logo

top > 東南アジア > ベトナム

ベトナム料理の人気おすすめメニュー14選!




スパイシーなのにヘルシーで美味しいと近年注目を集めているベトナム料理。
野菜たっぷりのバインミーのように手軽に食べられる料理から、コムスンといったお肉を使ったスパイシーな料理までその種類は様々。

本記事では、現地で人気の料理や日本人の舌に合うメニューなど、おすすめのベトナム料理をご紹介します。
ベトナム旅行やベトナム料理店に行った時に、ぜひ食べてみてくださいね。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】ベトナム料理の人気おすすめメニュー14選!

 

ベトナム料理の歴史と特徴

<ベトナムの軽食>

バインミー(Bánh mì)

ゴイクン(Gỏi cuốn)

バインセオ(Bánh xèo)

<ベトナムの麺料理>

フォー(Phở)

ブンチャー(Bún chả)

フーティウ(Hủ Tiếu)

<ベトナムの肉料理>

コムガー(Cơm gà)

コムスン(Cơm Sườn)

牛肉のロット(葡萄)の葉包み焼き(Bò Lá Lốt)

<ベトナムのシーフード料理>

トムハップヌックズア(Tôm hấp nước dừa)

ムール貝の葱油のせ焼き(Bướm Tiên nướng mỡ hành)

チャーカーラボン(Chả cá Lã Vọng)

<ベトナムのデザート>

チェー(Chè)

バインフラン(Bánh Flan)

 

 

ベトナム料理の歴史と特徴

 

image_vietnamdish

 

東南アジアに位置するベトナムは、中国、カンボジア、ラオスに隣接しており、昔からこれらの近隣諸国の影響を受けながら発展してきました。

現在では近隣諸国に加え、植民地時代のフランスの文化の影響も大きく受けています。

 

ベトナムは農業が盛んなため、野菜を使う料理が多いのが特徴です。

かつては貧しかったため野菜を中心とした質素な食事が多かったのですが、最近は目覚ましい経済発展の影響もあり、手に入る食材が増えたため、料理の種類も豊富になりました。

今では、東南アジア独特のスパイシーな要素と中華料理の調理方法、そしてフランスの食文化が融合した独自の食文化で世界中の多くの人を魅了しています。

 

ベトナム料理は米を使った料理が多く、米粉を使った麺や生地などが主流です。

スパイスや香草をふんだんに使った、甘辛い味付けが特徴で旨味たっぷり。

「旨味」を大切にしてきた私たち日本人の舌にも合います。

 

スパイスを使った甘辛い料理が多い点ではタイ料理と似ているようですが、決定的に違うのはタイ料理に比べて辛いものが少ないことです。

辛くない料理も多いため、辛いものが苦手な人も安心して美味しくいただけます。

 

美味しさも食べやすさも兼ね備えた味が、日本で人気が出ている理由の一つです。

 

 

<ベトナムの軽食>

 

ベトナムでは、スナック感覚で手軽に食べられる料理が数多く存在します。

この軽食が最近日本でも注目され、専門店も出店し始めています。

 

しっかりとエスニック感を感じられますがクセが少ないため、ベトナム料理にあまり馴染みのない方は、この軽食メニューから挑戦してみると良いでしょう♪

 

バインミー(Bánh mì)

 

 

たっぷりの野菜や香草と共にお肉のパテをパンに挟んだベトナムのサンドイッチ。

お肉と野菜、パンの香りが一気に楽しめるのと同時に、魚醤や香草などがエスニック感を演出してくれてとっても美味しいと大人気のメニューです。

 

パンを食べるフランスの食文化が影響して生まれたメニューで、ベトナムではファストフードとして親しまれています。

日本でもここ数年で一気に人気が広がり、都市部ではバインミー専門店もできるほど。

一度食べたら病みつきになる美味しさです。

 

ゴイクン(Gỏi cuốn)

 

image_goicuon

 

ベトナム料理の中でも人気の生春巻き。

ベトナムでは屋台で出されることが多く、おやつ感覚で食べるものとして知られています。

 

海老や豚肉、野菜、ビーフンなどを皮に巻いて食べます。

一度に多くの食材が食べられてヘルシーなうえ、それぞれの食材のまとまりが良く旨味たっぷりで美味しいのも人気の理由です。

 

皮は米粉を使っているためとってもモチモチした食感で、これがクセになります!

特に皮の食感とビーフンや海老のプリっとした食感が最高です。

 

美味しい上に比較的簡単に作れるので、お店で食べるだけでなく自宅で作って食べるのもオススメですよ♪

 

バインセオ(Bánh xèo)

 

image_banhxeo

 

バインセオとは、ベトナム風のお好み焼きのことです。

ベトナムでは主に南部地方で食べられています。

 

米粉とココナッツミルクをベースにした生地にターメリックを入れた黄色い生地に、好きな野菜やお肉などの具材を入れて包んだ料理です。

比較的簡単に作れる上にアレンジの幅が広く、自分好みの味にできることから家庭料理としてもメジャーになっています。

 

野菜を中心とした多くの食材を一度に食べられてヘルシーなだけでなく、エスニック感もしっかり感じられるお手軽に食べられるベトナム料理です。

 

 


<ベトナムの麺料理>

 

ベトナムの麺料理はほとんどが米粉を使ったもの。

私たちが普段口にするうどんやラーメンとは食感や風味が違います。

 

米粉麺の風味や食感の違いを感じながら、それぞれのお料理の味や具材の種類の特徴や違いも楽しみながら食べ比べてみてください♪

 

フォー(Phở)

 

image_pho

 

ベトナム料理の代表格のフォーは、水と米粉を使って作った少し平たい麺を使っています。

ベトナムでは北部を中心に食べられている料理です。

 

牛肉や豚肉、鶏肉の他野菜だけなど中に入れる具材は様々。

あっさりとしたスープで、具材の味を感じやすいのが特徴です。

 

比較的シンプルな味付けで、ふわっと上品に香る食材の旨味とつるんとした食感の麺との相性が抜群!

エスニックにあまり親しみがない人でも美味しくいただけます。

また、あまり食欲がない時もするすると食べられますよ。

 

ベトナムの麺料理の中ではクセが少なく、初心者でも食べやすいメニューです。

 

ブンチャー(Bún chả)

 

image_buncha

 

ベトナムのつけ麺として親しまれているブンチャー。

フォーとは対照的に甘辛くてスパイシーな味付けです。

細麺でつけだれに絡みやすく、ボリューム満点!つけだれにはたけのこなどいろいろ具材が入っています。

 

麺とつけだれ以外に野菜やスープ、調味料が付いてきます。

お好みで付け合わせの調味料や野菜をつけだれに加えたり、また野菜は麺と一緒に具材として食べたりとアレンジが効くのも魅力的。

色々な組み合わせで味の変化を楽しめますよ♪

 

フーティウ(Hủ Tiếu)

 

 

ベトナム南部を中心に食べられている、豚骨ベースのスープに細い米粉の乾麺を使った麺料理です。

隣接するカンボジアから伝わったとされています。

 

ベトナムの麺料理と言えば日本を含む海外の観光客にはフォーが知れ渡っていますが、現地ではこのフーティウが広く親しまれています。

乾麺を使っているため、他の米粉を使った麺に比べて、しっかりとしたコシがある食感が特徴です。

 

具材は海老やイカなどの魚介類から豚や牛など、その種類は様々。

気分によって具材を選ぶことができるため、味の違いも楽しめます。

 

 

<ベトナムの肉料理>

 

お肉料理は日本同様、牛や豚、鶏を使ったものが主流です。

スパイシーで旨味たっぷりのものが多く、一度食べたら病みつきになるお料理がほとんどです。

 

日本人の舌にも合うので、ぜひ一度食べてみてくださいね。

 

コムガー(Cơm gà)

 

image_comga

 

コムガーとはベトナムの鶏の炊き込みご飯のことで、中華料理の海南鶏飯やタイ料理のカオマンガイと近い料理ですが、地域やお店によって作り方や見た目は様々です。

 

作り方は鶏の出汁で炊いたご飯と鶏肉を一緒に食べるという、シンプルな調理法。

鶏の出汁を使うことで、鶏肉の旨味がギュっと凝縮されてより美味しく仕上がります。

 

スパイシーな甘辛ソースと一緒に食べることで旨味が増し、どんどん箸が進みます。

旨味たっぷりで満足感たっぷりなのに、ヘルシーなのが嬉しいですね。

 

ガッツリ食べたいけれど健康面も気になる…という方におすすめのメニューです。

 

コムスン(Cơm Sườn)

 

image_comsuon

 

豚バラ肉を焼いたスパイシーなお料理。

醤油ベースの甘辛だれが日本人の舌によく合います。

 

食欲をそそる肉感たっぷりのジャンキーな印象の味ですが、旨味たっぷりなので全く飽きず、むしろ病みつきになってしまうほど。

 

旨味が詰まったスパイシーな豚バラ肉は、ご飯との相性抜群!

お箸が進み、あっという間に食べ終わってしまいます。

日本の焼肉やBBQに近い感覚です。

 

ベトナム料理というカテゴリーではあまり知名度は高くありませんが、一度食べるとリピーターになる人が続出するお料理です。

 

牛肉のロット(葡萄)の葉包み焼き(Bò Lá Lốt)

 

image_bolalot

 

牛肉をロット(葡萄)の葉で包んで焼き、その上にピーナッツを乗せて葱油をかけて風味付けをしたベトナムの定番メニュー。

日本人にはあまり馴染みがありませんが、現地では高級レストランから町の食堂まで幅広いお店で見られるメジャーな料理です。

 

見た目が真っ黒なので最初は驚きますが、食べると様々な旨味が混ざり合ったジューシーで奥深い味わいです。

特にピーナッツと葱油の香りが牛の旨味を引き出し、そして爽やかな後味に仕上げています。

 

想像よりも軽く食べられるお料理なので、一品として食べるのがおすすめです。

 

 


<ベトナムのシーフード料理>

 

ベトナムは海に面している箇所が多く漁業が盛んで、美味しい魚介類が手に入りやすい環境です。

そのため、ベトナムには多くのシーフードを使った料理が多く存在します。

 

魚介の旨味がギュっと詰まった、新鮮な海鮮料理を堪能してください♪

 

トムハップヌックズア(Tôm hấp nước dừa)

 

image_tomhapnuocdua

 

ココナッツミルクで蒸した海老がたくさんお皿にかかっている、海老好きのための料理。

日本ではあまり見かけませんが、ベトナムではメジャーです。

 

海老をココナッツミルクで蒸すことにより、海老の甘みが際立ちます。

「海老ってこんなに甘くておいしいの!?」と驚く人も多いそう。

 

海老そのものの美味しさを楽しめるだけでなく、見た目の華やかさもポイント。

とっても綺麗で、思わず写真に撮りたくなりますね。

 

日本で取り扱っているお店はあまりないので、現地で食べるかレシピを検索して自宅で作ってみるのがおすすめです。

海老好きの人には絶対に食べてほしい料理です。

 

ムール貝の葱油のせ焼き(Bướm Tiên nướng mỡ hành)

 

image_buomtiennuongmohanh

 

焼いたムール貝にニンニクと葱油をかけた、パンチのある一品。

ムール貝の強い旨味とニンニクのパンチ力のバランスがとても良く、濃いけれどついつい手を伸ばして食べたくなる味です。

 

葱油の風味が貝とニンニクの旨味を引き出し、よりスパイシーに仕上げています。

この葱油のアクセントが絶妙です。

 

噛むほどにムール貝の旨味が口の中に広がる感覚がたまりません。

パンチのある一品料理としておすすめです。

 

チャーカーラボン(Chả cá Lã Vọng)

 

 

白身魚を炭火で焼き、その後にネギなどが入った油で揚げるベトナム北部の料理。

炭火で焼くことで臭みが消え、炭火と魚の良い香りが立ちます。

 

油で揚げることでカリっと香ばしく、そしてネギや香草の香りで爽やかなに仕上がりに。

魚の旨味たっぷりなのに想像よりも軽く、たくさん食べたくなる一品です。

 

香草や魚醤でエスニック感も感じられるので、ベトナム料理の世界観をたっぷり味わいたい人におすすめのメニューです。

 

 

<ベトナムのデザート>

 

爽やかでサッパリとした中にもどこか独特の風味があり、他では食べられないとハマる人も多いベトナムスイーツ。

現地やベトナム料理店に行った時、〆に食べたい現地のデザートをご紹介します。

 

チェー(Chè)

 

image_che

 

ベトナムのスイーツと言ったら真っ先に出てくるのがチェー。

甘く煮た芋や豆、寒天や果物などを組み合わせて食べるデザートで、温かいものと冷たいものがあります。

 

温かいものは日本のぜんざいのような感覚です。

ベースはココナッツミルクが多く、具材は様々。専門店に行くと、色々な組み合わせでカスタマイズできますよ。

 

どれを選べば良いか迷うという方は、まずは白玉や小豆などぜんざいに近い具材を選んでみると間違いないでしょう。

慣れ親しんだ安心感と、ココナッツミルクのトロピカルな風味が絶妙です。

 

バインフラン(Bánh Flan)

 

image_banhflan

 

バインフランとはベトナムのプリンのことです。

一見すると私たちがよく食べるプリンと同じですが、味や食感は全く違います。

 

材料は牛乳や砂糖を一切使わず、たまごと練乳と水のみで作っています。

そのため、シンプルで素朴な味ですが、たまごと練乳の風味がとっても濃厚でとろけるような食感が特徴的。

場所によっては、プリンの上に砕いた氷を乗せて食べることもあります。

 

このプリンが本当に美味しいと、若者を中心に人気が出ています。

お店で巡り合えた時は、ぜひ食べてみてください。

 

 

ベトナムは様々な文化が入り混じっているため、食文化も独特。

様々な国の良いところを取り入れ、独自の美味しい料理をたくさん生み出しています。

 

地理的にも日本と近く、また旨味が強いメニューが多いことから、抵抗なく美味しく食べられるものが多いのも特徴です。

最近ではテイクアウトを実施しているお店も多く、手軽に利用できるので、ぜひ気になるメニューに挑戦してみてください。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(988)
北海道・東北(29)
  北海道(12)
  岩手(5)
  宮城(8)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(718)
  埼玉(15)
  千葉(18)
  東京(600)
  神奈川(67)
  茨城(5)
  栃木(6)
  群馬(5)
  山梨(2)
甲信越・北陸・東海(36)
  長野(2)
  新潟(2)
  富山(1)
  石川(3)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(3)
  愛知(20)
  三重(1)
近畿(128)
  滋賀(3)
  京都(26)
  大阪(70)
  兵庫(23)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(19)
  岡山(4)
  広島(9)
  徳島(2)
  香川(1)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(35)
  福岡(24)
  佐賀(1)
  長崎(3)
  熊本(3)
  大分(1)
  宮崎(1)
  鹿児島(1)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(2)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(2)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(864)
ディナー/夕食/夜ご飯(798)
レストラン(524)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(265)
カフェ/喫茶店(423)
スイーツ(211)
ファーストフード(290)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(97)
ぼっち飯/ソロ飯(731)
ファミリー(771)
デート(789)
女子会(669)
記念日/誕生日(250)
夜景/絶景(75)
ヘルシー/オーガニック(120)
安い/格安/リーズナブル(745)
接待/会食/ビジネス(250)
行列の出来る人気店(64)
ホテルレストラン(14)
ミシュラン/ビブグルマン(7)
合コン/コンパ(14)
モーニング/朝食/朝ごはん(17)
テイクアウト/宅配/デリバリー(85)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(21)
お手軽レシピ(34)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(18)
世界の料理/食事(25)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(53)
百貨店/名店(34)
通販(27)
お酒/アルコール(7)
料理雑貨(6)
歴史/豆知識(45)
種類まとめ(19)
プレゼント/ギフト(27)

料理ジャンル

和食(75)
洋食(46)
中華/餃子/小籠包(23)
イタリアン(28)
フレンチ(8)
エスニック(22)
焼肉/肉料理(42)
海鮮/寿司(19)
ラーメン/つけ麺/油そば(137)

人気記事ランキング