logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京 > 日本橋/茅場町/人形町

老舗洋食店「日本橋 たいめいけん」を徹底取材!人気のオムライスを紹介




言わずと知れた洋食の名店「たいめいけん」。
テレビや雑誌などでも注目される同店ですが、洋食の歴史とともに歩み続けた本格派です。

オムライスやカレー、ビーフシチューなどの昔ながらの洋食メニューが魅力で、今も多くのファンが通い続けています。
特に定番の「オムライス」と、「たんぽぽオムライス」は、一度は食べていただきたい美味しさです。

本記事では、2021年に移転した日本橋室町の新店舗の情報や、定番のオムライスについてご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】老舗洋食店「日本橋 たいめいけん」を徹底取材!人気のオムライスを紹介

 

たいめいけんはどんなお店?

たいめいけんへのアクセス

たいめいけんのおすすめメニュー

タンポポオムライス

コールスロー

ボルシチ

ラーメン

 

 

たいめいけんはどんなお店?

 

たいめいけん

 

たいめいけんは、1931年に現在の中央区新川に創業しました。

 

初代シェフの茂出木心護氏が「西支御料理処 泰明軒」にて修行し、その後「泰明軒」の屋号を引継ぎ独立したものです。

「西支御料理処 泰明軒」には洋食だけではなく中華料理もあり、東京で初めてシューマイを提供したお店と言われてます。

 

たいめいけん

 

そのため、現在のたいめいけんでも、洋食店としては珍しくラーメンを提供しており、その頃の味を楽しめます。

また、初代シェフの「皆様のお料理のお役に立ちたい」という思いから「お料理110」を始め、料理に関する相談を無料で受けるサービスを始め、今なお続いています。

 

1978年には茂出木雅章氏が二代目シェフとして就任し、食料品の販売や、趣味で始めた凧のコレクションを展示する「凧の博物館」など多角的な事業を展開しています。

 

たいめいけん

 

現在は、三代目となる茂出木浩司氏がシェフを務め、テレビや雑誌などの出演で広く知られています。

 

洋食の歴史とともに長く愛され続けている「たいめいけん」。

今回は、2020年に日本橋室町に移転した新店舗に伺いました。

 

新店舗へのアクセスや小皿料理の仕組み、定番のタンポポオムライスの魅力を徹底的にご紹介します。

 

 

たいめいけんへのアクセス

 

日本橋

 

今回は、日本橋駅B10番出口から伺いました。

 

日本橋

 

日本橋駅B10出口を出て左に向かうと日本橋が見えてくるので、信号を超えて橋を渡ります。

 

三越前

 

三越前駅B6出口を通り過ぎ、右の道に進みます。

 

三越前

 

20mほど進みます。

 

たいめいけん

 

まっすぐ進むと、右手に「日本橋 たいめいけん」が見えてきます。

 

「日本橋 たいめいけん」は、1階と2階に分かれています。

1階と2階では、メニューが異なり値段も違うので、あらかじめ選んでおきましょう。

 

1階はカジュアルな洋食レストランになっており、定番のオムライスやハヤシライス、ラーメンなどをリーズナブルに楽しめます。

子供から大人まで、家族連れやデートで来ている方や一人で食事している方も入りやすくなっています。

 

たいめいけん

 

2階は、本格的なレストランとして楽しめるようになっています。

1階のメニューよりもさらに手間暇かけて作られており、素材や味付けにとことんこだわっています。

 

また、1階メニューにはない「小皿料理」があるのが特徴。

小皿料理は、「たくさんの料理を少しずつを食べたい!」という常連客の声から生まれたメニューで、丁寧に作られた絶品料理を少しずつ乗せた御膳になっています。

 

小皿料理は2種類あり、「ムール貝のマリネ」や「鮑の酒蒸し 肝ソース」などの「一の膳」8,800円と、「国産牛ローストビーフ」や「牛タンシチュー」などの「二の膳」8,800円(各税込)から選ぶことができます。

 

前菜からデザートまで存分に味わいたい方は、「たいめいけん スペシャルコース」11,000円(税込)もおすすめ。

特別な日にぜひ注文してみてはいかがでしょうか。

 

たいめいけん

 

現在(2022年1月時点)の営業時間は上記の通りです。

1階と2階で営業日が異なるので、あらかじめ確認することをおすすめします。

 

筆者が伺ったのは土曜日の13:00過ぎで、1階で待っていたのは2名ほどでしたが、その後10名ほどの列ができました。

今回は20分ほどで案内していただきましたが、通常はもっと混んでいるようなので注意が必要です。

 

 


たいめいけんのおすすめメニュー

 

早速、たいめいけんのおすすめメニューをご紹介します。

今回筆者は1階で取材をしてきました。

 

タンポポオムライス

 

タンポポオムライス

 

たいめいけんに行ったら外せないのが、「タンポポオムライス」 1,700円(税込)。

 

通常のオムライスはチキンライスを卵で包んでいますが、タンポポオムライスはチキンライスの上にオムレツを乗せたメニューです。

映画監督の伊丹十三の「タンポポ」という映画に登場したオムライスをイメージして作られたのが、この「タンポポオムライス」だそうです。

 

また、2012年にはJALの国際便でも提供されていたそう。

これは長年たいめいけんの名物として愛されたオムライスが、日本を訪れる海外の方に知られるきっかけとなりました。

 

タンポポオムライス

 

タンポポオムライスはチキンライスの上にオムレツを乗せているので、ふわふわトロトロの卵を楽しめます。

つるんとして滑らかなオムレツは、まるでホテルの朝食で食べるオムレツのようです。

 

タンポポオムライス

 

キチンライスの上に乗っているオムレツは、ぜひ熱いうちにナイフで開いてください。

絹のようにきめ細やかな表面のオムレツは、中を開くとトロトロの半熟卵になっています。

 

タンポポオムライス

 

オムレツは、バターの豊潤なコクが広がります。

 

滑らかでトロッとした舌触りは絶品。

老舗洋食店ならではの熟練の技を感じます。

 

タンポポオムライス

 

チキンライスは、甘いケチャップの香りが食欲をそそります。

具は、キチンやグリンピースなどが入っており昔ながらの定番の味です。

 

タンポポオムライス

 

卵のコクと、チキンライスの甘酸っぱさは相性抜群!

洋食の歴史と共に多くのお客様から愛されたオムライスは絶品です。

 

タンポポオムライス

 

たいめいけんのタンポポオムライスは、ケチャップがたっぷり付いてくるのも特徴。

洋食らしくソースポットに入ったケチャップをシルバーのスプーンですくうと特別な気分になります。

 

ケチャップは、定番の甘酸っぱいスタンダードな味。

絶品オムライスに好きなだけかけてお召し上がりください。

 

コールスロー

 

たいめいけん コールスロー

 

オムライスと合わせて食べたいのが、「コールスロー」50円(税込)です。

 

こちらは、創業当時から変わらず50円で価格で提供している定番メニュー。

通常のコールスローと異なり、マヨネーズを使わずさっぱりした味に仕上がっています。

 

少し粗めにカットされたキャベツと、薄切りの玉ねぎ、千切りのにんじんをお酢や砂糖、塩でシンプルに味付けしています。

 

生野菜本来のシャキシャキとした食感が存分に味わえる逸品は、50円とは思えないコストパフォーマンスの高さ!

主食の口直しとしてぴったりですよ。

 

ボルシチ

 

たいめいけん ボルシチ

 

コールスローと同じく、50円で提供されている定番メニューが「ボルシチ」50円(税込)。

このボルシチも、50円とは思えないほど本格的で美味しいと話題です。

 

たいめいけん ボルシチ

 

ボルシチはロシアの定番料理で「食べるスープ」と呼ばれ、たっぷり入った野菜が柔らかく煮込まれています。

キャベツやにんじんをはじめ、ビーツやじゃがいもなど野菜の種類も豊富で満足感たっぷりです。

 

たいめいけん ボルシチ

 

透明なスープは具材の旨味がギュッと凝縮した特別な味。

オムライスとも相性抜群です。

 

ラーメン

 

 

オムライスと同じくらい人気なのが、「ラーメン」850円(税込)。

初代シェフの茂出木心護氏が修行していた「西支御料理処 泰明軒」で提供されていたのが、このラーメンです。

 

醤油ベースの透明なスープにストレートの中麺が特徴で、老舗ならではの洗練された上品な味わいです。

鮮やかに色付けされたチャーシューや、メンマなどの定番のトッピングもどこか懐かしさを感じます。

 

今では洋食の老舗として有名なたいめいけんですが、昔ながらの中華料理も絶品なので、ぜひ一度ご賞味あれ。

 

たいめいけん


住所 : 東京都中央区日本橋1-8-6

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ銀座線三越前駅より徒歩2分
東京メトロ銀座線日本橋駅より徒歩4分

電話番号 : 03-3271-2465

定休日 : 【1階】月 【2階】日・月・祝日

営業時間 :

【1階】[火〜土] 11:00〜21:00/[日・祝] 11:00〜20:00
【2階】[ランチ] 11:30〜15:00/[ディナー] 17:00〜21:00

予算 : ~2,000円

禁煙・喫煙 : 禁煙

キャッシュレス決済 : カード可(2階のみ)(VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、MUFG、DC、NICOS)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

たいめいけんの歴史やおすすめのメニューをご紹介しました。

歴史を感じる老舗洋食店の味をぜひご堪能ください。

 

 

▼日本橋グルメの関連記事

 

・  “新旧”が凌ぎを削り合うグルメ激戦区!東京・日本橋のおすすめランチ11選!

・  日本橋のディナーで行くべき店9選!天然穴子専門店やデートで食べたいフレンチコースも!

・  日本橋のおすすめラーメン店12選!コッテリ系からアッサリ系まで

・  日本橋のおすすめカフェ13選!ランチや女子会、デートに利用しやすい♪

・  日本橋「コレド室町」のおすすめレストラン・居酒屋12選!和食からカフェまでジャンル別に紹介♪


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(1161)
北海道・東北(42)
  北海道(15)
  青森(2)
  岩手(6)
  宮城(9)
  秋田(3)
  山形(2)
  福島(5)
関東(811)
  埼玉(17)
  千葉(23)
  東京(677)
  神奈川(73)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(59)
  長野(5)
  新潟(4)
  富山(3)
  石川(5)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(8)
  愛知(26)
  三重(4)
近畿(147)
  滋賀(4)
  京都(31)
  大阪(77)
  兵庫(29)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(26)
  鳥取(1)
  島根(2)
  岡山(5)
  広島(10)
  山口(1)
  徳島(2)
  香川(2)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(43)
  福岡(25)
  佐賀(2)
  長崎(3)
  熊本(4)
  大分(3)
  宮崎(2)
  鹿児島(2)
  沖縄(2)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(3)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(2)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(3)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(992)
ディナー/夕食/夜ご飯(901)
レストラン(575)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(292)
カフェ/喫茶店(454)
スイーツ(249)
ファーストフード(297)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(101)
ぼっち飯/ソロ飯(846)
ファミリー(856)
デート(866)
女子会(713)
記念日/誕生日(259)
夜景/絶景(79)
ヘルシー/オーガニック(125)
安い/格安/リーズナブル(869)
接待/会食/ビジネス(265)
行列の出来る人気店(139)
ホテルレストラン(16)
ミシュラン/ビブグルマン(10)
合コン/コンパ(14)
モーニング/朝食/朝ごはん(31)
テイクアウト/宅配/デリバリー(113)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(33)
お手軽レシピ(44)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(31)
世界の料理/食事(33)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(101)
百貨店/名店(43)
通販(44)
お酒/アルコール(11)
料理雑貨(7)
歴史/豆知識(95)
種類まとめ(24)
プレゼント/ギフト(42)

料理ジャンル

和食(93)
洋食(54)
中華/餃子/小籠包(32)
イタリアン(33)
フレンチ(11)
エスニック(31)
焼肉/肉料理(50)
海鮮/寿司(28)
ラーメン/つけ麺/油そば(149)

人気記事ランキング