logo

top > 南アジア・インド・ネパール > ネパール

おすすめのネパール料理23選!ネパール旅行で味わいたい絶品グルメを紹介




ネパールと聞いて思い浮かべる料理は、スパイシーなカレーやナンという方が多いのではないでしょうか。

日本ではインド・ネパール料理店はあっても、ネパール料理専門店は数が少ないです。
そのため、スパイシーな味付けというイメージが強いネパール料理ですが、実は本来は日本人の口にも良く合う丁度良い辛さの料理が多いんですよ。

今回は現地で味わってほしいおすすめのネパール料理をサラダ、スープ・カレー、肉料理、主食、軽食、デザートに分けてご紹介します。
これからネパール観光や旅行に行くという方は必見です。

【目次】おすすめのネパール料理23選!ネパール旅行で味わいたい絶品グルメを紹介

 

1ページ目 :

 

<ネパールのおすすめサラダ>

1. アル・アチャール(Aluachaar)

2. チュカウニ(Chukauni)

3. パドマスサデコ(Batmas Sa Deco)

<ネパールのおすすめスープ・カレー料理>

1. ギャコック(Gyakok)

2. アルタマ(Altama)

3. ダル(dal)

<ネパールのおすすめ肉料理>

1. セクワ(sekuwa)

2. バフチリ(Buffalo chili)

3. チョエラ(Choela)

<ネパールのおすすめ主食>

1. ダルバート(dalbhat)

2. ブテコバット(Butcobat)

3. チャウミン(Thowmin)

4. トゥクパ(Thukpa)

5. アルプラタ(Aloo Paratha)

 

2ページ目 :

 

<ネパールのおすすめ軽食(カジャ)>

1. アルタレコ(Arutareko)

2. シャバレ(Syabhale)

3. バラ(Bara)

4. モモ(Momo)

5. チャタモリ(Chatamari)

<ネパールのおすすめスイーツ>

1. ズーズーダウ(Jujudhau)

2. シーカルニ(Shīkaruni)

3. セルロティ(selroti)

4. ジャレビ(Jeri)

 

 


<ネパールのおすすめサラダ>

 

ベジタリアンの方が多いネパールでは、野菜を使った料理が中心です。

そのため、サラダの種類が多いというよりは、ジャガイモやブロッコリー、トマトやパプリカなどの野菜をスパイシーな味付けにして、おかずとして食べていることがほとんど。

こちらで紹介するネパールのサラダも、おかずとして食べても美味しいものばかりなんです。

 

1. アル・アチャール(Aluachaar)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by カリーナキッチン (@karina_kitchen_) on

 

角切りにしてほっくりと茹でたジャガイモとキュウリに、胡麻やクミン、ターメリックといったスパイスを混ぜ合わせたアル・アチャール。

カレー風味のポテトサラダのような味わいで、ネパールではサラダとしてだけでなく、おかずとして食べたり、おやつとして食べられています。

 

カラメルのような甘い風味が特徴のスパイス、フェヌグリークシードを炒めて風味付けした油がアルアチャールの美味しさの秘訣。

フェヌグリークシードはそのままだと強い苦みがありますが、じっくり火を通すことで、苦みが和らいで料理の良いアクセントになってくれています。

 

「アル」とはネパール語でジャガイモ、「アチャール」は漬物という意味。

ジャガイモをよく食べるネパールの代表的な一品であり、下記でおすすめするネパールの家庭料理こと「ダル・バート」の付け合わせとしてもよく登場します。

他にも大根を使った「ムラ・アチャール」や、青いマンゴーをつかったものなど色々種類があるので、ネパールに足を運んだ際には是非いろいろと試してみてください。

ちなみに、日本のネパール料理店ではオードソックスで食べやすい「アル・アチャール」と「ムラ・アチャール」が出されることが多いですよ。

 

2. チュカウニ(Chukauni)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Piya (@bimalapiya) on

 

ヨーグルトとジャガイモ、そしてスパイスという、日本ではあまり見かけない組み合わせの「チュカウニ」。

ヨーグルトのさっぱり感とジャガイモのまろやかさが丁度良い口休めになるため、カレーやビリヤニなどの付け合わせにもぴったりです。

ジャガイモがたっぷり入ってボリュームもあるので軽食としても親しまれています。

 

そのまま食べても美味しいですが、スパイスのクセが強いものを頼んでしまった時など、こちらのチュカウニを乗せて一緒に食べるとマイルドになって食べやすく、かつ美味しくなります。

料理にスパイスをたっぷり使うネパールでは、頼んで損のないサラダです。

 

3. パドマスサデコ(Batmas Sa Deco)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 藤井21 (@fujii_21) on

 

香ばしく炒った大豆をにんにくやパプリカ、きゅうり、唐辛子などと一緒にマリネしたこちらの料理。

大豆のカリカリとした食感と香ばしさとさっぱりとした野菜の風味、そしてにんにくと唐辛子の食欲を誘う組み合わせはそのままつまんでも美味しいですが、アルコールとの相性抜群です。

 

ちなみに「パドマス」は大豆、「サデコ」は和えた、という意味。

酸味のあるドレッシングで和えてあるので、一度食べ始めるとついつい手が止まらなくなってしまいますよ。

 

 

<ネパールのおすすめスープ・カレー料理>

 

ネパールというと、インドと同じくカレー料理の印象が強いですよね。

日本にもあるネパール料理店では、インド風のカレーを出しているお店も多いと思います。

しかし、どちらかと言えば本場ネパールでのカレー味の料理は、「タルカリ」と呼ばれるダルバート(主食)のおかずであることがほとんど。

インド系カレーではなく、「カレー味のおかず」や「カレー味の主食・軽食」がネパール料理の基本です。

 

1. ギャコック(Gyakok)

 

ギャコック
Photo credit:  shinyai  on  VisualHunt.com  /  CC BY-SA

 

ギャコックは、もともとチベットの宮廷で食べられていた鍋料理です。

野菜と肉、春雨や卵などをたっぷりと入れて作るギャコックの味付けは、数種類のハーブと岩塩とシンプルで、飽きのこない味わい。

イメージとしては日本で言う寄せ鍋に近いでしょうか。

 

とろとろになるまで煮込まれた肉や、ほっくり美味しい野菜はいくらでも食べれてしまいそうなほどの美味しさです。

スパイスもあまり効いていなため、現地でスパイス疲れを感じた時にはギャコックがおすすめです。

 

2. アルタマ(Altama)

 

 

ネパールの一般的な家庭料理の1つであるアルタマ。

サラサラ系のスープカレーにも似ているルーの中には、たっぷりと発酵タケノコやジャガイモ、豆などが入っています。

 

日本ではあまりカレーにタケノコは入れませんが、タイの人気料理であるグリーンカレーなどには必ずタケノコが入っていますよね。

それと同じく、発酵タケノコのシャクシャクとした歯触りと、程よい酸味はカレーとの相性抜群。

ネパールに来たときには、是非一度食べてみてほしいポピュラーな料理です。

 

3. ダル(dal)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Tetsuya Matsukane (@jammytetsu) on

 

ネパールでは付け合わせのアチャール(漬物)とおかずのタルカリ、こちらのダル、そしてバート(ご飯)がワンプレートでセットになった「ダルバート」という食事が一般的。

ダルはレンズ豆やひよこ豆、ウラド豆などをたっぷり入れた豆のスープで、カレー風味なため日本では豆のカレーとも呼ばれています。

 

実は現地ネパールでは、カレーというよりは豆のスープやポタージュのような立ち位置なんです。

数種類の豆の味わいを楽しめるダルはそのままスープとして味わっても良いですが、ご飯にかけていただくとより美味しいですよ。

 

 


<ネパールのおすすめ肉料理>

 

ネパールの肉料理は柔らかさよりも歯ごたえ重視。

硬すぎるというわけではなくり程よい歯ごたえで、香りのよいスパイスがたっぷりふりかけられた肉料理は、なんだかクセになってしまう美味しさです。

 

1. セクワ(sekuwa)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by EMI Nepal (エミネパール) (@emi.nepal) on

 

鶏肉や羊肉、水牛などの肉を調味料に漬け込み、炭で香ばしく炙り焼きにしたネパールのスパイシーな串焼き肉であるセクワ。

ガラムマサラや唐辛子、にんにくなどが入った調味料を使っているので、ついついご飯とアルコールが進んでしまう美味しさです。

 

炭でじっくり炙られているセクワは外はカリカリ、中はふんわりジューシーで是非ネパールで味わってほしい料理の1つ。

特に日本ではなかなか食べられない水牛のセクワは必見です。

 

2. バフチリ(Buffalo chili)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by じょーい(インド料理垢) (@joey.tandoori) on

 

水牛の干し肉を使ったピリ辛の酢豚風炒めことバフチリ。

下味をつけて乾燥させることで、肉の美味しさがぎゅっと詰まった干し肉は、噛めば噛むほどその旨味が口いっぱいに広がります。

とろみをつけられたスパイシーな餡も具材と良く絡んでくれて、辛めの物が好きな方なら間違いなしな一品。

 

他にも鶏肉のチキンチリや、羊のマトンチリなど種類豊富なメニューもあります。

干し肉のクセが心配な方は、最初は食べやすいチキンチリから試してみるのがおすすめです。

 

3. チョエラ(Choela)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by BASA (@kitamu_curman) on

 

チョエラは水牛や鶏、羊、豚、などの肉をたっぷりのスパイスで和えた料理です。

スパイスでマリネしてから焼き上げるため、肉にスパイスの風味や旨味、辛味などがよくしみ込んでいて絶品です。

 

作るのに少々手間暇がかかるので、ネパールではお祝いやお祭りの時によく食べられる人気メニューになります。

複雑なスパイスの味わいと香ばしい肉の組み合わせは、セクワとはまた違った美味しさですよ。

 

 

<ネパールのおすすめ主食>

 

ネパール米やジャガイモ、豆、麺類などを使ったネパールの主食は、軽食や肉料理と比べると辛さ控えめなのがポイント。

一般的なダルバートも、スパイシーなのは付け合わせの漬物やおかずだけなんですよ。

中国の影響も受けているためどこか懐かしい味わいのものも多く、日本人の口に良く合う料理がたくさんあります。

 

1. ダルバート(dalbhat)

 

ダルバート

 

ネパールで毎日食べられている定食がダルバートです。

最近では日本にもネパール料理専門店が数を増やしつつあるので、「ダルバート」という文字を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ダル(豆のスープ)とバート(米飯)が必ずセットになっていて、そこに付け合わせとして野菜の漬物(アチャール)、おかずとして肉や野菜を煮込んだタルカリがついてきます。

1日2食、合間に軽くおやつを食べるという食生活がスタンダードなネパールでは、朝と夜はどちらもダルバートを食べるという方もたくさんいます。

 

一見同じに見えるかもしれませんが、ネパールのアチャールやタルカリはとても種類が多く、スパイスの種類も豊富なので飽きることがありません。

また、まろやかなダルと一緒に食べることで、少し付け合わせが辛いなと思っても美味しくいただけますよ。

街の定食屋さんはもちろん、レストランにも必ずメニューがあるため、ネパールに来たら一度は食べておきたい代表的な料理です。

 

2. ブテコバット(Butcobat)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by RYO (@ryo_nishi3) on

 

ネパール風のチャーハン、もしくは焼き飯がこちらのブテコバット。

たっぷりの油で炒めるため、「フライドライス」とも呼ばれることがあります。

ぱらっとした食感のネパール米は、ジャポニカ米と比べると粘りけが少ない品種。

そのため、油で炒めるチャーハンや、カレーのような汁ものとよく合うんです。

 

また、ブテコバットの具材はニンジンやグリンピース、肉類などで、スパイスは塩コショウだけのシンプルな味わいであることが多いのも嬉しいポイント。

スパイスをあまり使わない、大人しい味のものが食べたくなった時に試してみてください。

 

3. チャウミン(Thowmin)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @etukobanana on

 

たまねぎやキノコ、パプリカや鶏肉などが入ったチャウミンは日本の焼きそばにも似ているカレー焼きそばです。

お店によってスパイスの配合がことなり、いろいろな味を楽しめるのが魅力。

基本的に辛さは控えめなので、辛いものが得意でない方も安心して食べられる初心者向けのメニューです(お店によってはしっかり唐辛子が入っていて辛いです)。

 

4. トゥクパ(Thukpa)

 

トゥクパ
Photo credit:  Ashwin Kumar  on  Visualhunt  /  CC BY-SA

 

遠い昔に中国からネパールに伝わったとされているトゥクパ。

小麦粉が貴重なネパールでは晴れの日に食べる特別な料理で、レストランのメニューにはほぼ必ずトゥクパが乗せられているほど人気があります。

もちもちでコシがある麺と、チキンと野菜ベースで煮込まれた塩味のスープはどこか日本のうどんを思わせる優しい味わい。

お店によってオリジナルのレシピがあり、スープの味わいや上に乗せる具が違います。

 

トマトやほうれん草、玉ねぎなどの具材もたっぷり入っており、見た目はちゃんぽんや五目煮込みうどんにも似ています。

こちらもチャウミンと同じく、ネパール料理初心者の方におすすめな一品です。

 

5. アルプラタ(Aloo Paratha)

 

アルプラタ
Photo credit:  sankarshan  on  Visualhunt.com  /  CC BY-SA

 

軽食としてよく食べられているロティ(クレープのような全粒粉の無発酵パン)に、つぶしたジャガイモを挟んで揚げ焼きしたポテトサンドをアルプラタと言います。

塩味が付いているのでそのまま食べれますが、ソース状にしたピリ辛のアチャールをすこしつけたり、野菜などを挟んでたべるのもおすすめです。

 

ジャガイモが入っているため、もっちりとしていてしっかりお腹にたまりますよ。

シンプルながら美味しく、どんなお店でも頼めるメニューなので、こちらもスパイスに疲れた時などにどうぞ。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(453)
北海道・東北(17)
  北海道(7)
  岩手(1)
  宮城(5)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(358)
  埼玉(6)
  千葉(11)
  東京(300)
  神奈川(29)
  茨城(4)
  栃木(5)
  群馬(2)
  山梨(1)
甲信越・北陸・東海(14)
  長野(1)
  新潟(1)
  石川(2)
  静岡(2)
  愛知(8)
近畿(49)
  滋賀(1)
  京都(9)
  大阪(24)
  兵庫(11)
  奈良(3)
  和歌山(1)
中国・四国(7)
  岡山(4)
  広島(3)
九州・沖縄(7)
  福岡(6)
  長崎(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(1)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ、昼食(433)
ディナー、夕食、夜ご飯(406)
レストラン(287)
居酒屋、個室居酒屋、飲み会(142)
カフェ、喫茶店(234)
スイーツ(133)
ラーメン、つけ麺、油そば(96)
ファーストフード(184)
食べ放題、バイキング、ブッフェ(72)
ぼっち飯、ソロ飯(325)
ファミリー(383)
デート(418)
女子会(342)
記念日、誕生日(179)
夜景・絶景(59)
ヘルシー、オーガニック(99)
安い、格安、リーズナブル(365)
接待、会食、ビジネス(150)

レシピ・作り方・調理法

和食(6)
洋食(11)
洋菓子(9)
お手軽レシピ(18)
ダイエットレシピ(2)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(7)
世界の料理/食事(4)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産・名産品(33)
百貨店・名店(27)
通販(21)
お酒、アルコール(3)
料理雑貨(4)
歴史、豆知識(22)
種類まとめ(12)
プレゼント、ギフト(17)

人気記事ランキング