logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京 > 中野/荻窪/阿佐ヶ谷/高円寺

阿佐ヶ谷のおすすめラーメン8選!地元在住者が人気店から穴場まで一挙紹介




毎年8月に開催される「七夕祭り」で有名な阿佐ヶ谷。
サブカルチャーの街として独自の進化を遂げており、芸能人や著名人が多く住んでいる町としても知られています。

新宿や吉祥寺へは電車で1本、10分ほどと好アクセス!
テレビ番組では住みやすい街No.1として紹介されることもあり、大注目を浴びている阿佐ヶ谷。

実は、東京都内でも評価が高いラーメンの名店が多いのをご存知でしょうか。
今回は阿佐ヶ谷在住の筆者が、阿佐ヶ谷を訪れた際にはぜひ食べて頂きたいおすすめラーメンを厳選してご紹介します。


本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


【目次】阿佐ヶ谷のおすすめラーメン8選!地元在住者が人気店から穴場まで一挙紹介

 

<阿佐ヶ谷駅南口周辺のおすすめラーメン店>

1. 「めんさいぼう五郎左」の阿佐ヶ谷一の最強つけそば

2. 「麺処 一笑」豚の旨味だけで作られた究極の豚骨×野菜ラーメン

3. 「えのけん」の昔ながらの濃厚みそラーメンとジャンボ餃子

4. 「萬福本舗」本場博多の純粋なとんこつラーメン

5. 「ラーメン チキュウ」の阿佐ヶ谷が誇るNo.1ラーメン

<阿佐ヶ谷駅北口周辺のおすすめラーメン店>

1. 「横濱ラーメン あさが家」横浜で30年修業した店主が作る究極の家系ラーメン

2. 「支那そば たなか」重厚な旨味のチャーシューミックスワンタン麺

3. 「らーめん いろはや」の懐しいのに新しい、THE中華そばの醤油ラーメン

 

 

<阿佐ヶ谷駅南口周辺のおすすめラーメン店>

 

阿佐ヶ谷駅 南口周辺

 

南口は杉並区役所や約700メートルにも及ぶアーケード商店街「パールセンター」があります。

中杉通り沿いには、オフィスや飲食店など様々なお店が並び、揃わなものはないほどの品揃えで、いつも買い物に訪れる地元の人々で賑わっています。

 

ラーメン店も老舗の名店が多いことで知られており、ラーメンファンも多く訪れています。

 

1. 「めんさいぼう五郎左」の阿佐ヶ谷一の最強つけそば

 

めんさいぼう五郎左

 

「阿佐ヶ谷でつけ麺と言えばココ!」と地元民から人気の高い「めんさいぼう五郎左」。

 

阿佐ヶ谷駅から徒歩8分ほど、東京メトロ南阿佐ヶ谷駅からは徒歩2分ほど。

初めて訪れる際には少々わかりにくく、パールセンターの外れ、すずらん通りへの分岐と区役所脇の道を結ぶ人通りの少ない路地裏にあります。

 

手書きのメニューびっしりと壁に貼られた個性的な外観に、ちょっとギョッとするかもしれません。

一見小さなお店ですが、中に入るとカウンター席が奥行きがあり、狭さは感じずレトロムード漂う落ち着いた雰囲気です。

 

めんさいぼう 五郎左 つけそば
人気メニュー「つけそば(900円)」: Retty

 

「つけそば」900円(税込)は、鶏ガラ豚骨煮干し風味の重厚なつけ汁ですが、程よい酸味があり後味のすっきりとした何回でも食べたくなるお味。

スープの中にゴロゴロとチャーシューの切れ端や肉厚メンマ、ナルトが入っています。

 

また、卓上にタレ、スープ、魚粉、唐辛子、胡椒、レモン酢、唐辛子酢があり、お好みで味変もできるのが嬉しいところ。

 

筆者おすすめの食べ方は、あまり行儀が良いとは言えませんが、残ったつけ汁にライスをインしておじやとして食べること。

つけ汁がお米とも相性抜群で本当に美味しいので、お腹に余裕があればやってみてください。
 

 

そして、ピカピカと輝きを放つ麺にもこだわりあり。

小麦を使ったものと、タピオカ粉を使った食感も太さも違う2種類の麺を混ぜていて、モチモチとプリプリ、そしてツルツルの3つの食感を併せ持ったまさに最強麺なんです!

 

「こんな麺ここでしか味わえない!」とラーメン通が唸る風味と食感です。

そんなスルスルと行けてしまう麺の量は、無料で増量できる「麺ちょいまし」がちょうど良いかもしれません。

 

めんさいぼう 五郎左 つけそば
「中華そば(850円)」: Retty

 

その他、根強いファンがいる「中華そば」850円や「塩つけそば」950円、「ませそば」800円(各税込)などメニューも豊富。

 

夜限定や新メニューも定期的に登場するため、いつ来ても色々な味が楽しめるのが嬉しい「めんさいぼう五郎左」。

日曜日の営業時間は11:30〜16:00で、他の曜日とは異なりますので、チェックしてから来店することをおすすめします。

 

めんさいぼう 五郎左


住所 : 東京都杉並区阿佐谷南1-14-12 パティオ エルスール 1F

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ケ谷駅より徒歩3分
JR中央線 阿佐ケ谷駅より徒歩8分

電話番号 : 03-3318-2079

定休日 : 月曜日

営業時間 :

【火・木】11:30~14:30/18:00~21:00
【その他】11:30~14:30 ※土日は15:30閉店

予算 : ~1,000円

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

2. 「麺処 一笑」豚の旨味だけで作られた究極の豚骨×野菜ラーメン

 

麺処 一笑

 

JR阿佐ヶ谷駅からは徒歩13分ほど、東京メトロ南阿佐ヶ谷駅からだと徒歩5分ほど。

青梅街道沿いのあるすずらん通りという商店街に入ってすぐ右側にある「麺屋一笑」。

 

練馬「濃菜麺 井の庄」出身の店主が切り盛りする阿佐ヶ谷のみならず、都内でも話題沸騰中の濃厚豚骨ラーメンのお店です。

カウンターのみ11席と広くはありませんが、小さなお子さん連れでも親切に対応してくれますよ。

 

ramen
基本の「プレーン(900円)」

 

こちらの大きな特徴、それは4種類のラーメンから1つ選び、さらにトッピングの野菜を8種類から選ぶという斬新なシステム。

麺とスープだけが入ったいわゆる「素ラーメン」の丼ぶりと、野菜とチャーシューが入ったトッピングの丼がセパレートで出てきます。

 

麺処 一笑 らーめん

 

基本のトッピング丼はもやし・キャベツ・にら・人参・チャーシューとてんこ盛り!

なんとこれだけで、成人男性が1日に摂取すべき150gの野菜を取ることができるのだそう。

 

大ぶりで肉厚な柔らかいチャーシューは、スープにたっぷり浸して頂きましょう。

野菜はプラス100円で倍量にできますよ。

 

麺処 一笑 らーめん

 

まずは「素ラーメン」の味を楽しむべし。

 

豚の骨の髄までしっかりと煮込まれたこっくりとしたまろやかな濃厚なスープは、魚介を使用せず豚だけで仕上げているもの。

骨粉らしい少々のザラつきとトロみを感じる食感で、豚の臭みはなく上品な仕上がりになっています。

 

いわゆるドロ系の豚骨ラーメンにありがちな口の周りがベトベトするような感触も全く無く、濃厚なのにサラッと飲めますよ。

 

そして、三河屋製麺の中太ストレート麺は、もちもちで小麦感たっぷりでスープに絡み、たまらないのど越しです。

野菜をインすれば、濃厚なスープが良く絡み、シャキシャキの食感と相性がよく全くもたれません!

 

全体的にバランス良く栄養が取れるのも嬉しいところ。

 

麺処 一笑 らーめん
「辛辛ラーメン×シビベジ(950円)」 Retty

 

8種類のトッピングは、辛系やトマトがたっぷり入ったイタリアン系、パクチー香るアジアン系など様々。

その日の気分で選ぶことができるのが魅力ですね。

 

また、麺をハーフにして野菜増しにするなど、野菜もたっぷり取れるので、健康志向な人でも食べやすいかと思います。

 

麺処 一笑


住所 : 東京都杉並区阿佐谷南1-9-5

マップ : Googleマップ

アクセス : 東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ケ谷駅 2a出口より徒歩4分

電話番号 : 03-3311-8803

定休日 : 水曜

営業時間 :  11:00~16:00(L.O.売り切れ次第終了)

予算 : ~1,000円

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

3. 「えのけん」の昔ながらの濃厚みそラーメンとジャンボ餃子

 

えのけん 阿佐ヶ谷 ラーメン

 

青梅街道沿いにある赤い看板が目印の「えのけんラーメン」は、阿佐ヶ谷で長年愛されている町中華です。

JR阿佐ヶ谷駅からは徒歩12分ほど、東京メトロ南阿佐ヶ谷駅からは徒歩5分ほどのところにあります。

 

その歴史は、阿佐ヶ谷で15年、その前は中野坂上で何と40年も営業していたのだそう。

時代を超えても変わらぬボリュームと美味しさで、多くのファンが足繁く通いつめています。

 

えのけん 阿佐ヶ谷 店内

 

BGMに小気味好いジャズがかかっている店内は、いつも地元の人たちで賑わっています。

L字カウンターと4人掛けのテーブル2つの全24席、開放感があるので狭さを感じません。

 

昭和のラーメン店を思い起こさせるレトロな内装ですが、きっちりと清掃が行き届いていて清潔感があります。

混雑時、順番を待つためのソファもあり、お一人様でも気軽に入れる雰囲気です。

 

えのけん 阿佐ヶ谷 みそラーメン
おすすめは「みそラーメン(850円)」

 

まず、着丼して驚くのがそのボリューム!

通常盛りが他店の大盛りぐらいの量があります。

 

熱々のスープに、大量の黒ゴマと背脂が浮いている何とも食欲をそそる見た目。

お味は豚骨と野菜出汁の甘みがあり濃厚でまろやか。

 

麺は中太めの縮れ麺で、やや硬めに茹でられているので伸びにくくスープと良く絡みます。

ズズッとすするとスープの脂でシコシコとした食感、喉越しも良く、ツルツルとしています。

 

ネギ、もやし、ニラ、キャベツ、めんまがたっぷり入っていて野菜がシャキシャキ!

トッピングの海苔と半熟のゆで卵をスープにつけて、分厚く脂がプルプルの柔らかチャーシューと頂くとたまらな美味しさ。

 

これぞまさしく懐かしい日本の正統派味噌ラーメンです。

 

えのけん 阿佐ヶ谷 餃子
欠かせない看板メニュー「ギョーザ 4個(380円)」

 

とにかくその大きさにびっくり!

 

通常の餃子の2倍はあ流であろう、味噌ダレで頂くのがえのけん風。

出来立てアツアツに一口かぶりつけばジュワーっと大量の肉汁が。

 

モッチモチの厚めの皮にたっぷりと詰まった具は、野菜多めでにんにく控えめ、優しい味わいで、パンチの効いた甘めの味噌ダレと良く合います。

ご飯を付けて定食にしても、ビールのお供にも相性抜群ですよ。

 

えのけん 阿佐ヶ谷 冷やし中華
夏季限定メニュー「冷やし中華(1,050円)」

 

驚くなかれ、こちらも通常盛りからして大盛りであろうこのボリューム。

わかめ、レタス、きゅうり、トマト、メンマ、コーン、半熟卵、厚切りチャーシューとに覆われていて、麺になかなかたどり着けないほどの迫力。

その下には中太麺が隠れており、しっかりと冷やされて締まった麺はモチモチ食感で喉越し最高です。

スープはやや甘めでオイリーなのですが、程よく酸味が効いているのでもたれません。

 

付け合わせのカラシを混ぜつつ食べると、味が締り飽きが来ない美味しさ。

夏になれば絶対食べておきたい逸品です。

 

食券を買うときは「冷やしラーメン」を押してくださいね。

 

menu
※撮影時と現在では価格が異なります

 

えのけんは名物がいっぱい!

幅広い年齢層に人気の「えのけんライスカレー」800円や、具沢山の「スタミナラーメン」1,050円、懐かしき「正油ラーメン」800円(各税込)など、どれを食べてもハズレなしです。

 

深夜2時まで営業しているのもありがたいですね。

長年愛されている阿佐ヶ谷を代表するラーメンを是非とも味わってみてください。

 

えのけん


住所 : 東京都杉並区成田東4-34-12 池田ビル 1F

マップ : Googleマップ

アクセス :

南阿佐ヶ谷駅から新高円寺(新宿)方面に徒歩数分。
青梅街道沿い(新宿に向かって右側)。

電話番号 : 03-5306-1300

定休日 : 日曜日、祝日

営業時間 : 11:00~翌1:00

予算 : 1,000~2,000円

禁煙・喫煙 : 全面喫煙可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

4. 「萬福本舗」本場博多の純粋なとんこつラーメン

 

萬福本舗 阿佐ヶ谷 ラーメン

 

JR阿佐ヶ谷駅からは徒歩10分ほど、東京メトロ南阿佐ヶ谷駅からは徒歩2分。

青梅街道沿いに店を構える「萬福本舗」は、阿佐ヶ谷で19年営業している老舗です。

 

こちらでは、本格的な博多ラーメンを現地に近い味わいで頂くことができます。

 

店内に入ると、早くも豚骨臭が鼻腔をくすぐってきます。

テーブルとカウンター合わせて13席とこじんまりしていますが、落ち着いた照明の屋台のようなどこか懐かしい雰囲気です。

 

萬福本舗 阿佐ヶ谷 ラーメン
正統派「とんこつラーメン(700円)」+「味玉(100円)」: Retty

 

「とんこつラーメン」700円(税込)は、豚ガラの下処理を丁寧に行なっているであろう、クリーミーで臭みが少ない濃厚なスープは、脂が少なく後味スッキリ。

麺は博多直送の細いストレートの固麺で、スープにしっかり絡むことはなく、麺とスープそれぞれの主張が生きています。

 

豚肩ロースのチャーシュー、キクラゲ、刻み小ネギと博多ラーメンでは定番のトッピング。

チャーシューは、脂が少なめで食感が柔らかく旨味があり、豚骨スープと良く合っています。

 

卓上には、紅生姜・おろしニンニク・白ゴマが置かれ、ほかに胡椒・醤油ダレなどあとはお好みでという充実のラインナップ。

余計なアレンジはされていない純粋な博多豚骨は、都内でも貴重なのではないでしょうか。
 

ramen
「つけとん(770円)」

 

通常よりも濃厚なスープと麺の量は、220gとかなりのボリュームの珍しい豚骨つけ麺が、こちらの「つけとん」770円(税込)!

トッピングにはチャーシューと高菜、スープはねぎだくで熱め、麺はあつ盛りのため冷めることなく最後までアツアツをいただけるのが魅力です。

 

他にも、おつまみやお酒も充実しており、ラーメンだけでなくこちらを目当てに訪れる人も多いのだそう。

純粋正統派な博多ラーメンをご賞味ください。

 

萬福本舗


住所 : 東京都杉並区阿佐谷南3-2-3

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ケ谷駅より徒歩2分
JR中央線 阿佐ケ谷駅より徒歩8分

電話番号 : 03-3392-2892

定休日 : 日曜日

営業時間 :

11:30~14:00/18:00~22:00
※土曜は通し営業

予算 : ~1,000円

禁煙・喫煙 : 分煙、ランチタイム禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

5. 「ラーメン チキュウ」の阿佐ヶ谷が誇るNo.1ラーメン

 

ラーメン チキュウ

 

青梅街道沿いにひっそりと佇む、綺麗な地球の看板がトレードマークの「RAMEN CiQUE (ラーメン チキュウ) 」。

JR阿佐ヶ谷駅からは少々遠く、徒歩20分ほど、東京メトロ南阿佐ヶ谷駅からは徒歩10分ほどのところにあります。

 

shop

 

店内は内装がところどころ凝っていて、まるでお洒落で陽気なカフェのような雰囲気です。

待合室のようになっており、ハンガーもあるため、満席の時でもくつろぎながら待つことができますよ。

 

shop

 

席はカウンター6席のみですが、狭さは感じません。

 

すっきりと片付けられた清潔感のある調理場が良く見えます。

店主さん一人で全ての作業をテキパキとこなされています。

 

RAMEN CiQUE_醤油ラーメン
常連さんに人気の「醤油ラーメン(890円)」

 

一口スープを飲むとジュワッと、まず魚介が、そのあと豚骨の旨味が口の中に広がります。

 

舌触りは鶏白湯と魚介のダブルスープで濃厚クリーミーなポタージュ系。

ただ、くどくなく、後味はさっぱりと上品な仕上がりで、非常にバランスが良いスープです。

 

トッピングは豚バラのチャーシュー、細切りメンマ、長ねぎに万能ネねぎ、海苔。

ホロッホロのチャーシューは良く煮込まれているのにあっさりとしたほのかに八角香る味付けで、塩加減も絶妙でまさにとろける美味しさ。

 

麺は三河屋製麺の中太ストレートで、ツルツルシコシコな食感がスープと相性抜群です!

 

RAMEN CiQUE_塩ラーメン
一番人気「塩ラーメン(890円)」+「焼きトマト(160円)」

 

スープはあっさりスッキリとしているのに深みのある鶏ガラに控えめの魚介の風味が絶妙!

さらにさっぱりとした甘みがあり、オーダーしたほとんどの方が飲み干してしまうほど。

 

麺は醤油と同じく中太ストレートで、程よい茹で加減で。

そして、塩とトマトはとにかく合うので、塩ラーメンをオーダーするときは必ず「焼きトマト」を付けましょう。

 

RAMEN CiQUE 卓上調味料

 

卓上には塩に良く合う柚子胡椒やニンニクなどもあるので、味変するのもお楽しみの一つ♪

 

様々なメディアで取り上げられ、阿佐ヶ谷だけでなく全国的にも有名な「RAMEN CiQUE (ラーメン チキュウ)」。

ランチ時は行列必至ですが、お店がオープンしていたら待ってでも食べる価値大アリ!

 

2008年のオープンから地元民が全国に誇るこのラーメンは、絶対に食していただきたい阿佐ヶ谷の最優秀グルメです。

 

RAMEN CiQUE


住所 : 東京都杉並区阿佐谷南3-10-8

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ丸ノ内線 南阿佐ケ谷駅より徒歩9分
JR中央線 阿佐ケ谷駅南口より徒歩9分
JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 荻窪駅南口より徒歩13分

定休日 : 月曜日

営業時間 :

[火]18:30~23:00
[水~日]11:30~14:00/18:30~21:00
※ スープがなくなり次第営業終了(特に土日祝注意)

予算 : ~1,000円

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

<阿佐ヶ谷駅北口周辺のおすすめラーメン店>

 

阿佐ヶ谷駅

 

北口・東口には関東バスのロータリーがあり、商店街にはレトロな雑貨屋や多種多様な飲食店が並び、古くからのお店が多く集まっています。

 

一歩小道を入ると閑静な住宅街が広がっており、レトロな建物も多く散策するのが楽しくなるエリアです。

そして、駅前にはチェーン店から個人店まで、びっしりとラーメン店が並んでいます。

 

1. 「横濱ラーメン あさが家」横浜で30年修業した店主が作る究極の家系ラーメン

 

 

家系ラーメンを食べたいときは「横濱ラーメン あさが家」へ。

阿佐ヶ谷駅北口から徒歩2分ほど、お隣にモスバーガー、対面になか卯のある場所にお店を構えています。

 

オープンしたのは2020年8月ですが、なんと店主は大和にあった菊池家のご主人!

そして、元々は上星川にある「寿々㐂家」で修行をしていたということで、そのお味は間違いなく実力派です。

 

東京にいながら本流家系(クラシック家系)のラーメンを食べられると、阿佐ヶ谷界隈のみならず、都内のラーメン好きの間で話題になっています。

 

 

店内はカウンター11席の他、1卓のみテーブル席も用意されています。

 

卓上にはニンニク、豆板醤、胡麻、ショウガなど、家系ではお馴染みの調味料たちが。

ただ、席数に対しての卓上調味料の用意が少ないため、席によっては少し取りづらいことがあるかもしれません。

 

あさが家 阿佐ヶ谷 家系ラーメン
自家炊きスープ: Retty

 

あさが家で何より注目すべきは、「スープ」といっても過言ではありません。

 

最近ではお店でスープを炊かないセントラルキッチンスタイルのお店も多いですが、あさが家のスープは店炊き。

席からも見えるゴロゴロと豚骨の入った寸胴では、細やかで繊細な調整が繰り返されながら、スープが仕上げられていきます。

 

ひとくちに家系といっても、しょっぱい系からかなり濃いめのスープなど様々ある中で、あさが家のスープは均整の取れたバランス系。

豚骨・鶏油・かえしのバランスがとにかく素晴らしく、家系の中では比較的あっさりとしたまろやかな口当たりですが、完飲したときの満足感はひとしおです。

 

また、麵だけでなく白米との相性も最高なので、ラーメンを並にしてライスを注文しておくのもオススメです。

 

あさが家 阿佐ヶ谷 家系ラーメン
「ラーメン並(850円)」+「青ねぎ(150円)」: Retty

 

写真は「ラーメン並」850円(税込)で、ビジュアルは青磁のどんぶりに、海苔、ホウレン草といった王道の家系スタイルをいっています。

 

別添えになっている「青ネギ」150円(税込)は、お店一押しのトッピング。

臭みや辛みを感じないのが特徴的な広島県瀬戸内産 "健康青ねぎ" を使用していて、シャキシャキ感とねぎの旨味があさが家のラーメンと合います。

 

家系ではあまりない青ネギトッピングですが、あさが家に来店するならぜひ一緒に注文してみてください。

 

 

なお、あさが家で使用している麺は、本流家系を受け継ぐ店だけが認められる「酒井製麺」。

中太ストレート麺は、テボ茹で&平ザルでの湯切りで提供されています。

 

おなじみのもちもち食感と、存在感のあるのどごしは、言わずもがなスープとの相性抜群です。

 

横濱ラーメン あさが家


住所 : 東京都杉並区阿佐谷北1-26-5 1F

マップ : Googleマップ

アクセス : JR阿佐ヶ谷駅から徒歩2分

電話番号 : 080-4448-8490

定休日 : 年中無休

営業時間 :

11:00~翌1:00(スープなくなり次第終了)
※16:00~17:00はスープ仕込み休憩

予算 : ~1,000円

禁煙・喫煙 : 全席禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ホットペッパーグルメ

 

2. 「支那そば たなか」重厚な旨味のチャーシューミックスワンタン麺

 

支那そば たなか

 

阿佐ヶ谷北の閑静な住宅街にひっそりと佇む「支那そば たなか」。

以前は阿佐ヶ谷駅南口方面にありましたが、2017年に東口から北東に徒歩7分ほど現在の場所に移転しました。

 

店内はL字型カウンター5席のみと、以前と比べると小さめ。

店主さんが調理から洗い物、片付け、会計まで全て一人で行っています。
 

支那そば たなか
「チャーシューミックスワンタン麺(1,300円)」: Retty

 

まずはスープから。

一口目から押し寄せる濃厚な旨味は、醤油ベースに魚介乾物や動物系の脂がバランス良く配合されています。

軽くとろみがあり、こってりながらも後味はスッキリとした味わい。

 

チャーシューは、厚目のジューシーなお肉がこれでもかというぐらい乗っていて迫力満点!

 

大判なワンタンは注文してから包んでくれて、海老ワンタンと肉ワンタンの2種類を贅沢にトッピング。

いざ頬張れば、丁寧に下味が付けられたお肉と海老の餡がそれぞれたっぷり入っていてたまらない美味しさです。

 

 

そして、麺は弾力のある細麺で、濃い目のスープに非常によく合います。

具もどっさりでボリュームがあるのに、箸が止まらない美味しさですよ!
 

隠れ家的な絶品ラーメンは、リニューアル前よりさらに旨味がパワーアップしています。
 

支那そば たなか(阿佐ヶ谷)


住所 : 東京都杉並区阿佐谷北5-18-7

マップ : Googleマップ

アクセス : 阿佐ケ谷駅から483m

電話番号 : 03-6684-5599

営業時間 : 18:30~20:30

予算 : 1,000~2,000円

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

3. 「らーめん いろはや」の懐しいのに新しい、THE中華そばの醤油ラーメン

 

 

阿佐ヶ谷駅から徒歩15分と駅から距離があるにも関わらず、客足の絶えない人気店「らーめん いろはや」。

阿佐ヶ谷北交番と消防署の、早稲田通りを挟んだ反対側にお店があるので、阿佐ヶ谷駅から向かう場合はそれらを目印に向かうとわかりやすいです。

 

店主ひとりで切り盛りしているお店は、カウンター席8席のみのこじんまりとした規模感です。

 

阿佐ヶ谷 ラーメン いろはや
「らーめん(700円)」: Retty

 

飾り気のないシンプルで落ち着いた外観や内装と同じく、メニューも至ってシンプル。

提供麺類は「らーめん」と「つけめん」の2種類のみで、それぞれ味玉付きやチャーシューのせ、大サイズなどを含めても6種類でおさまります。

 

初来店の場合は「らーめん」700円(税込)をまずどうぞ。

 

"THE中華そば"といえる見た目のらーめんは、その味もどこか懐かしさを感じる優しいテイストの正統派醤油味です。

シンプルな醤油味ながらその完成度は高く、動物系の中に感じるほのかな魚介出汁の酸味と甘み、鶏油、そして醤油のバランスが秀逸です。

 

阿佐ヶ谷 ラーメン いろはや
「チャーシューめん(900円)」+「味玉(80円)」: Retty

 

醤油ラーメンというとちぢれ麺が多いですが、いろはやの麺は自家製麺の中細ストレート麺です。

つるつるとした滑らかな食感とふわっとした舌ざわりと合わせて、適度なコシも感じられます。

 

なお、こちらは麺固めのオーダーはおすすめしてません。

というのも、スープに合う絶妙な太さ、粉の配合、水分量を研究した麺のため、麺固め提供となると生茹でになってしまってバランスが崩れてしまうのだそう。

 

いろはやを訪れたら、店主が自信をもって届ける、スープにあったベストな状態の麺を味わいましょう。

 

阿佐ヶ谷 ラーメン いろはや
「味玉つけめん(830円)」: Retty

 

もうひとつのメニューである「つけめん」750円(税込)も、「らーめん」同様にいい意味でクセがないのが魅力のひとつ。

どろどろ系やパンチのあるものとは違い、すっきりとさらりと食べられてしまうのに、何故だかリピートして食べにきてしまう美味しさです。

 

使用している麺とスープはらーめんと同じものですが、冷水で絞められた麺は弾力が増してつけ麺に合う仕上がりに。

スープもらーめんの時より濃いめに調整されている工夫がされています。

 

「近所にあったらついつい通ってしまう」と思わせる、ホッとする味わいのラーメンとつけ麺をぜひ一度食べてみてくださいね。

 

らーめん いろはや


住所 : 東京都杉並区阿佐ヶ谷北6-13-1

マップ : Googleマップ

アクセス : 阿佐ヶ谷駅北口より徒歩15分

電話番号 : 非公開

定休日 : 水曜日

営業時間 : 11:30~14:00/18:00~20:00

予算 : ~1,000円

禁煙・喫煙 : 全席禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

今回は阿佐ヶ谷の美味しいラーメン店をご紹介しました。

阿佐ヶ谷でラーメンが食べたくなった時の参考になれば幸いです♪

 

※合わせて読みたい:  阿佐ヶ谷のおすすめランチ11選!中華や和食、イタリアン、エスニックなどジャンル別に紹介♪


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(1426)
北海道・東北(80)
  北海道(33)
  青森(6)
  岩手(9)
  宮城(13)
  秋田(7)
  山形(4)
  福島(8)
関東(897)
  埼玉(24)
  千葉(32)
  東京(725)
  神奈川(88)
  茨城(5)
  栃木(12)
  群馬(6)
  山梨(5)
信越・北陸・東海(99)
  長野(8)
  新潟(8)
  富山(5)
  石川(11)
  福井(4)
  岐阜(6)
  静岡(17)
  愛知(33)
  三重(7)
近畿(205)
  滋賀(7)
  京都(47)
  大阪(101)
  兵庫(37)
  奈良(8)
  和歌山(5)
中国・四国(37)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(9)
  広島(11)
  山口(4)
  徳島(2)
  香川(2)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(70)
  福岡(31)
  佐賀(5)
  長崎(3)
  熊本(7)
  大分(6)
  宮崎(7)
  鹿児島(7)
  沖縄(4)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(4)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(4)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(3)
中南米(1)


レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(1163)
ディナー/夕食/夜ご飯(1054)
レストラン(663)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(339)
カフェ/喫茶店(513)
スイーツ(292)
ファーストフード(317)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(106)
ぼっち飯/ソロ飯(967)
ファミリー(970)
デート(1034)
女子会(835)
記念日/誕生日(284)
夜景/絶景(94)
ヘルシー/オーガニック(131)
安い/格安/リーズナブル(1065)
接待/会食/ビジネス(295)
行列の出来る人気店(263)
ホテルレストラン(37)
ミシュラン/ビブグルマン(12)
合コン/コンパ(16)
モーニング/朝食/朝ごはん(48)
テイクアウト/宅配/デリバリー(131)
シーシャバー/カフェ(25)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(38)
お手軽レシピ(75)
ダイエットレシピ(5)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(38)
世界の料理/食事(40)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(112)
百貨店/名店(47)
通販(55)
お酒/アルコール(17)
料理雑貨(8)
歴史/豆知識(119)
種類まとめ(31)
プレゼント/ギフト(52)

料理ジャンル

和食(188)
洋食(92)
中華/餃子/小籠包(69)
イタリアン(82)
フレンチ(28)
エスニック(43)
焼肉/肉料理(96)
海鮮/寿司(89)
ラーメン/つけ麺/油そば(175)

SNS系

動画(TikTok/Youtube)で話題(7)
SNS(Instagram/Twitter)で話題(47)
バズりグルメ/映えグルメ(11)

人気記事ランキング