logo

岩手県の「一夜干しかれい」をお取り寄せして実食してみた!アレンジレシピも公開




地域特有の“ご当地グルメ”は、旅をする時の楽しみの1つでもありますよね。
「どんなグルメに出会えるかな?」と、胸を高鳴らせた経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、収束しない新型コロナウイルスによって、旅行の予定がなかなか立てられないという人も大勢います。

そこで本記事では、全国のご当地グルメを取り寄せ、家庭で気軽に楽しめる“グルメ旅”をご案内。
今回は東日本大震災被災地の応援の意味も込めて、岩手県で生産されている「一夜干しかれい」を取り上げ、実食した感想やアレンジレシピをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】岩手県の「一夜干しかれい」をお取り寄せして実食してみた!アレンジレシピも公開

 

かれいってどんな魚?

「一夜干しかれい」の商品紹介

解凍方法について

焼き方について

まずはそのまま実食!

アレンジするなら「干しかれい丼」がおすすめ!

「干しかれい丼」の材料

「干しかれい丼」の作り方

岩手のご当地グルメを家庭で味わおう!

 

かれいってどんな魚?

 

干しかれいの写真

 

今回お取り寄せしたのは、岩手県で生産されている「一夜干しかれい」です。

 

そもそもかれいは、粘液が多くて、ウロコが細かい魚として有名です。

そのため、多くの工場では人の手ではなく、機械を使用してヌメリやウロコの除去作業を実施しているそう。

 

しかし、今回お取り寄せした「一夜干しかれい」は、下処理から製造、包装まで、全て人の手で行われています。

 

また、かれいは家庭で手軽に調理できる白身魚の代表格でもあります。

クセがなく、ふんわりとした身は、和洋問わずどんな味付けにもしっくりくる万能食材です。

 

「一夜干しかれい」は名前の通り一度乾燥させているため、他のかれいよりも賞味期限が長めに設定されています。

一度にまとめて購入し、冷凍保存しておくこともできるでしょう。

 

※本記事で取り上げている「一夜干しかれい」は  こちら  から購入することができます。

 

干しかれいの写真

 

販売している「三陸宮古鰈屋〇栄(かれいやマルエイ)」は、東日本で唯一干しかれいを専門に扱っているお店です。

 

 

「一夜干しかれい」の商品紹介

 

干しかれいの写真

 

今回お取り寄せした「一夜干しかれい」は、身が分厚いものや幅が広いものなど、1つ1つ形が異なります。

大きさや形に合わせて、美味しい食べ方を見つけていきましょう。

 

解凍方法について

 

干しかれいの写真

 

お取り寄せしたかれいは、冷凍の状態で届きます。

そのため、調理する際はまず解凍する必要があります。

 

冷凍の状態でも調理は可能ですが、水分が飛びやすくなったり、皮がくっつきやすくなります。

美味しく調理するためにも、解凍のひと手間をかけてみてください。

 

冷蔵で解凍する場合は12時間ほど、常温解凍では30〜60分ほど、流水で解凍する場合は約10分ほどで調理がスタートできますよ。

ただ、解凍後は2〜3日以内に加熱調理を行うようにしましょう。

 

再度冷凍すると鮮度が落ちてしまうので注意してください。

 

焼き方について

 

干しかれいを焼いている写真

 

フライパンで焼く場合は、クッキングシートを敷けば中火〜やや強火で皮目を2〜4分ほど、身の部分を6分ほど焼きます。

クッキングシートを使用しない場合は油を敷き、片栗粉をまぶして焼きましょう。

 

クッキングシートの使用の有無に関わらず、身の面から焼き、最後の1〜2分を強火で焼くと香ばしく仕上がりますよ。

 

干しかれいを焼いた写真

 

グリルで焼く場合は片面焼きでは皮目を4分ほど、身の部分を6分ほど焼くのがおすすめ。

両面焼きでは弱火〜中火ほどで、7〜12分を目安に焼くと◎

 

また、グリルで焼く場合は、両面焼きでは皮目を上にして、片面焼きでは身の面から焼くと良いでしょう。

 

 


まずはそのまま実食!

 

干しかれいを焼いている写真

 

今回は、クッキングシートを敷いたフライパンでじっくり焼いてみました。

しっかりと解凍しておくことで、ドリップ液が出にくくなります。

時間がない時は流水解凍でも良いですが、できれば常温・冷蔵でじっくり解凍しておくと良いでしょう。

 

パッケージを開けて匂いを嗅いでみると、予想より特有の匂いがほとんど感じられません。

生臭さやクセのある匂いもしませんでした。

 

干しかれいのアップ写真

 

両面をしっかり焼いた後、白身をひと口食べてみると、口の中で身がほろっと崩れました。

クセのない白身魚なので、味わいは控えめです。

 

しかし、お醤油やぽん酢とよく合うため、おかずとしてはもちろんですが、お酒のあてにもぴったり。

「あと1品ほしいな」という時に、手早く解凍して使用できる万能おかずと言えます。

 

 

アレンジするなら「干しかれい丼」がおすすめ!

 

干しかれい丼の写真

 

白身魚のかれいは、クセが少なく、通年食べやすい魚です。

一方で、ムニエルや煮付けなど、アレンジ料理が定番化してしまいがち。

 

そこでここからは、家庭にある調味料と薬味で簡単にできる「干しかれい丼」をご紹介します。

 

「干しかれい丼」の材料

 

干しかれい丼の材料の写真

 

  • 干しかれい 2尾
  • 醤油 40ml
  • 料理酒 40ml
  • みりん 40ml
  • 砂糖 適量
  • ネギ 1/4本
  • 大葉 2枚
  • ミョウガ 1/3個
  • 生姜 輪切り2枚
  • 小ネギ 1/2本
  • ごはん 2膳
  • いりごま 小さじ2

 

「干しかれい丼」の作り方

 

まず下準備として、干しかれいを解凍しておいてください。

 

1. 醤油、料理酒、みりん、砂糖を混ぜ合わせ、加熱し、アルコールを飛ばす

 

調味料を混ぜ合わせている写真

 

電子レンジで加熱する場合はラップをせず、600wで2分ほど。

 

フライパンやコンロで加熱する場合は、蓋をせず、中火で沸騰するまで熱します。

沸騰したら火を止めて、放置しておきましょう。

 

タレを一度に2人前以上作る場合は、沸騰してからも数分間加熱します。

アルコールを十分に飛ばしておくことで、美味しいタレに仕上がりますよ。

 

2. 干しかれいを焼き、身をほぐす

 

干しかれいをほぐした写真

 

ここで小さくほぐしておくと、味が染みて食べやすくなります。

 

3. ほぐしたかれいをタレに漬ける

 

かれいをタレにつけている写真

 

タレと和えればすぐに出来上がりますが、味を染み込ませたい場合は冷蔵庫で保管しておいても◎

夕飯時の忙しい時間ではなく、お昼やスキマ時間に仕込んでおいても良いでしょう。

 

4. ネギ、大葉、ミョウガ、生姜、小ネギを細かく刻む

 

薬味を刻んだ写真

 

5. ご飯を持った丼ぶりにネギ、大葉、ミョウガを乗せ、タレで和えたかれい、生姜、小ネギの順に乗せる

 

干しかれい丼の写真

 

6. 最後に残ったタレをかけ、いりごまを振りかけたら完成

 

干しかれい丼の写真

 

あまじょっぱいタレが白身にしっかり染み込んでいるため、ご飯との相性が抜群!

薬味もたっぷり入っているので、食欲がない時のご飯としてもおすすめです。

 

また、かれいにタレを染み込ませる場合は、最後にお茶漬けとして食べても良いでしょう。

優しい味わいのお出汁と一緒に、岩手県のご当地グルメを食べ尽くしてみてください。

 

 


岩手のご当地グルメを家庭で味わおう!

 

干しかれいの写真

 

今回お取り寄せした干しかれいは、バター焼きやパイ包み、ソテーなど、様々な調理方法でいただくことができます。

 

ネットで簡単に注文することができ、家庭にいながら全国各地のご当地グルメが食べられる「お取り寄せグルメ」。

ぜひご家庭でもその味を楽しんでみてください。

 

※本記事で取り上げている「一夜干しかれい」は  こちら  から購入することができます。

 

 

文: 彅野アン


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(1086)
北海道・東北(38)
  北海道(13)
  青森(2)
  岩手(6)
  宮城(9)
  秋田(3)
  山形(2)
  福島(3)
関東(770)
  埼玉(16)
  千葉(19)
  東京(644)
  神奈川(70)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(3)
甲信越・北陸・東海(51)
  長野(4)
  新潟(3)
  富山(3)
  石川(5)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(6)
  愛知(24)
  三重(2)
近畿(139)
  滋賀(3)
  京都(30)
  大阪(74)
  兵庫(26)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(22)
  鳥取(1)
  島根(1)
  岡山(4)
  広島(9)
  山口(1)
  徳島(2)
  香川(1)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(39)
  福岡(25)
  佐賀(2)
  長崎(3)
  熊本(3)
  大分(2)
  宮崎(1)
  鹿児島(2)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(3)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(2)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(3)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(941)
ディナー/夕食/夜ご飯(846)
レストラン(555)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(273)
カフェ/喫茶店(443)
スイーツ(229)
ファーストフード(294)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(98)
ぼっち飯/ソロ飯(797)
ファミリー(825)
デート(830)
女子会(690)
記念日/誕生日(251)
夜景/絶景(75)
ヘルシー/オーガニック(121)
安い/格安/リーズナブル(822)
接待/会食/ビジネス(257)
行列の出来る人気店(108)
ホテルレストラン(14)
ミシュラン/ビブグルマン(8)
合コン/コンパ(14)
モーニング/朝食/朝ごはん(23)
テイクアウト/宅配/デリバリー(90)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(25)
お手軽レシピ(38)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(21)
世界の料理/食事(27)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(79)
百貨店/名店(38)
通販(34)
お酒/アルコール(10)
料理雑貨(6)
歴史/豆知識(74)
種類まとめ(23)
プレゼント/ギフト(35)

料理ジャンル

和食(81)
洋食(49)
中華/餃子/小籠包(27)
イタリアン(28)
フレンチ(8)
エスニック(27)
焼肉/肉料理(46)
海鮮/寿司(22)
ラーメン/つけ麺/油そば(144)

人気記事ランキング