logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 岩手

岩手・盛岡のおすすめご当地グルメ!盛岡三大麺からびっくりドンキー発祥の店まで




岩手県の県庁所在地である盛岡市。

岩手山の雄姿を望み、市内には北上川と中津川という大きな川が流れています。
その落ち着いた佇まいから、「みちのくの小京都」とも称されています。

盛岡を訪れたら、ぜひ味わって頂きたいのがご当地グルメ。
昔ながらの郷土料理から、ここ数年でクローズアップされたものまでバラエティ豊かです。

本記事では、盛岡のおすすめご当地グルメを取り上げますので、ぜひ参考にしてください。

【目次】岩手・盛岡のおすすめご当地グルメ!盛岡三大麺からびっくりドンキー発祥の店まで

 

1. ひっつみ

2. わんこそば

3. 盛岡冷麺

4. じゃじゃ麺

5. 盛岡温麺

6. 柳家の元祖キムチ納豆ラーメン

7. 福田パン

8. ハンバーグレストランベル大通り店

9. 南部せんべい

 

 


1. ひっつみ

 

あえて1番最初に全国的に知名度が高い「盛岡冷麺」ではなく、「ひっつみ」をご紹介するのは、おそらく多くの岩手県人にとってのおふくろの味であり、県外の人にも味わって貰いたい料理だからです。

 

「ひっつみ」とは、簡単に言うと小麦粉を練って寝かしてから薄くのばしたものを、手でちぎって鍋の中に入れて煮込む料理で、一般的にはすいとんの名で知られています。

手でちぎる、引っ張ることを方言で「ひっつむ」ということからひっつみと呼ばれるようになりました。

 

スープは鶏肉の出汁だったり、地域によっては川魚だったりと様々ですが、中身は鶏肉とたっぷりの野菜にキノコや揚げが入ります。

生地のつるんとした食感とたっぷりの野菜、鶏肉の出汁の効いた醤油味のスープが心も体も温めてくれるひっつみは、筆者が一番おすすめしたい盛岡の味です。

 

ひっつみ庵

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by シンカイタケシ (@apolloo72) on

 

盛岡を訪れた方がひっつみを食べてみたいと思った時に、一番アクセスが便利なのが盛岡駅ビルにある「ひっつみ庵」です。

ひっつみは単品だと720円(税抜き)で、人気はいなり寿司とのセット920円(税抜き)です。

鶏肉の出汁がしっかり効いていて、野菜もたっぷり、上品な感じの味付けが特徴。

 

岩手県産にこだわった食材は、米はもちろんのこと、魚介類も三陸産で新鮮そのもの。

白金豚のカツ丼や南部どりの唐揚げなどメニュー豊富で、通し営業をしているので、ランチにもディナーにも使い勝手が良いお店です。

 

ひっつみ庵の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44 盛岡駅ビル フェザン 本館 B1F

アクセス :盛岡駅ビル

電話番号 :019-654-7686

定休日 :フェザンに準ずる

営業時間 :10:00~22:00

 

 

2. わんこそば

 

わんこそば

 

わんこそばのわんことは、お椀の事。

「お茶っこ」のように名詞に「っこ」をつける方言からきています。

 

テレビで見る「わんこそば」のイメージは、空になったお椀に給仕さんが間髪入れずお代わりを入れ、最後は蓋をするのが早いか給仕さんが入れるのが早いかの攻防戦といった感じですよね。

実はお店によってそのスタイルは少しずつ違い、食べるペースでのんびりと給仕してくれるお店や、盛り出し式と呼ばれる、最初からお盆にたくさんのわんこそばが出されるスタイルなど様々です。

 

盛岡や花巻では、お客さんにそばを振舞う風習があり、一度にたくさんは茹でられないことから、できた分から小分けに出して、どんどんお代わりをして貰うスタイルが生まれたとか。

あまり知られていないかもしれませんが、わんこそばにつきものなのが「薬味」です。

薬味と言ってもネギやわさびだけではなく、一般的にはまぐろの刺身やなめこおろし、漬物類、とろろなどが少しずつついていて、つまみながら、味を変えながらいただきます。

 

東家本店

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yopi (@q_p.yopiko) on

 

「はい、どんどん、はい、じゃんじゃん」の掛け声と共にまさにどんどんじゃんじゃんととお代わりを入れてくれるのが「東家」です。

創業明治40年の老舗蕎麦店で、1階は普通の蕎麦メニュー、2階でわんこそばを楽しむことができます。

 

一つのお椀には、ほんの一口のお蕎麦しか入っておらず、15杯で普通のかけそば一杯分程度。

そばをすすったら、汁は飲み干さずに横にある入れ物に流すのがたくさん食べるための秘訣です。

 

東屋の薬味は、まぐろ刺身、なめこおろし、鶏そぼろ、とろろ、海苔、ゴマ、漬物、ネギ、わさび、もみじおろし、デザートとバラエティ豊かです。

1番の人気メニューは、お椀をどんどん重ねていき、最後にお椀の数を数えてくれるコースで3,460円となっています。

お椀は片付けながら、マッチ棒のような算木を使って数を数えるコースは2,920円です。

 

100杯以上を食べると、記念に名前と数のかかれた手形が貰えます。

東家のホームページによると、東家での歴代1位は男性が500杯で女性が570杯だそうです。

 

東家本店の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市中ノ橋通1-8-3

アクセス :JR盛岡駅よりタクシーで10分

電話番号 :019-622-2252

定休日 :12/30~1/1

営業時間 :11:00~20:00

公式URL :  東家

 

初駒

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 霙 (@164ying) on

 

盛岡八幡宮の前に位置する「初駒」は趣のある建物で、落ち着いた雰囲気の中でわんこそばを楽しめます。

初駒のコースは、薬味の内容により桜(3,500円税別)、松(2,900円税別)、梅(2,400円税別)があります。

 

一番豪華な桜コースの薬味は、まぐろの刺身、イクラ、天ぷら、ウニ、なめこおろし、とろろ芋、ネギ、もみじおろし、ワカメ、かつお節、漬物、フルーツ。

本店のみ、全てのコースでお椀を重ねるスタイルで提供してくれますが、重ねなくて良いという場合は324円引きになります。

小食の方用に、30杯限定で薬味は一番少ないタイプで、1,800円(税別)があるのが良心的です。

 

個室もあるため、家族で、グループで、プチわんこそば大会を開催して盛り上がってみませんか?

初駒のわんこそばは予約制なので、必ず事前に予約しておいてくださいね。

 

初駒の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市八幡町10-21

アクセス :盛岡駅よりバスで約15分。盛岡八幡宮門前で下車

電話番号 :050-5352-6265

定休日 :水曜日

営業時間 :11:00~15:00/17:00~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ホットペッパーグルメ

 

 


3. 盛岡冷麺

 

盛岡三大麺の1つと称される盛岡冷麺。

発祥は次にご紹介する「食道園」ですが、今は多くの焼肉店の定番メニューとして提供されています。

 

盛岡冷麺の麺は、小麦粉とじゃがいものデンプンをしっかりと混ぜ込んで麺の太さに合った穴から押し出すことで、強いコシが生まれます。

この押し出し麺は盛岡冷麺にとって不可欠ですが、最近は押し出さないスタイルの製麺所もいくつかあるそうです。

牛骨、牛肉、鶏ガラでとったスープはすっきりとしていて、深いコクがあるのが特徴です。

 

食道園

 

食道園

 

1954年(昭和29年)に、在日朝鮮人であった先代が盛岡で開業した焼肉店「食道園」。

故郷の味を懐かしく思い、メニューに「平壌冷麺」を加えました。

 

日本では馴染みのない味に最初はあまり評判は良くなかったそうですが、山形出身の奥さんが東北人の口に合うように工夫し、今の味に進化させていきました。

毎朝10時半から手ごねで打つ麺は、口に入れた瞬間の弾力と喉越しの滑らかさが特徴。

牛骨、牛肉をベースに鶏ガラも加えて4時間煮込んで作るスープは、牛肉の旨味と甘味がふくよかな味わいです。

 

なお、食道園のキムチは自家製で辛すぎず酸っぱすぎず、とにかく美味しいと評判です。

盛岡冷麺は一般的にスイカやリンゴ、ナシなどの果物が入りますが、食道園ではスープに果物の味が移るために入れていません。

 

食道園の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市大通1-8-2

アクセス :JR盛岡駅から徒歩15分

電話番号 :019-651-4590

定休日 :第一、第三火曜日

営業時間 :

月~土11:30~15:30(L.O.15:00)/17:00~23:00
日・祝11:30~15:30(L.O.15:00)/16:30~21:00(L.O.20:30)

 

盛楼閣 

 

盛楼閣

 

昭和56年にオープンした老舗店「盛楼閣」は、スープ、麺、キムチの全てにこだわり専任スタッフがいます。

 

厳選食材を3日間じっくりと煮込んでとったスープは、コクがあってまろやか。

ツヤツヤした麺は透明感があり、かなりのコシの強さですが、硬いのではなく弾力があり、喉越しが良いのが特徴です。

 

辛さのチョイスは、辛味別、ひかえめ、普通、ちょい辛、中辛、辛口、特辛と7種類もあり、辛いのが苦手だけど、ちょっと挑戦してみたい方には嬉しいですね。

全てが丁寧に作られ、バランスが良く、上品な味わいにファンが多いお店です。

 

盛楼閣 の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市盛岡駅前通15-5 ワールドインGENプラザ2F

アクセス :JR盛岡駅北口から徒歩2分

電話番号 :019-654-8752

定休日 :無休

営業時間 :11:00~02:00

公式URL :  盛楼閣

 

 

4. じゃじゃ麺

 

盛岡では、わんこそば・盛岡冷麺・じゃじゃ麺を盛岡三大麺と呼んでいます。

「白龍」の初代店主が満州から引き揚げたのち、満州で味わった「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を盛岡の人の口に合うようにアレンジし、屋台販売を始めたのがじゃじゃ麺のスタートでした。

 

じゃじゃ麺の味の決め手は何といっても肉味噌です。

挽肉や椎茸、ゴマなど数種類の具材を味噌と炒めて寝かせた肉味噌は、平打ち麺と混ぜることでどんどん旨味が増していきます。

酢、ラー油、ニンニクなどの調味料を加えて自分流の味付けにしていただきます。

 

白龍(パイロン) フェザン分店

 

じゃじゃ麺

 

白龍は、盛岡市内に4店舗を展開しています。

白龍の本店は岩手公園の一角にあり、駅からは少し離れているので、観光客にとって便利なのは盛岡駅ビルのフェザン分店。

今ではあちこちで見られるじゃじゃ麺ですが、白龍はじゃじゃ麺発祥のお店として知られ別格です。

 

じゃじゃ麺は、小(500円)、中(600円)、大(700円)なので、初めての方は小からスタートしてみてください。

もちもちっとした平打ち麺と味噌、そしてラー油やお酢、好みでニンニクをかけたらかき混ぜていただきます。

 

麺が1/3程度になったところで、お皿に卵を割って店員さんに渡すと、ゆで汁をかけた上にネギと肉味噌を乗せてくれます。

これが、じゃじゃ麺好きなら欠かせないちいたんたん。(プラス50円)

玉子スープのような味で、これもお好みで塩コショウやラー油、お酢、ニンニクをかけてどうぞ。

 

白龍 フェザン分店の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44 盛岡フェザン おでんせ館 1F

アクセス :JR盛岡駅ビル

電話番号 :019-623-5167

定休日 :フェザンに準ずる

営業時間 :10:00~22:00

公式URL :  白龍

 

 


5. 盛岡温麺

 

 

わんこそば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺と、盛岡三大麺をご紹介しましたが、実はこの「温麺」を入れて四大麺にしても良いのでは?と言われるほど人気急上昇中で、新しい盛岡名物になっています。

お隣の宮城県でも、温麺(うーめん)がありますが、全くの別物。

盛岡のは温麺(おんめん)と読ませています。

 

写真の温麺は、盛岡冷麺でもご紹介した「盛楼閣」の温麺で、テールスープとカルビスープをブレンドしたスープに、温麺用に開発された小麦粉やでんぷんの他に、そば粉も加えた温麺用の特製麺を使用しています。

たっぷりの野菜に、コラーゲンたっぷりのスネ肉をトッピング、ゴマの風味が香る人気の一品です。

 

焼肉・冷麺 髭

 

焼肉・冷麺 髭

 

店名の通り、焼肉屋さんで美味しい冷麺が食べられる「髭」。

中心地から少し離れているので、地元の方が多く通う人気店です。

 

温麺(830円税別)は、みそ味・しお味・酢辣(スーラー)味の3種類で、野菜がたっぷり、かなりのボリュームです。

ランチメニューでは、黒毛和牛の上カルビ、赤身カルビ、厚切り上タン塩の焼肉とお好きな温麺がセットで楽しめる、特選温麺ランチ(1,830円税別)が人気です。

焼肉の〆に冷麺もいいけど、温かい物が食べたい方は新名物の温麺を味わってみてください。

 

焼肉・冷麺 髭の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市繋字尾入野47-15

アクセス :国道46号線沿い、繋十文字交差点よりすぐ

電話番号 :019-689-2805

定休日 :木曜日

営業時間 :11:00~22:00(L.O. 21:30)

公式URL :  焼肉・冷麺 髭(ひげ)

 

 

6. 柳家の元祖キムチ納豆ラーメン

 

 

柳家

 

昭和50年(1975年)創業の柳家。

今や名物メニューとなり、盛岡のご当地グルメとして秘密のケンミンshowでも紹介されたのが「キムチ納豆ラーメン」です。

 

誕生のきっかけは、初代の店主夫婦が賄いで食べていた納豆ラーメンでした。

一緒にキムチを食べていたのを、これを納豆ラーメンに入れてみたら酸味と辛みが引き立て合って美味しくなるのでは?と閃いたのだそう。

じわじわと人気が出て、今ではすっかり看板メニューとなりました。

 

キムチ納豆ラーメン(950円税込み)は小サイズ(850円税込み)もあります。

かなりボリュームがあるので、小食の方なら小サイズでちょうど良いかもしれません。

 

トッピングは、豚肉、コーン、大根、ネギ、しゃきっとしたモヤシ、そして独自に開発した納豆味噌に白菜キムチ、生卵まで入ります。

そのまま納豆が入るのではなく、納豆味噌なので食べやすく、納豆が苦手な方でも食べられるとまで言われるほど。

初めて食べるとちょっと違和感があるかもしれませんが、食べ進めるうちにハマっていき、しばらくするとまた食べたいと思うような癖になる味です。

 

なお、柳家は岩手県内に11店舗、宮城県に1店舗を展開しています。

キムチ納豆ラーメンなどの定番メニュー以外は、全て店長の采配に任せているそうで、各店舗ごとにかなりメニューが違うのが特徴。

観光客にとって一番便利な駅ビル、フェザンにはこちらのフェザン店と、フェザン2号店があります。

 

柳家 フェザン店の店舗情報

 

住所 : 岩手県盛岡市盛岡駅前通1-48 

アクセス :JR盛岡駅から徒歩2分

電話番号 :019-613-4357

定休日 :フェザンに準ずる

営業時間 :10:00~22:00(L.O.21:30)

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 


7. 福田パン

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 奈央 (@nachi0528) on

 

数々のメディアで取り上げられその知名度があがるずっと前から、街のパン屋さんとして盛岡市民に人気があった「福田パン」。

創業70周年を超え、ますます人気が出ています。

 

創業者である現社長の祖父の「学生をお腹いっぱいにしてあげたい」という思いはしっかり引き継がれ、コッペパンの大きさは長さ20cmに高さ10cmというビッグサイズ。

このコッペパンに、好みの具材を挟みます。

 

甘い系から調理パン系まで、その種類は何と常時60以上というからその組み合わせは無限大。

その場で作ってくれるので、いつも出来立てで新鮮です。

 

一番人気はあんことバターの組み合わせの「あんバターサンド(159円)」です。

甘い系は2種類の組み合わせが可能で、どちらか高い方の値段が採用されます。

 

本店限定の「すりおろしりんごジャム」も人気。

裏技的に食パンへの変更も可能となっています。

県外からのお客さんも増え、本店以外にも、紫波郡の工場併設店舗、盛岡駅構内、盛岡駅ビルフェザンでも一部の商品を購入できるようになりました。

 

福田パンの店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市長田町12-11

アクセス :JR盛岡駅から徒歩15分

電話番号 :019-622-5896

定休日 :お盆、年末年始

営業時間 :7:00~17:00

公式URL :  福田パン

 

 

8. ハンバーグレストランベル大通り店

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuichirou Satou (@yuichirousatou) on

 

知らない人はいないハンバーグレストランの「びっくりドンキー」。

直営店、フランチャイズ店を合わせると全国300店舗を超える巨大チェーン店ですが、その前身は盛岡市の「ハンバーグレストランベル」なのです。

 

1968年(昭和43年)盛岡市に誕生したのは、ハンバーガーとサラダの小さな店「ベル」でした。

手作り感の溢れるお店で地元の人気が出始めた頃、マクドナルドの日本進出を知った社長はハワイのマクドナルドを視察し、これには敵わないとメニューをハンバーガーからハンバーグランチに転換しました。

これが、びっくりドンキーのディッシュメニューの原型になりました。

 

びっくりドンキーの名前での1号店は1980年オープンの札幌1号店ですが、本当の意味での1号店が盛岡にあるというのを知った観光客と、昔からファンだという人たちでいつも賑わっています。

 

ハンバーグレストランベル大通り店

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by hanato (@hanatononiwa) on

 

チーズバーグディッシュ150g(829円税込み)。

 

びっくりドンキーの人気メニューと言えば、ご飯、サラダ、ハンバーグが1つのお皿にのったディッシュメニューです。

グランドメニューの他に、期間限定メニューやびっくりドンキーには珍しいモーニングセットが人気となっています。

 

ハンバーグレストランベル大通り店の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市大通1丁目4-7

アクセス :JR盛岡駅から徒歩15分

電話番号 :019-629-2245

定休日 :日・祝

営業時間 :9:00~0:00

公式URL :  ハンバーグレストランベル

 

 


9. 南部せんべい

 

南部せんべい

 

南部せんべいは、青森県でも有名ですが、岩手県でも人気のある一品です。

 

南北朝の戦乱期に、難を逃れて陸奥の国へ来た長慶天皇。

食料も尽きた時に、お供の物が農家からそば粉とゴマと塩を手に入れて、鉄かぶとで焼いたのが始まりと言われています。

 

白いおせんべいにはミミの部分があり、青森の南部せんべいはちょっと塩味が強めで、岩手の南部せんべいはちょっと甘味があると言われています。

まだ食べた事がないという方は、まずは一番伝統的な「ごませんべい」を食べてみてください。

 

香ばしいゴマの香りが口の中にぶわ~っと広がり、癖になる味です。

次に伝統的なのは落花生やクルミですが、イカ、リンゴ、カボチャなどの珍しいおせんべいもお土産に面白いかもしれませんね。

 

盛岡せんべい店 フェザン店

 


駅構内や空港で必ず見かける南部せんべい。

せっかく盛岡を訪ねたのならば、青森が本社の大手メーカーではなく、盛岡の老舗「盛岡せんべい店」を覗いてみてください。

 

本店は大通りにあり、駅ビルのフェザンにも出店しています。

店頭で1枚ずつ焼いているので、タイミングが合えば焼き立てに出会えるかもしれません。

フェザンでは様々なお店で試食が出来るので、気に入った物をどうぞ。

 

盛岡せんべい店 フェザン店の店舗情報

 

住所 :岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44 盛岡駅ビル フェザンおでんせ館

アクセス :JR盛岡駅ビル

電話番号 :019-652-2047

定休日 :フェザンに準ずる

営業時間 :9:00~21:00

 

 

まず外せないのは盛岡三大麺で、余裕があればキムチ納豆ラーメンやひっつみを。

びっくりドンキーファンなら、発祥の店にも行って、お土産に福田パンと南部せんべいを購入すれば完璧です。

美しい盛岡の街と美味しい盛岡の味覚を、ぜひ堪能してくださいね。


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(574)
北海道・東北(19)
  北海道(7)
  岩手(3)
  宮城(5)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(446)
  埼玉(8)
  千葉(12)
  東京(378)
  神奈川(36)
  茨城(4)
  栃木(5)
  群馬(2)
  山梨(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  長野(2)
  新潟(1)
  石川(3)
  静岡(2)
  愛知(10)
近畿(66)
  滋賀(1)
  京都(13)
  大阪(34)
  兵庫(13)
  奈良(3)
  和歌山(2)
中国・四国(8)
  岡山(4)
  広島(4)
九州・沖縄(11)
  福岡(9)
  長崎(1)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(2)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ、昼食(540)
ディナー、夕食、夜ご飯(497)
レストラン(349)
居酒屋、個室居酒屋、飲み会(191)
カフェ、喫茶店(289)
スイーツ(165)
ラーメン、つけ麺、油そば(107)
ファーストフード(233)
食べ放題、バイキング、ブッフェ(81)
ぼっち飯、ソロ飯(405)
ファミリー(441)
デート(525)
女子会(420)
記念日、誕生日(199)
夜景・絶景(64)
ヘルシー、オーガニック(108)
安い、格安、リーズナブル(463)
接待、会食、ビジネス(188)

レシピ・作り方・調理法

和食(6)
洋食(15)
洋菓子(11)
お手軽レシピ(18)
ダイエットレシピ(2)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(8)
世界の料理/食事(8)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産・名産品(43)
百貨店・名店(33)
通販(24)
お酒、アルコール(3)
料理雑貨(4)
歴史、豆知識(31)
種類まとめ(15)
プレゼント、ギフト(21)

人気記事ランキング