logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京 > 吉祥寺

吉祥寺のおすすめカレー11選!吉祥寺在住の筆者が吉祥寺の名店から穴場まで名物カレーを厳選




多くの人が愛し、日本の国民食にもなりつつあるカレー。
日本のカレーは今日も様々な進化を遂げており、そのブームは時代を超えても衰えることはありません。

東京都内に数多のカレー激戦区はあれど、実は吉祥寺はカレー天国と称されるほど様々な絶品カレーがひしめき合っている街です。

今回は吉祥寺在住の筆者が、ここに行けば必ず美味しいカレーが食べられるという吉祥寺の名店を厳選してご紹介します。

【目次】吉祥寺のおすすめカレー11選!吉祥寺在住の筆者が吉祥寺の名店から穴場まで名物カレーを厳選

 

<吉祥寺駅東口周辺のおすすめカレー>

1. ハモニカ横丁の名店「ピワン」の2種盛りカレー

2. 吉祥寺の超老舗「COFFEE HALL くぐつ草」の古き良きくぐつ草カレー

3. 「カレーハウスゴッド」のまるでかき氷!?真っ白山盛りチーズキーマカレー

4. その美味さに取材も行列も殺到する「モンタナ」の肉カリーつけ麺

5. 「アムリタ食堂」の本場タイの味がクセになるグリーンカレー

6. 吉祥寺カレーナンバーワン!「まめ蔵」のスペシャルカレー

7. 「カレー食堂 リトルスパイス」のキング・オブ・スパイシーなブラックカレー

8. 「Rojiura Curry SAMURAI 吉祥寺店」のスープカレー専門店の超豪華侍スペシャル

9. 「Sajilo Cafe(サジロカフェ )」の行列必至絶品もっちりナンとチキンカレー

<吉祥寺駅南口(公園口)周辺のおすすめカレー>

1. 「築地スパイス食堂かぶと」のスパイシーな辛さがたまらない鮪マサラカリー

2. 「カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館」のモンタナ仕込みのドライカレー 

 

 

 


<吉祥寺駅東口周辺のおすすめカレー>

 

road

 

JR吉祥寺駅の東口改札からエスカレーターで1階に降りると、目の前に都バスや武蔵野市を気軽に散策できる可愛らしい「ムーバス」が集う大きなバスロータリーが登場します。

その脇を通り抜けると、吉祥寺の玄関口であるアーケード商店街「サンロード」が登場します。

地域密着型の老舗や大型ショッピングモールなど多種多様なお店が並び、思わず目移りしてしまうほど。

吉祥寺の有名カレー店が最も多く並ぶエリアです。

 

1. ハモニカ横丁の名店「ピワン」の2種盛りカレー

 

JR吉祥寺駅東口目の前の平和通りを渡り、一歩小道に入ると広がる「ハモニカ横丁」。

和洋中以外にも様々な飲食店が軒を連ねる異国情緒溢れる横丁です。

色々な美味しいそうな匂いに惑わされながらも、独特のスパイスの良い香りと行列を発見!

 

shop

 

このオレンジ色のテントが目印の「ピワン 」。

目立つ看板も無いので、通り過ぎてしまうことしばしば。

 

店内は5席(立席が2つ座席3つ)で常に満席!

ランチや休日の混雑時は20〜30分待つこともあります。

狭い分、店員さんが二つのしゃもじでご飯を素早く盛り付ける姿や、カウンター台の下からニュッとカレーが出てきたりと、提供までの工程が見れるのがちょっと楽しいです。

 

curry

 

こちらのオススメは、左右に盛られた2種盛りカレー!

もちろん、1種類も大盛りも可能です♪

 

日本のカレーではなかなか堪能できない、ナッツや香辛料が絶妙なバランスで配合されているサラサラタイプのカレーです。

スパイスが驚くほど効いているのに辛さは控えめで、食べ進めているとスパイス効果のせいか身体がポカポカしてきます。

 

日によってアサリや海老などの魚介系や、柔らかく煮込まれたチキンなどお好みの具を選ぶことができます。

備え付けのナンプラー酢を適量入れてサッパリと味を変えられるのも楽しみ方の一つ。

 

そのクセになる美味しさから、カレー店には珍しく連日女性客も多く行列に並んでいるのを見かけます。

余談ですが「ピワン」の出口は入口と反対側にあり、からくり屋敷のような作りになっていて面白いので店内もチェックしてみてください♪

 

ピワン piwangの店舗情報

 

住所 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1−1−4 ハーモニカ横丁内

アクセス :吉祥寺北口の駅前の横断歩道を渡ったハーモニカ横町モルガン宝飾店と上海焼き小籠包の間の小道を10m進み、占い屋さんの向かいのオレンジのカーテン

電話番号 :非公開

定休日 : 水曜日+不定休

営業時間 :

12:00~15:30(L.O 15:00.)
18:00~20:30(L.O 20:00)

予算 : ¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 全面喫煙可

備考 : 小店のため、3名以上でいらっしゃる方はお断りしております。

公式URL : ピワン piwang

 

 


2. 吉祥寺の超老舗「COFFEE HALL くぐつ草」の古き良きくぐつ草カレー

 

吉祥寺駅からサンロードを吉祥通りに向かって5分ほど歩いていくと、突如現れる「COFFEE HALL くぐつ草」の看板。

その入口は異世界に繋がる洞窟に入っていくように、階段が地下へと続いています。

 

shop

 

上から覗くと深くて階段が急なので、すれ違う時は譲り合いを忘れずに。

店内はサンロードの喧騒から一転、広々とした時間を忘れそうなくらい静かな異空間が広がります。

 

一脚ずつ異なるデザインの木の椅子が並び、アンティークな独特の雰囲気。

昭和54年創業という老舗で、そのまま時が止まっているかのような吉祥寺でも老舗の喫茶店です。

 

 

オススメは創業当時からファンが絶えない「くぐつ草カレー」。

ライスの上にレーズンがのっており、ピクルス・紅生姜・らっきょの付け合わせと、昭和を思い起こさせる食材が使われています。

 

トロリとしたルウは、玉ねぎをじっくりと炒めた甘みがある欧風で、程よくスパイシーで食欲がすすむ美味しさ!

一度食べたら忘れられないと、長年通い続ける人が続出しています。

 

 

もう1つの名物、カレーの後のデザートに「濃厚レアチーズケーキ」はいかがでしょうか。

シンプルな銀色の舟型の入れ物がレトロ感抜群。

 

最近は置いてあるお店がめっきり少なくなってしまいましたが、こちらでは香り高い本格派なコーヒーをいつでも頂くことができます。

コーヒー通も思わず唸るオールドビーンズのストロングコーヒーと合わせて頂くのがおすすめ。

 

shop

 

強烈なインパクトのある「くぐつ草」というネーミングについて。

名前にある「くぐつ」というのはあやつり人形という意味で、その由来は伝統ある「江戸糸あやつり人形劇団結城座」が経営しています。

なるほど!そのため入り口の看板がパペットなのですね。

 

「くぐつ草」は古くから営業しているため、客層がお年寄りから10代後半のカップルまで幅広い世代に愛されています。

洞窟のような温かみのある空間で、美味しいカレーやコーヒーを頂いてめまぐるしい日常をリセットしてみてください。

 

COFFEE HALL くぐつ草の店舗情報

 

住所 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目7 武蔵野市吉祥寺本町1−7−7 島田ビル B1F

アクセス : 吉祥寺駅から徒歩4分 吉祥寺駅から186m

電話番号 : 0422-21-8473

定休日 : 無休

営業時間 : 10時00分~22時00分

予算 : ¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 全面喫煙可

予約サイト・口コミ・クーポン : ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

3. 「カレーハウスゴッド」のまるでかき氷!?真っ白山盛りチーズキーマカレー

 

サンロードを北に進み、五日市街道の信号を渡って少し進むと西友と大きな月窓寺が見えます。

その少し左手前にある「カレーハウスゴッド」。

 

shop

 

夜は「炭きち」という炭火焼肉屋さん、昼は「カレーハウスゴッド」で営業しており、時間限定の間借りカレー屋さんです。

間借りとは思えない本格な味がカレーファンの間で話題となり、吉祥寺の有名店の一つになっています。

 

 

エレベーターで3階に上がると、すぐに店員さんが出迎えてくれます。

店内はテーブル席のみ、夜は炭火焼きのお店のため各テーブルに排気ダクトが付いています。

 

curry

 

カレーは「欧風カレー」と「ドライキーマカレー」の2種がベースで、メニューには7種類ほどのカレーがあります。

オススメは見た目からしてびっくりの「チーズキーマカレー」。

これでもかと山盛りのチーズがインパクト大で、なんとお皿がチーズに埋もれています。

 

ルウはしっとりとしていて、スパイス感はありますが辛さは控えめ。

たっぷりのミートは程よい食感で、味が染みていてマイルドな味わいです。

 

さらに、チーズの下に隠れている半熟卵と崩して頂くと口の中が幸せで溢れます。

付け合わせのマッシュポテトとピクルスで匙休め、よりカレーを引き立ててくれます。

 

curry

 

欧風ベースの「チキンと茄子のカレーとクリームチーズ」など新メニューもランダムで登場。

欧風カレーは炭火焼肉店で提供されている牛スジと香辛料をたっぷり使い、じっくり煮込んだ本格的なカレー。

しっかりと深味と旨味があり、スパイスが前面に出ていて汗をかくクセになる美味しさです。

トッピングで素揚げの季節野菜をたっぷり乗せて頂くと、絶妙の相性に感動することでしょう。

 

カレーハウスゴッド CURRY HOUSE GODの店舗情報

 

住所 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目11−27

アクセス : JR中央線 吉祥寺駅 徒歩3分

電話番号 : 080-8809-6150

定休日 : 月曜定休(祝日は営業します!翌火曜日に振替で店休します)

営業時間 :

11:30~16:00 (L.O15:30) 日曜営業
17:00~24:00は炭火七輪 炭きち

予算 : ¥1,000~¥1,999

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 


4. その美味さに取材も行列も殺到する「モンタナ」の肉カリーつけ麺

 

吉祥寺駅から東口を出て歩いて5分ほど、吉祥寺らしさ満載の小さな雑貨屋さんや吉祥寺フードのお店が並ぶ中道通り。

通りを入ると右手のすぐの角に「モンタナ」が見えて来ます。

まるでお洒落なカフェのようなお店の内装も人気で、おひとりさまでも入りやすい店内には女性客も多く見られます。

 

shop

 

かつては火曜サプライズをはじめ、多くのメディアに取り上げられている人気カレー専門店でした。

2018年4月にお店がニューアルされ、現在のメニューは「カリーつけ麵」と「肉カリーつけ麵」がメインに。

他、人気のポークカリー、野菜カリー、ドライカリー(チキン)、グリーンカリーがあります。

辛さは「1辛〜」選択することができるのも、カレーファンとしては嬉しいポイント。

 

curry

 

オススメは、一度食べるとすぐまた食べたくなる悪魔的な美味しさと話題の「肉カリーつけ麺」!

肉カリーつけ麵のお肉は、低温調理された自家製の肉厚なローストポーク。

それだけ食べても十分美味しそうですが、じっくり煮込まれたトロトロお肉と出汁の香りの漂うスパイシーなカレースープと絡めると・・・

ほっぺが落ちるほど美味しいです。

 

そして、麺の見た目は至って普通?と侮ることなかれ。

香り高く濃厚なカレーのスープと絡むはっきりとした喉ごしの麺は、スープと交わると極上のまろやかさ。

おすすめの食べ方はあつもりで、スープが足りないときは店員さんにお願いすれば追加してくれます♪

 

curry

 

モンタナファンのアツいリクエストから復活した定番の「キーマカレー」も外せません。

つけ麺とセットにして「モンタナ」の全てをじっくり堪能するのも良いでしょう。

一度食べたら何度も食べたくなる、吉祥寺を代表する絶品グルメをフルコースで召し上がれ♪

 

モンタナの店舗情報

 

住所 : 武蔵野市吉祥寺本町 2-10-2

アクセス :吉祥寺駅から301m 中道通り入ってすぐ

電話番号 : 0422-21-0208

定休日 : 年中無休(年末年始を除く)

営業時間 : 11:30 - 22:30(ラストオーダー 21:30)

予算 : ¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

5. 「アムリタ食堂」の本場タイの味がクセになるグリーンカレー

 

中道通りを入ってすぐの路地裏にある異国情緒溢れる「アムリタ食堂」。

吉祥寺では知らない人はいないほど、本格的なタイ料理を楽しめる有名店です。

その人気は開店前から行列ができるほど。

 

 

店内はソファー席やラタンチェアー、アジアンチックな華やかな装飾に布で仕切られた半個室もあり、テラス席もあるためカップルや子連れでもゆったりと過ごすことができます。

 

 

こちらのオススメは「茄子と鶏のグリーンカレー」。

ルウはココナッツがたっぷり入ってマイルドながらもしっかりと辛さがあり、タイの味に近いです。

 

具は大きめに切られているナスやパプリカなどの野菜と、鶏肉がごろっとどっさり入っていてベリーベリーグッドな食感♪

タイでは定番のふんわりと軽いジャスミンライスに良く合います。

テーブルに置いてある唐辛子でお好みで調整できるのもポイント。

 

カレーは2種類あり、月替りでレッドカレー、イエローカレー、サワースープカレー、パイナップルカレーなど旬の具材を使ったメニューを味わうことができます。

 

terace

 

ランチ限定メニューや小さい子供向けメニューなども充実しているので、老若男女様々なお客さんで賑わっています。

料理はもちろんデザートもテイクアウト可能なのが嬉しいです♪

確実にお店で食べたい時は、事前に予約するようにしてください。

 

アムリタ食堂の店舗情報

 

住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-17-12 1F

アクセス : JR吉祥寺駅、徒歩5分。

吉祥寺駅から353m

電話番号 : 0422-23-1112

定休日 : 

平日ランチ  11:30-15:30 ※14:50(LO)
平日ディナー 17:00-22:30 22:00(LO)

土曜日ランチ 11:30-15:30 ※14:50(LO)
土曜ディナー 17:00-22:30 22:00(LO)

日曜日ランチ 11:30-15:30 ※14:50(LO)
日曜ディナー 17:00-22:00 ※21:30(LO)

予算 : 夜¥3,000~¥3,999 昼¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 分煙

予約サイト・口コミ・クーポン : ぐるなび ホットペッパーグルメ


 


6. 吉祥寺カレーナンバーワン!「まめ蔵」のスペシャルカレー

 

吉祥寺駅側から中道通りに入り、西三条通りを越えて最初のコーナーを曲がると、路地裏に佇むノスタルジックな看板が見えます。

こちらの「まめ蔵」は、なんと創業が1978年とカレー激戦区の吉祥寺の中でも超老舗のカレー屋さんです。

 

 

ランチ時はお店の外まで行列ができています。

その美味しさから吉祥寺だけでなく、都内でも有名なカレー屋さんです。

 

kanban

 

トレードマークのロゴ看板が可愛らしい。

お店の前はお花が飾られて、テラス石のように綺麗に整備されています。

 

 

こちらのオススメは具沢山の「スペシャルカレー」。

ゴロッとと大ぶりなお肉、じゃがいもやシシトウ、トマトなどの野菜、ゆで卵が豪華にトッピングされています。

お肉はチキン、ポーク、ビーフから選択可能。

 

ルウは独自に調合したスパイスが奏でる深いコクと香りがたまりません。

じっくりと丁寧に煮込まれているため、こっくりとしていて辛さは控えめです。

 

口あたりまろやかなカレーは、どちらかというとスパイス感は控えめの家庭風のお味。

その分ホロッホロのお肉や野菜の素材の甘味がしっかりと溶け出ていてとにかく美味!

 

辛さが足りない場合は、各テーブルにはスパイスが用意されていて、好きなだけスパイスを追加できるのも嬉しいポイント。

一口頬張れば吉祥寺で38年という時代を超えて、吉祥寺カレーナンバーワンと呼ばれる人気の秘密が分かることでしょう。

 

 

お腹に余裕があれば、本格コーヒーやデザートにもう一つの名物である、季節のジャムが入った「自家製ヨーグルト」もお忘れなく。

温かみがありどこかホッとするようなレトロな店内は、心地よいジャズの音色に包まれながら吉祥寺の喧騒を忘れて一息つけるくつろぎの空間です。

席についてオーダーしてから15分ほどかかるので、時間に余裕を持って来店することをオススメします♪

 

まめ蔵の店舗情報

 

住所 : 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目18−15 武蔵野カントリーハイツ

アクセス :

JR中央本線 吉祥寺駅北口 徒歩6分
京王井の頭線 吉祥寺駅 徒歩6分

電話番号 : 0422-21-7901

定休日 : 無休

営業時間 :

11時00分~16時00分
17時30分~22時00分

予算 :¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 分煙

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

7. 「カレー食堂 リトルスパイス」のキング・オブ・スパイシーなブラックカレー

 

吉祥寺駅から徒歩6分ほど、東急百貨店の裏側の大正通りの中程、春木屋の建物の2階にある「カレー食堂 リトル・スパイス」。

 

shop

 

独特の字体とオレンジ色の目立つ看板はとても分かりやすいです。

やや急な階段でビルの2階に登り、お店に入るとL字型のバーカウンターと12席の店内。

統一感の無い装飾や大音量のラジオで良い意味でゴチャゴチャで昭和感たっぷり、これぞ吉祥寺文化。

 

 

こちらのカレーは1つのルウの使い回しせず、メニューに合わせて全く異なった味のカレーを食べれるのが最大の魅力です。

中でもオススメは1番人気「ブラックカレー」!

ネーミングの通り、インパクト大の黒系のカレールウにオニオンスライス、ゆで玉子、パクチーがトッピングされています。

 

ルウは濃いめでコクがあるのに塩分や脂分は控えめ。

しっかりとしたスパイス感と辛さで、さらにパクチーまで香るため病み付きになり連日通いつめいている人もいるほど。

 

重めのルウの中に絡むオニオンスライスの食感も最高です。

さらにホロホロの骨付きの鶏肉入りでボリュームもあり、少し硬めの絶妙な炊き加減のご飯と相性抜群!

 

 

甘口がお好みであれば、こちらも大人気のトマトと生クリームの入った「チキンクリームカレー」はいかがでしょうか。

香辛料がたっぷり使われているものの、クリームでまろやかマイルドなためスプーンを持つ手が止まらなくなります。

 

他にも豚肉がゴロゴロ入った「洋食屋風ポークカレー」、ひき肉たっぷりの「キーマカレー」、ヘルシーさが嬉しい「レンズ豆のベジタブルカレーや、さっぱりとした素材の甘さが嬉しい「マトンとほうれん草のカレー」など、心くすぐるメニューがてんこ盛り!

さらに季節に合わせた限定メニューなども登場するため、毎回ワクワクしながら通えます♪

 

最近のカレー店には珍しく、なんとメニューは全て1,000円以下とお財布にっても優しいのもポイント。

この美味しさとこの満足感とお値段で吉祥寺カレーを代表する人気店なのも頷けますね。

 

カレー食堂 リトルスパイス (LITTLE SPICE)の店舗情報

 

住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-1 山田ビル 2F

アクセス : 吉祥寺駅から徒歩7分

電話番号 :0422-20-7915

定休日 : 不定休

営業時間 :

[月~金]
17:30~21:00(L.O)
[土・日・祝]
13:00~21:00(L.O)

予算 : ~¥999

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 


8. 「Rojiura Curry SAMURAI 吉祥寺店」のスープカレー専門店の超豪華侍スペシャル

 

北海道発祥、全国でもじわじわ人気沸騰中のスープカレー専門店「Rojiura Curry SAMURAI」が吉祥寺に上陸!

 

shop

 

中道通りを東急デパートの裏側の方に進むと、昭和な雰囲気の「コインランドリー弁天」があり、そこを少し歩くと庭園付きの大きな欧風な建物が現れます。

 

kanban

 

通りにそびえる外側の大きな看板が目印。

店内は広々とした開放感溢れる店内は、お客が快適に過ごせるように隅々まで配慮されています。

一点物のこだわりのアンティークな椅子や家具もとても温かみがあり、とても落ち着く雰囲気。

 

こちらのオススメは「侍スペシャル」です。

大量の野菜と鶏・豚骨・煮干・鰹節などを丸二日間煮込み、素材の旨味を凝縮させたサラサラのスープは、濃厚で味が深くリピーターが続出!

 

そして、スープカレーと言えばゴロゴロの具。

野菜がこれでもかと大きいままたくさん入っていて、見えないところからたくさん出て来ます♪

 

野菜もスープもお米も全て新鮮で無添加な物が使用されているため、素材の味つ一つが生き生きとしているのが特徴です。

特に野菜は食べるとシャキシャキな歯ごたえが嬉しいです。

 

また、チキンもスプーンでほぐれてしまうほど柔らかくジューシーで、豚の角煮は噛む必要がなく口の中で溶けてしまう柔らかさ。

ご飯はやや固めの動産の白米と玄米のブレンドで、スープとの相性は抜群です。

 

自分の好みの味や辛さ、ご飯の量などがチョイスできるのも魅力の一つ!

スープの味はレギュラー、マイルド、ココナッツ、マイルドココナッツ、辛さ0〜10、5から有料、ご飯の量SS〜3Lなど。

さらに好きな具材を3種選べてトッピングが可能で、パリパリの本格ザンギやカキ、帆立などの海の幸もあり盛りだくさん。

 

また、店舗限定や日替わりでトッピングできる内容が変わるので来るたび楽しみになります♪

テイクアウトも可能という万能さには脱帽です。

 

shop

 

小上がり席もあり絵本も常備されており、小さな子供連れでも安心して食事ができます。

並んでも食べる価値大いにありの北海道スープカレー、是非とも足を運んでみてください。

 

Rojiura Curry SAMURAI. 吉祥寺店の店舗情報

 

住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-27-2

アクセス : 吉祥寺駅から徒歩8分

電話番号 : 0422-27-6043

定休日 : 不定休(臨時休業の場合がありますので店舗に直接ご確認ください)

営業時間 :

11:30~15:30(15:00 L.O.)
17:30~22:30(22:00 L.O.)

予算 : ¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 

9. 「Sajilo Cafe(サジロカフェ )」の行列必至絶品もっちりナンとチキンカレー

 

「サジロカフェ 」は、吉祥寺駅から徒歩7分ほどのところにあります。

吉祥寺駅からヨドバシカメラが目印の吉祥寺大通りをまっすぐ進み、五日市街道を右に曲がります。

その後、さらにまっすぐ進見ます。

小さなお店なので思わず見逃してしまいがちですが、ランチ時のにはいつも行列ができるので分かりやすいです。

 

kanban

 

店名からも小洒落たカフェに見えますが、本場の味を知るネパール人シェフによる本格ネパールカレーのお店なのです。

店内に入ると、白い壁と茶色の木枠の組み合わせとタイルの無機質さがうまくマッチしていてとてもお洒落。

カウンター席8席と、4人のテーブル席が3卓とやや狭めなので、すぐに満席になってしまいます。

 

 

オススメは「チキンカレー」。

お皿がネパールカレー 定番の金属ではなく、陶器なのもさりげなく素敵です。

 

お味ですが、ルウはこってりとしていて重め、丁寧に時間をかけて煮込まれたコクがありとてもマイルド。

辛さはデフォルトだと控えめなので、調整が出来るのも嬉しいですね。

さらにチキンは味がしっかりと染み込んでいてかつボリューミー。

 

そして、ナンはバスケットから思いっきりはみ出る大きさ!

バターとしっかりとした小麦の風味、ほんのりと甘く外はカリッと中はモッチモチのアツアツ。

そのままでも十分に美味ですが、相性抜群の濃厚なカレーを絡めるとさらに食が進みます。

 

他にガーリックナンやチーズナンもあり、チーズナンは切った断面から滝のようにチーズが「流れて」来るのです。

+250円で変更できますよ。

 

 

「サジロカフェ 」は吉祥寺の他に西荻窪、何と軽井沢にも店舗があります。

有名人も良く訪れていて、なんと脚本家の宮藤官九郎さんは常連なのだそう。

夜も23時まで開いているため、空腹MAXの仕事帰りにも「サジロカフェ 」のカレーが食べられるのは嬉しいですね♪

 

Sajilo Cafe (サジロ カフェ)の店舗情報

 

住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-36-8

アクセス : 吉祥寺駅から徒歩約7分

電話番号 : 0422-77-9468

定休日 : 無休

営業時間 :

【[月〜金】11:30〜15:30 (L.O.15:00) 18:00〜23:00 (L.O.22:30)
【土日祝日】11:30~23:00 (L.O.22:30)

予算 : ¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : ホットペッパー グルメ

 

 

<吉祥寺駅南口(公園口)周辺のおすすめカレー>

 

station

 

南口はビルにたくさんの飲食店がひしめき合い、少し歩いて喧騒を抜ければ緑豊かな井の頭恩寵公園もあります。

吉祥寺の主要観光スポットが集まる南口周辺で、特におすすめのカレーをご紹介します。

 

1. 「築地スパイス食堂かぶと」のスパイシーな辛さがたまらない鮪マサラカリー

 

2018年10月にオープンしたばかりの「築地スパイス食堂かぶと」は駅からは近いのですが、少々わかりにくい場所にあります。

吉祥寺駅南口を出て左に向かい、ヤマダ電機の通りにある映画館オデヲンの角を曲がります。

 

shop

 

線路沿いに少し歩くと、木製のブランコ式のベンチが特徴的なお店が見えて来ます。

店内はカウンター10席のみ、テーブルが1席ずつ独立しているので、隣の人とお皿がぶつかることはありません。

手作り感がたっぷりの温かみのある内装もオープンしたばかりで、清潔的で落ち着いた雰囲気。

 

menu

 

珍しい鮪とインドスパイスが融合した料理が味わえると、グルメな吉祥寺民の間で話題になっている新店です。

着席していざメニューを拝見すると、辛さが唐辛子で確認できます。

主食はライスと何とラーメンから選べます。

 

curry

 

「鮪マサラカリー」を筆者はライスをチョイス、パクチー増しにしてみました。

唐辛子マークが少なめの2つですが、これがまた辛い!

 

ルウはトマトベースのあらごしで酸味と甘みがあり、コクがありますが和風のせいかあっさりしています。

ゴロッと大きな鮪は歯応えは噛むとホロホロ、辛さと酸味のせいか臭みはは一切なく美味。

鮪は築地の「まぐろ藤田」から新鮮なものだけを仕入れているそう。

 

その他、ざっくりと切られている肉厚のパプリカ、甘めのトマト、丸ごと入っているシシトウはどれも歯ごたえがよくバランスが良い感じ。

硬めに炊かれたブレンドご飯とよく合います。

 

付け合せスープは、酸味があるトマトベースに鮪のかぶと(頭)から取った出汁を合わせたもので、辛さは控えめで箸休め?にちょうど良いです。

サラダには生のハラペーニョが入っていて野菜のシャキシャキ感に辛さと酸味が良く合います。

鼻に汗を掻きながらもスプーンを持つ手が止まりません!

 

curry

 

鮪のフィッシュヘッドカリーはマサラカレーに比べてマイルド。

ただ、後から辛さもしっかり付いきて、こちらも旨味にスプーンが止まりません。

 

spice

 

チリペッパー、スパイシーマサラ、ガラムマサラ、トマトピクルスなど、卓上にスパイスの王道のフルコース!

これらが使い放題なのもカレーファンには嬉しいです。

 

juice

 

カレーの他、鮪を使った定食やラッシーやココナッツを使った自家製ドリンクも充実しています。

ディナータイム限定の豪華メニューもあり、夜もお客が絶えません。

 

SHOP

 

新鮮な日本の海の幸と、チェティナード出身のシェフが腕を振るう本場のインドカリーが融合した新感覚のカレー。

カレー好きはもちろん、辛いカレーは食べ尽くしたという方にオススメしたいお店です。

ここでしか味わえない自家製のガムラムマサラに虜になること間違いなしです。

 

築地スパイス食堂 かぶとの店舗情報

 

住所 : 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3

アクセス : 吉祥寺駅から195m

電話番号 : 0422-24-8844

定休日 : 不定休

営業時間 :

11:30~15:00
18:00~22:00(料理L.O.21:00)

予算 : ¥1,000~¥1,999

公式URL : 築地スパイス食堂 かぶと

 

 

2. 「カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館」のモンタナ仕込みのドライカレー 

 

「カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館」は吉祥寺駅南口を出て徒歩12分ほど。

井の頭恩賜公園内を三鷹方面に進み、住宅街と井の頭恩賜公園の境目にあります。

shop

 

木立に囲まれた場所に佇む一軒家は、まるでフランスの片田舎を連想させるお洒落な雰囲気。

店内は子供用の椅子や小さなピアノも置いてあり、子供連れでもくつろげる配慮があちこちに散りばめられています。

 

usagi

 

ところどころにあるうさぎのオブジェやイラストも可愛いです。

ドッグカフェとしてワンちゃん連れでも気軽にお食事ができます。

 

もともとは、吉祥寺で唯一ガレット専門店として有名なお店でした。

現在は先にご紹介した中道通りの「モンタナ」のカレーが引き継がれてお食事メニューに加わり、カレーをメインに提供しています。

 

curry

 

オススメはモンタナから引き継いだ「ドライカレー」。

丸く盛られたサフランライスに、お肉たっぷりのルウと半熟の目玉焼きの豪華3層仕立て!

お味はやや甘めでじっくり煮込まれたためかコクがありとてもマイルド。

+250円でこれでもかというくらいのチーズトッピングがオススメです。

 

curry

 

もう一つの人気メニュー「MONTANAポークカリー」。

ルウはコクがあり食べやすい辛さなので、お子様や辛いのが苦手な人でもいけちゃいます♪

 

なんとお肉は豚の角煮が丸ごと入っています。

こちらの角煮は生姜とお酒でじっくり丁寧に煮込み、下味はナンプラーで付けてその後圧力鍋で柔らかく仕上げているのだそう。

 

ルウに絡ませて食べると本当に絶品で、口の中でトロトロ~極上の柔らかさがたまらずもっと食べたくなります。

そんなボリューミーな見た目よりも、口当たりも軽く女性でもペロリと完食してしまう美味しさ。

またすぐ食べに来たくなる印象深いカレーです。

 

他にもタイカレーがベースの「モンタナブラックカレー」は、レッドカレーをややマイルドにしてネーミングの通り真っ黒なルウが特徴。

どちらかというと大人な味わいなので、辛さを求める方にオススメです。

 

kanban

 

井の頭公園内という自然豊かな場所にあるため、都会にいる事をすっかり忘れてしまうくらいゆったりとランチやお茶が出来る場所。

週末は特に混んでいるため、お昼から15:00頃までは列が絶えません。

店員さん曰く、狙い目は少し時間をずらして15時半~16時頃には並ばずスムーズに入店できるとのこと。

 

ちなみに店名の「うさぎ館」の由来は、オーナーがうさぎ好きのためだそうです。

そして、なんと店内に飾られているイラストは全てオーナーが描いているのだとか!

さらに2階はアトリエになっており、地下はギャラリーになっているので、時間に余裕があればこちらも一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

カフェ・ドゥ・リエーヴル うさぎ館 (cafe du lievre)の店舗情報

 

住所 : 東京都武蔵野市御殿山1-19-43

アクセス :吉祥寺駅より徒歩15分

電話番号 : 0422-43-0015

定休日 : 無休(年末年始除く)

営業時間 :[月〜日] 10:30~19:30(L.O.19:00)

予算 : ¥1,000~¥1,999

禁煙・喫煙 : 完全禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン : ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

今回は吉祥寺駅周辺の名物カレーをご紹介しました。

カレーの聖地と言われるだけあり、吉祥寺には美味しいカレーのお店がたくさんあります。

個性的溢れる街である吉祥寺で、美味しいカレーを食べたい時の参考にして頂けたら嬉しいです♪


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(669)
北海道・東北(20)
  北海道(7)
  岩手(4)
  宮城(5)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(517)
  埼玉(9)
  千葉(13)
  東京(438)
  神奈川(44)
  茨城(4)
  栃木(6)
  群馬(2)
  山梨(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  長野(2)
  新潟(1)
  石川(3)
  静岡(2)
  愛知(10)
近畿(81)
  滋賀(2)
  京都(16)
  大阪(40)
  兵庫(18)
  奈良(3)
  和歌山(2)
中国・四国(9)
  岡山(4)
  広島(5)
九州・沖縄(16)
  福岡(12)
  長崎(1)
  熊本(2)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(2)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(614)
ディナー/夕食/夜ご飯(557)
レストラン(380)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(205)
カフェ/喫茶店(311)
スイーツ(174)
ファーストフード(239)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(90)
ぼっち飯/ソロ飯(484)
ファミリー(516)
デート(599)
女子会(475)
記念日/誕生日(216)
夜景/絶景(64)
ヘルシー/オーガニック(112)
安い/格安/リーズナブル(535)
接待/会食/ビジネス(203)
行列の出来る人気店(8)
ミシュラン/ビブグルマン(1)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(11)
お手軽レシピ(19)
ダイエットレシピ(2)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(8)
世界の料理/食事(11)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(44)
百貨店/名店(33)
通販(24)
お酒/アルコール(3)
料理雑貨(4)
歴史/豆知識(31)
種類まとめ(15)
プレゼント/ギフト(22)

料理ジャンル

和食(29)
洋食(21)
中華/餃子/小籠包(9)
イタリアン(11)
フレンチ(4)
エスニック(4)
焼肉/肉料理(15)
海鮮/寿司(4)
ラーメン/つけ麺/油そば(119)

人気記事ランキング