logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本

ナポリタン専門店「パンチョ」で、ボリューム満点なスパゲッティーを体験してきた!




マツコの知らない世界で紹介されたこともある「パンチョ」は、珍しいナポリタンの専門店。
2009年に渋谷に誕生して以来ファンを増やし続け、今や東京、千葉、埼玉を中心に17店舗を誇る超人気店です。

お昼時には行列ができることも珍しくありません。
パンチョの人気の秘密は、懐かしいのに実は家では再現できない絶妙なおいしさと、度肝を抜くその圧倒的ボリューム!

今回は、パンチョ初体験の筆者が実際に体験してきた感想をお伝えします。

【目次】ナポリタン専門店「パンチョ」で、ボリューム満点なスパゲッティーを体験してきた!

 

スパゲッティーのパンチョとは?

お店の外観と内観

メニュー

中盛で一般的なスパゲッティーの2倍の量!

ボリューミーなナポリタンをいざ実食!

パンチョの店舗情報

 

 


スパゲッティーのパンチョとは?

 

スパゲッティーのお店でも珍しい、ナポリタンの専門店「パンチョ」。

「改めてナポリタンをうまいと言わせたい」という想いを掲げており、王道の食材と調理方法にこだわったナポリタンはクセになると評判です。

 

トッピングによるカスタマイズもできますし、季節限定の味付けもあるので、ナポリタンといえど種類は豊富。

このバリエーションの多さもファンが多い理由かもしれません。

 

今回はパンチョ初体験の筆者が、実際に人気のナポリタンを味わってきました。

 

 

お店の外観と内観

 

pancho_gaikan

 

筆者が向かったのは、2010年にオープンした池袋店。

入口には「ナポリタン専門店」と大きく書かれ看板で、インパクトがあり一目でわかります。

 

pancho_naikan

 

地下にある店内に入ると、ナポリタンを炒める音が奥から聞こえ、食欲がそそられます。

かかっている音楽もアニメ系が多かったり、カウンター席には漫画の名言が貼ってあったりと、賑やかで個性的な雰囲気です。

 

席はテーブルとカウンターが用意されており、来ているお客さんはサラリーマンや学生さんの姿が目立ちます。

一人で利用されている方も多いので、誰でも気軽に利用できますよ。

 

 


メニュー

 

pancho_menu

 

ベースのスパゲッティーはナポリタンがメインですが、ミートソースをはじめ、にんにくと塩味がメインの白ナポリタンなども用意されています。

期間限定の味付けやトッピングもありますので、訪れるたびに様々な味が楽しめます。

価格も良心的で、ナポリタン690円(税込み)、ナポリタン目玉焼き740円(税込み)、ナポリタンチーズ790円(税込み)とどれもお手頃です。

 

naporitan_menu2

 

注文は券売機制となっています。

そのままノーマルで食べるのもおいしいですが、目玉焼き、厚切りベーコン、焼きチーズなどのトッピングを加えて、自分好みにカスタマイズできるのが嬉しいです。

 

筆者はナポリタン(小)に人気SET(ハンバーグ、チーズ)をトッピング。

ちょっと贅沢なセットにしました。

 

 

中盛で一般的なスパゲッティーの2倍の量!

 

pancho_menu

 

パンチョの特徴と言えるのが、そのボリューム!

小盛300g、中盛400g、大盛600gと十分すぎる量です。

 

一般的なパスタ屋さんの一人前の量は200gと言われていますので、小盛りでもすでに通常の1.5倍!普通のお店とはスケールが違います。

しかし、料金な「お腹いっぱい旨い”ナポリタン”を食べてもらいたい」との想いから、大盛にしても追加料金はないんだそうです。

すごいコスパの良さですよね。

 

大盛でも相当多いですが、パンチョには超人的な量の「ナポリタン星人」も用意されています。

麺の量が1.5kg、 具やソースを合わせると総重量2.3kgとすさまじい量です…

パンチョ初体験の筆者は、ナポリタン(小)を注文しました。

 

 


ボリューミーなナポリタンをいざ実食!

 

pancho_naporitan

 

懐かしい銀皿にのって出てきたナポリタン(小)と人気SET(ハンバーグ、チーズ)のトッピング。

トマトソースの良い香りと、つやつやの麺が食欲をそそります。

筆者は小にしましたが、それでも普通のナポリタンよりも明らかに多くボリューム抜群。

 

具は王道のウィンナー、玉ねぎ、ピーマンです。

一口食べると、にんにくが効いたしっかり目の味付け。

 

ほんのり甘いソースで、懐かしい味でもあるのですが、家で食べるものよりもパンチがあります。

聞くと、ソースは毎日お店で手作りなので、家ではなかなか作れない唯一無二の味だそうです!

 

pancho_naporitan2

 

そして、特長的なのがこの太めの麺!

アルデンテとは真逆で、前日に茹で置きした極太麺がパンチョの麺だそうです。

スパゲッティーというよりも細めのうどんと言った方がいいくらいの、ほどよく水分を吸った麺がソースによく絡みます。
 

トッピングのハンバーグはふっくらやわらかくて、フォークですぐに切れてしまいます。

とろけたチーズは、濃厚な麺をほどよく中和してくれてまろやかさがアップします。

この2つのトッピングが人気な理由もうなずけます。

 

pancho_naporitan3

 

テーブルには定番の粉チーズから、タバスコ、中濃ソースなどがあるため、途中で味変を楽しむのも良いでしょう。

スタッフさんに声をかければ、マヨネーズや香味だれも用意してくれます。

 

また、店内にはエプロンも用意されていますので、ソースの飛び散りも心配なし。

仕事中のランチにも使いやすいお店です。

 

 

パンチョの店舗情報

 

パンチョは関東を中心に17店舗展開されています。

詳しいお店の場所や営業時間は、  こちら   を確認ください。

 

 

多くのファンがいる「パンチョ」。

懐かしさも魅力の一つですが、やはり家で作れそうで作れない味、そして満足のいくボリューム感が愛される秘密なんだなと感じました。

ナポリタン専門店だから楽しめるおいしさを、一度味わってみてください。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(669)
北海道・東北(20)
  北海道(7)
  岩手(4)
  宮城(5)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(517)
  埼玉(9)
  千葉(13)
  東京(438)
  神奈川(44)
  茨城(4)
  栃木(6)
  群馬(2)
  山梨(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  長野(2)
  新潟(1)
  石川(3)
  静岡(2)
  愛知(10)
近畿(81)
  滋賀(2)
  京都(16)
  大阪(40)
  兵庫(18)
  奈良(3)
  和歌山(2)
中国・四国(9)
  岡山(4)
  広島(5)
九州・沖縄(16)
  福岡(12)
  長崎(1)
  熊本(2)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(2)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(614)
ディナー/夕食/夜ご飯(557)
レストラン(380)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(205)
カフェ/喫茶店(311)
スイーツ(174)
ファーストフード(239)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(90)
ぼっち飯/ソロ飯(484)
ファミリー(516)
デート(599)
女子会(475)
記念日/誕生日(216)
夜景/絶景(64)
ヘルシー/オーガニック(112)
安い/格安/リーズナブル(535)
接待/会食/ビジネス(203)
行列の出来る人気店(8)
ミシュラン/ビブグルマン(1)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(11)
お手軽レシピ(19)
ダイエットレシピ(2)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(8)
世界の料理/食事(11)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(44)
百貨店/名店(33)
通販(24)
お酒/アルコール(3)
料理雑貨(4)
歴史/豆知識(31)
種類まとめ(15)
プレゼント/ギフト(22)

料理ジャンル

和食(29)
洋食(21)
中華/餃子/小籠包(9)
イタリアン(11)
フレンチ(4)
エスニック(4)
焼肉/肉料理(15)
海鮮/寿司(4)
ラーメン/つけ麺/油そば(119)

人気記事ランキング