logo

野菜を冷凍保存するコツと保存期間を紹介!キャベツやブロッコリーなどおすすめ野菜も




バランスの良い食生活に欠かせない野菜。
できるだけ色々な種類のものをバランス良くとりたいですよね。

野菜の保存と言えば、ラップや新聞紙にくるんで冷蔵庫に入れるのが一般的。
でも、気付いたら鮮度が落ちてしまった…ということも良くあります。

新鮮なうちに食べ切れない野菜は、冷凍保存するのがおすすめです。
特売で買ったものを冷凍しておけば、家計にも優しい♪

本記事では栄養を損なわず、調理の時短にも繋がる定番の野菜をご紹介。
手間をかけず、無駄なく美味しく食べ切る冷凍保存のコツをお伝えします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】野菜を冷凍保存するコツと保存期間を紹介!キャベツやブロッコリーなどおすすめ野菜も

 

野菜を冷凍保存する時のコツ 

1. ジッパー付きの保存袋に入れる

2. 空気を抜いて冷凍する

3. 金属トレイの上で冷凍する

冷凍保存の方法と保存期間

1. 玉ねぎ

2. にんにく

3. きゅうり

4. トマト

5. キャベツ

6. かぼちゃ

7. 人参

8. ピーマン

9. ブロッコリー

10. もやし

解凍時に気を付けたいポイント

 

 

野菜を冷凍保存する時のコツ 

 

冷凍庫と野菜

 

冷凍後の野菜を解凍してみたら、「何だか美味しくないなぁ…」とがっかりした経験はありませんか?

野菜を上手に冷凍保存して美味しく調理するためには、いくつかのコツがあります。

 

1. ジッパー付きの保存袋に入れる

 

保存袋

 

実はほとんどの野菜は、生のままで冷凍してOK!

水で洗って水分を良く拭き取り、それぞれ調理のしやすい大きさにカットします。

 

なるべく平らに並べたら、ジッパー付きの保存袋へ。

菌の繁殖を防ぐため、必ず未使用の清潔な物を使ってください。

 

2. 空気を抜いて冷凍する

 

空気抜く

 

冷凍野菜を美味しく保つには、冷凍している間もなるべく空気に触れないようにするのが大切です。

酸化を防ぐため、できるだけ袋の中の空気を抜いて真空状態にします。

 

3. 金属トレイの上で冷凍する

 

金属トレイ

 

急速冷凍も、美味しく保存するために大切なポイント。

金属トレイ上に乗せると、野菜を素早く冷凍できます。

 

 

冷凍保存の方法と保存期間

 

野菜と袋

 

ここからは手軽に冷凍保存でき、美味しく調理できるおすすめの野菜をご紹介します。

冷凍保存に向いている野菜を一覧にすると以下のようになります。

 

  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • きゅうり
  • トマト
  • キャベツ
  • かぼちゃ
  • 人参
  • ピーマン
  • ブロッコリー
  • もやし

 

それぞれの野菜を上手に冷凍するには、どんなコツがあるのでしょうか。

どのくらいの期間保存が可能なのかも合わせてご紹介します。

 

1. 玉ねぎ

 

玉ねぎ

 

玉ねぎは、冷凍に向いている野菜の一つです。

火が通りやすくなり、甘味が増すので色々な形でカットしておくと便利です。

 

玉ねぎカット

 

今回は2種類の切り方をしてみました。

縦半分に割ってから、玉ねぎの繊維に垂直にカットすると火が通りやすくなります。

 

玉ねぎ袋

 

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

冷凍玉ねぎ

 

冷凍した玉ねぎは、約1ヶ月保存可能。

解凍せずに冷凍のまま飴色玉ねぎ、肉じゃが、ミートソースなどに使いましょう。

 

切るのが面倒な場合は、皮をむいてラップに包み丸ごと冷凍すると約1ヶ月保存できます。

 

2. にんにく

 

にんにく

 

にんにくは、常温で置いておくと芽が出たりシワシワになったりしてしまいますよね。

冷凍保存しておけば、いつでも新鮮な状態で使うことができます。

 

にんにくカット

 

スライスやみじん切りにして、それぞれラップに包みます。

 

にんにく袋

 

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

冷凍にんにく

 

冷凍したにんにくは、約2週間保存可能。

解凍せずに冷凍のまま炒め物の香り付けに使ったり、自然解凍で薬味に。

 

また、皮がついたまま丸ごとラップで包んで冷凍すると半年保存できます。

 

※にんにくのレシピ関連記事:  【超簡単】スタミナ満点!にんにくレシピ5選

 

3. きゅうり

 

きゅうり

 

冷蔵庫に入れて置いても、シワシワになってしまうことが多いきゅうり。

一手間かけることで美味しく冷凍保存できますよ。

 

薄切りきゅうり

 

スライサーなどで薄切りにします。

 

きゅうりと塩

 

塩を全体に薄くまぶします。

 

きゅうり水

 

5分くらい置くと水分が出てくるので、良く絞ります。

 

きゅうり袋

 

1本分づつラップに包み、薄く伸ばします。

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

冷凍きゅうり

 

冷凍したきゅうりは、約2〜3週間保存可能。

自然解凍して水気を絞り、ポテトサラダや中華風あえ物などに使いましょう。

 

生のまま丸ごとラップで包み冷凍すると、約3週間保存できます。

 

4. トマト

 

トマト

 

トマトは熟しすぎていると切りにくかったり、水分が出やすかったりする場合があります。

ほどほどの固さがある内に冷凍するのがおすすめです。

 

トマトざく

 

一口大にざく切りにします。

 

トマト袋

 

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

トマト冷凍

 

冷凍したトマトは、約2週間保存可能。

冷凍のままトマト煮込みや野菜炒め、トマトスープなどに使いましょう。

 

皮はそのまま食べることができますが、気になるようだったら取り除いてください。

ヘタを取って丸ごとラップで包み冷凍すると、約2週間保存できます。

 

5. キャベツ

 

キャベツ

 

キャベツが大きすぎて食べ切れない!

メニューがワンパターンになってしまった…ということありませんか?

 

そんな時は、好きな時に必要な量を使える冷凍保存がおすすめです♪

 

キャベツざく

 

一口大のざく切りにします。

 

キャベツ袋

 

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

きゃべつ冷凍

 

冷凍したキャベツは、約2週間保存可能。

生とは違う食感になるので、解凍せずに冷凍のまま野菜炒めや具だくさんスープなどに使いましょう。

 

※キャベツのレシピ関連記事:  家計の味方!キャベツを使ったおすすめレシピ7選

 

6. かぼちゃ

 

かぼちゃ

 

かぼちゃも生のまま冷凍ができますが、少し独特のにおいが気になることも。

筆者が試したところ、レンジで加熱してから冷凍すると美味しく仕上がりました♪

 

かぼちゃわた

 

スプーンでかぼちゃの種とわたを取り除きます。

水分が多くカビが生えてくる部分なので、なるべく早く作業しましょう。

 

カボチャカット

 

一口大に切ります。

 

かぼちゃ皿

 

耐熱容器に重ならないように並べます。

 

かぼちゃレンジ

 

ラップをかけて、600Wの電子レンジで2〜3分加熱します。

 

 

粗熱が取れたら、保存袋に入れます。

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

冷凍かぼちゃ

 

冷凍したかぼちゃは、約1ヶ月保存可能。

解凍せずにそのまま煮物やポタージュなどのスープなどに使いましょう。

 

7. 人参

 

にんじん

 

使いきれなかった人参を冷蔵庫で保存すると、切り口から乾燥してすぐに傷んでしまいます。

余った人参は、細切りや薄切りにして冷凍すると便利です♪

 

人参カット

 

今回は2種類の切り方にしてみました。

 

人参袋

 

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

人参冷凍

 

冷凍した人参は、約1ヶ月保存可能。

解凍せずにそのまま炒め物や人参ラペなどのサラダに使いましょう。

 

8. ピーマン

 

ピーマン

 

カットしてあるピーマンがストックされていると、調理の時にすぐに使えて便利です。

安いときにたくさん買って、冷凍保存しておくのがおすすめ。

 

ピーマンカット

 

用途に合わせた太さに揃えてカットします。

 

ピーマン袋

 

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

ピーマン冷凍

 

冷凍したピーマンは、約3〜4週間保存可能。

解凍せずにそのまま青椒肉絲やラタトゥユなどに使いましょう。

 

9. ブロッコリー

 

ブロッコリー

 

冷蔵保存するとすぐに黄色く変色してしまうブロッコリーも、生のまま冷凍できます!

解凍後も水っぽくならずに、食感も残るコツをご紹介します。

 

ブロッコリーカット

 

水を張ったボールの中で振るように洗い、水分を良く拭き取ります。

2〜3房くらいつづに小分けして、カットします。

 

ブロッコリーラップ

 

一つづつ、ぴったりとラップで包みます。

 

ブロッコリー袋

 

ラップしたものをさらに保存袋に入れます。

袋の中の空気を抜いて、なるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

ブロッコリー冷凍

 

冷凍したブロッコリーは、約1ヶ月保存可能。

冷凍のままシチューで煮込んだり、野菜蒸しや茹でもの、炒めものなどに使いましょう。

 

10. もやし

 

もやし

 

家計のお助け野菜であるもやし。

一袋に意外とたくさん入っているので、「使いきれずに傷んでしまった!」ということも良くありますよね。

 

好きな時に必要な量だけ使える冷凍もやしは、とても便利です♪

 

もやしざる

 

もやしを袋のまま冷凍する方法もありますが、独特のにおいを防ぐためにも洗ってから冷凍するのがおすすめ。

水を張ったボールの中でもやしを洗い、ざるにあげてしっかりと水分を切るのがコツです。

 

もやし袋

 

水が切れたら、袋の中の空気を抜いてなるべく平らになるように整えて冷凍庫へ。

 

もやし冷凍

 

冷凍したもやしは、約2週間保存可能。

使う分だけほぐしながら、冷凍のまま野菜炒めや蒸し物などで使いましょう。

 

自然解凍して水分を絞り、サラダやあえ物にしても美味しいです♪

 

 


解凍時に気を付けたいポイント

 

野菜 冷凍保存

 

ほとんどの冷凍野菜は、わざわざ解凍しなくても凍ったまま調理が可能。

解凍すると水分が出てしまう野菜が多いので、なるべく冷凍のまま調理しましょう。

 

きゅうりやもやしなどは、解凍時にしっかり水を絞ることが美味しく食べるコツです。

 

 

定番のものから、「こんな野菜も冷凍できるんだ!」というものまでご紹介しました。

毎日の食生活に上手に取り入れて、ヘルシーな料理を作ってみてくださいね。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(1168)
北海道・東北(43)
  北海道(15)
  青森(2)
  岩手(6)
  宮城(9)
  秋田(4)
  山形(2)
  福島(5)
関東(814)
  埼玉(17)
  千葉(23)
  東京(678)
  神奈川(75)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(60)
  長野(5)
  新潟(4)
  富山(3)
  石川(5)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(8)
  愛知(27)
  三重(4)
近畿(149)
  滋賀(4)
  京都(31)
  大阪(78)
  兵庫(30)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(26)
  鳥取(1)
  島根(2)
  岡山(5)
  広島(10)
  山口(1)
  徳島(2)
  香川(2)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(43)
  福岡(25)
  佐賀(2)
  長崎(3)
  熊本(4)
  大分(3)
  宮崎(2)
  鹿児島(2)
  沖縄(2)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(3)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(2)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(3)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(995)
ディナー/夕食/夜ご飯(906)
レストラン(580)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(292)
カフェ/喫茶店(455)
スイーツ(251)
ファーストフード(297)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(101)
ぼっち飯/ソロ飯(850)
ファミリー(861)
デート(871)
女子会(718)
記念日/誕生日(264)
夜景/絶景(83)
ヘルシー/オーガニック(126)
安い/格安/リーズナブル(870)
接待/会食/ビジネス(265)
行列の出来る人気店(140)
ホテルレストラン(20)
ミシュラン/ビブグルマン(10)
合コン/コンパ(14)
モーニング/朝食/朝ごはん(31)
テイクアウト/宅配/デリバリー(114)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(34)
お手軽レシピ(48)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(33)
世界の料理/食事(34)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(102)
百貨店/名店(44)
通販(45)
お酒/アルコール(12)
料理雑貨(7)
歴史/豆知識(98)
種類まとめ(24)
プレゼント/ギフト(43)

料理ジャンル

和食(95)
洋食(55)
中華/餃子/小籠包(33)
イタリアン(34)
フレンチ(12)
エスニック(31)
焼肉/肉料理(50)
海鮮/寿司(28)
ラーメン/つけ麺/油そば(149)

人気記事ランキング