 

 


明太子クリームの冷製パスタ

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

温かいパスタでも人気のメニュー、明太子クリームを冷製パスタで再現しました。

クリームパスタはこってりしていて、夏には向かないように思うかもしれません。

 

しかし、この明太子クリームの冷製パスタは、暑い時期にぴったりな、さっぱりとした食べ心地です。

 

軽い味わいの秘密は、牛乳とオリーブオイル。

温かいクリームパスタでは、生クリームやバターを使用して濃厚に仕上げるのが一般的です。

 

今回ご紹介するレシピでは、これらの食材の代わりに牛乳とオリーブオイルを使い、軽やかな口当たりに仕上げています。

 

明太子の強いうまみと辛味が、クリームソースでほどよくまろやかになり、食べやすい味わいです。

夏に最適な冷たいクリームパスタを、ぜひ一度お試しください。

 

材料

 

【1人分】

  • スパゲティ(カッペリーニ または 太さ1.4mmのもの):80g
  • 明太子:30g
  • 青じそ:1枚
  • 牛乳:大さじ1
  • マヨネーズ:大さじ1
  • めんつゆ:小さじ1
  • オリーブオイル:大さじ1/2
  • 刻みのり:適量

 

作り方

 

1. 青じそは千切りにする。

 

明太子の冷製パスタ_青じそを切る

 

2. スプーンなどで中身をこそげ取るようにして、明太子の薄皮を取り除く。

 

明太子は、トッピング用に少し取り分けておいてください。

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

3. ボウルに明太子・牛乳・マヨネーズ・めんつゆ・オリーブオイルを入れて、よく混ぜ合わせる。冷蔵庫に入れて冷やしておく。

 

めんつゆは濃縮倍率によって味の濃さが異なるので、量を調整してください。

 

明太子の冷製パスタ_ソースを作る

 

4. 大きめのボウルにたっぷりの氷と水(500ml、分量外)、塩(3g、分量外)を入れて溶かしておく。

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

5. 鍋に水(1000ml、分量外)と塩(15g、分量外)を入れて沸かし、スパゲティを袋の表示時間+1分間ゆでる。

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

6. スパゲティをざるに上げて湯を切ってから、氷水に入れて冷ます。

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

7. スパゲティが冷めたらざるに上げて、しっかり水気を切る。

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

8. スパゲティを3のボウルに移し、ボウルごと氷水に当てて冷やしながらよく混ぜ合わせる。

 

明太子の冷製パスタ_レシピ

 

9. 器に盛りつけて、刻みのり・青じそ・明太子をトッピングする。

 

明太子の冷製パスタ_完成

 

クリームソースで少しマイルドになっていますが、明太子の風味はしっかりと感じられます。

ほどよいコクを楽しみながら、軽快に食べられる夏のクリームパスタです。

 

明太子の冷製パスタ_完成

 

 

桃と生ハムの冷製パスタ

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

ここから紹介する冷製パスタの主役は、豊潤な甘みとあふれる果汁が特徴のフルーツ「桃」です。

桃の旬である7〜8月は夏の盛りで、冷製パスタをおいしく食べられる時期でもあります。

 

フルーツとパスタはあまり見られない組み合わせかもしれませんが、桃の冷製パスタはいちおしの一皿です。

桃の味わいに、にんにくやバジル、ビネガーの風味が調和して、意外なおいしさが楽しめます。

 

生ハムなどを加えて、塩気をプラスするのもポイントです。

甘みが際立つことで、桃の魅力がより引き出されます。

 

桃が出回る時期にしか味わえない、季節限定のちょっと贅沢な冷製パスタです。

ひとりで楽しむお家ランチはもちろん、おもてなしの一皿にもおすすめします。

 

材料

 

【1人分】

  • スパゲティ(カッペリーニ または 太さ1.4mmのもの):80g
  • 桃:1/2個
  • 生ハム:2枚
  • バジル:1〜2枚
  • にんにく:1/3片
  • 白ワインビネガー:小さじ1
  • 塩(桃用):少々
  • 塩(ソース用):小さじ1/3
  • オリーブオイル(ソース用):大さじ1
  • オリーブオイル(仕上げ用):適量

 

作り方

 

1. 桃はくし型にカットし、皮をむく。

 

桃の冷製パスタ_桃を切る

 

2. 塩(桃用)をふり、10分ほど置く。

 

桃の余分な水分を出して、味を凝縮させます。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

3. にんにくはみじん切りにする。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

4. 生ハムは食べやすい大きさに手でちぎる。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

5. ボウルに桃・にんにく・白ワインビネガー・塩(ソース用)・オリーブオイルを入れる。汁気がにごり、とろみのあるソース状になるまでよく混ぜる。

 

ボウルを傾け、下にたまった汁気だけを混ぜるようにすると、桃を傷つけません。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

6. バジルをちぎって加え、軽く混ぜ合わせる。冷蔵庫に入れて冷やしておく。

 

バジルはトッピング用に少し残しておいてください。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

7. 大きめのボウルにたっぷりの氷と水(500ml、分量外)、塩(3g、分量外)を入れて溶かしておく。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

8. 鍋に水(1000ml、分量外)と塩(15g、分量外)を入れて沸かし、スパゲティを袋の表示時間+1分間ゆでる。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

9. スパゲティをざるに上げて湯を切ってから、氷水に入れて冷ます。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

10. スパゲティが冷めたらざるに上げて、しっかり水気を切る。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

11. スパゲティを6のボウルに移し、ボウルごと氷水に当てて冷やしながら、やさしく混ぜ合わせる。

 

桃の冷製パスタ_レシピ

 

12. 器に盛りつけて、生ハムを添える。オリーブオイル(仕上げ用)をかけて、バジルをトッピングする。

 

桃の冷製パスタ_盛り付け

 

桃の甘みは濃厚ですが、ビネガーの酸味やにんにくの風味で味が締まるため、決して甘ったるくはなりません。

バジルの香りがさわやかに漂う、夏にぴったりの一品です。

 

桃の冷製パスタ_完成

 

 

以上、冷製パスタのおすすめレシピをご紹介しました。

食欲が落ちていても食べやすく、さまざまにアレンジできる冷製パスタは、夏だからこそ楽しめる料理です。

 

ぜひ本記事のレシピを参考にして冷製パスタを作り、涼を感じるおいしいひとときを過ごしてください。

 

※パスタの関連記事: パスタの種類と歴史!これであなたもパスタ博士♪


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(1419)
北海道・東北(79)
  北海道(33)
  青森(6)
  岩手(9)
  宮城(12)
  秋田(7)
  山形(4)
  福島(8)
関東(894)
  埼玉(23)
  千葉(32)
  東京(723)
  神奈川(88)
  茨城(5)
  栃木(12)
  群馬(6)
  山梨(5)
信越・北陸・東海(99)
  長野(8)
  新潟(8)
  富山(5)
  石川(11)
  福井(4)
  岐阜(6)
  静岡(17)
  愛知(33)
  三重(7)
近畿(203)
  滋賀(7)
  京都(46)
  大阪(100)
  兵庫(37)
  奈良(8)
  和歌山(5)
中国・四国(37)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(9)
  広島(11)
  山口(4)
  徳島(2)
  香川(2)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(70)
  福岡(31)
  佐賀(5)
  長崎(3)
  熊本(7)
  大分(6)
  宮崎(7)
  鹿児島(7)
  沖縄(4)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(4)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(4)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(3)
中南米(1)

haraheri_pr

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(1159)
ディナー/夕食/夜ご飯(1051)
レストラン(663)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(338)
カフェ/喫茶店(512)
スイーツ(289)
ファーストフード(317)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(106)
ぼっち飯/ソロ飯(963)
ファミリー(968)
デート(1029)
女子会(832)
記念日/誕生日(284)
夜景/絶景(94)
ヘルシー/オーガニック(130)
安い/格安/リーズナブル(1060)
接待/会食/ビジネス(294)
行列の出来る人気店(261)
ホテルレストラン(37)
ミシュラン/ビブグルマン(12)
合コン/コンパ(16)
モーニング/朝食/朝ごはん(46)
テイクアウト/宅配/デリバリー(129)
シーシャバー/カフェ(22)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(38)
お手軽レシピ(74)
ダイエットレシピ(5)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(38)
世界の料理/食事(40)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(111)
百貨店/名店(46)
通販(52)
お酒/アルコール(17)
料理雑貨(7)
歴史/豆知識(119)
種類まとめ(29)
プレゼント/ギフト(50)

料理ジャンル

和食(188)
洋食(92)
中華/餃子/小籠包(69)
イタリアン(82)
フレンチ(28)
エスニック(43)
焼肉/肉料理(96)
海鮮/寿司(89)
ラーメン/つけ麺/油そば(174)

SNS系

動画(TikTok/Youtube)で話題(7)
SNS(Instagram/Twitter)で話題(44)
バズりグルメ/映えグルメ(11)

人気記事ランキング