logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京 > 東京駅/丸の内/大手町/八重洲/京橋

和食・洋食・エスニック勢ぞろい!東京駅周辺で堪能できる絶品モーニング14選




2012年10月に保存・復原工事が終了し、新しい駅舎となった東京駅。
工事に伴い丸の内駅前広場も完成し、人々の通行もしやすいデザインに変化しました。

日本の観光名所の1つともなっていますが、敷地が広大な分、どこにどのようなお店があるのか把握しきれない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京駅周辺で食べられるモーニングのお店をピックアップ。
早朝から営業しているお店、リーズナブルな価格で朝食が食べられるお店など、様々な場面で使用しやすいお店をまとめました。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】和食・洋食・エスニック勢ぞろい!東京駅周辺で堪能できる絶品モーニング14選

 

<東京駅構内のおすすめモーニング>

1. 【改札内】BURDIGALA TOKYO

2. 【改札内】仙臺たんや 利久

3. 【改札内】マンゴツリーキッチン ガパオ

4. 【改札外】千疋屋

5. 【改札外】諸国 ひものと

6. 【改札外】そば処 為治郎

7. 【改札外】六厘舎

<東京駅周辺のおすすめモーニング>

1. アロマ珈琲

2. ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店

3. やえす初藤

4. 味噌汁専門店 美噌元

5. ダブル サンドイッチ

6. サラベス 東京店 

7. M&C Cafe 丸の内店

 

 

<東京駅構内のおすすめモーニング>

 

東京駅構内には、早朝からオープンしているお土産やさんやお弁当店が多く揃っています。

中でも朝食メニューの充実している店が多く集まっており、「短時間」で「質の良い食事」を摂るのにはうってつけの場所です。

 

出勤前や新幹線までの空き時間に利用して、爽やかに1日のはじまりを迎えてみてはいかがでしょうか。

 

1. 【改札内】BURDIGALA TOKYO

 

 

駅構内のグランスタにあるベーカリー「BURDIGALA TOKYO」。

店内には広々としたカフェスペースもあり、美味しいパンをイートインで楽しむことができます。

 

朝7時からオープンしているため、新幹線の待ち時間など、移動前にサクッとモーニングを済ませたい方におすすめです。

おやつ感覚で食べられる甘いパンはもちろん、お食事にぴったりなチーズや野菜などを使ったお惣菜系のパンも多く、もちろんテイクアウトも可能です。

 

 

パンの種類がとにかく豊富なので、毎日通っても飽きないほど。

軽食に人気なのは、チーズをたっぷり乗せたクロックムッシュをはじめ、ハムやチーズを挟んだカスクート、ルーがたっぷり入った揚げカレーパン。

 

甘いものがお好きな方には、アップルパイやパンオショコラ、カスタードと洋梨をトッピングしたデニッシュ「ウィリアム」がおすすめです。

ウィリアムは数あるお店の商品の中でも特に人気の高いメニューの一つで、これを求めてお店に訪れる人も多いのだそう。

 

 

サクサクの「カレーパン(220円)」で腹ごしらえをして、デザートには「ウィリアム(260円)」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

コーヒーをイートインでいただけば、500円前後で立派なモーニングを楽しむことができます。

 

ドリンクメニューはコーヒーのみならず、紅茶やアイスミルク、キャラメルラテやショコララテ、マンゴージュースなど種類豊富。

パンとドリンクをテイクアウトして、移動中の車内でゆっくりいただくのもおすすめです。

 

BURDIGALA TOKYOの店舗情報

 

住所:東京都千代田区丸ノ内1-9-1 JR東京駅改札内 B1F グランスタ

マップ: Googleマップ

アクセス:東京駅直結

電話番号:03-3211-5677

定休日:無休

営業時間:

[月~土]7:00~22:00
[日・祝]7:00~21:00

予算:〜999円

席数:64席

禁煙・喫煙:全席禁煙

クレジットカード:カード可(Diners)

備考:テイクアウトあり

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 


2. 【改札内】仙臺たんや 利久

 

平日限定でお得なボリューミー朝食を提供しているのは、東京駅グランスタ内にある仙臺たんや 利久。

利久は仙台市内に本店を構えており、現在は東北・関東地方を中心に支店を増加させている牛タン専門店です。

 

外観の写真

 

グランスタ内の利久では平日の朝(7:00〜10:00)限定で、朝定食を提供。

店頭では、利久のお弁当も販売されています。

 

新幹線の時刻が迫っている時や、自宅でゆっくりと牛タンを楽しみたい時は利用してみると良さそう。

 

 

モーニングの時間帯に食べられるのは、「麦とろ定食」「たまごかけご飯定食」「朝の牛タンカレー定食」の3種類です。

どれも700円ほどで堪能できるので、朝からお得に朝食を食べたい時にうってつけかもしれません。

 

メニューの写真

 

中でもおすすめのグルメは、利久の牛タンをふんだんに使用した「朝の牛タンカレー定食」です。

カレーには利久自慢の牛タンが使用されており、牛タンを一風変わったテイストで頂くことができます。

 

コトコトと煮込まれた野菜と、スパイスの効いたカレー、噛み応えがしっかりある牛タン。

どれが欠けても完成しない朝カレーは、ひと口食べるたびに牛タンの旨みが味わえる逸品です。

 

 

また、日本のザ・朝ごはんを楽しみたい際には、「麦とろ定食」をぜひチョイスしてみてください。

たまご焼きやお新香が副菜としてセットになっており、牛タンを食べる時に欠かせないとろろも朝からがっつりと食べることができます。

食物繊維豊富な麦ご飯も堪能できるので、健康的な朝ごはんを楽しみたい時にチョイスしてみると良いでしょう。

 

仙臺たんや 利久の店舗情報

 

住所:〒100−0005 東京都千代田区丸の内1−9−1 JR東京駅改札内B1グランスタ

マップ: Googleマップ

アクセス:

JR東京駅八重洲北口から徒歩3分
JR東京駅丸の内北口から徒歩3分

電話番号:03-5220-6811

営業時間:

【月〜土】
7:00〜22:30(L.O. 22:00)

【日】
7:00〜21:30(L.O. 21:00)

定休日:無し

予算:【通常】2,000円

禁煙・喫煙:完全禁煙

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ ぐるなび

 

 

3. 【改札内】マンゴツリーキッチン ガパオ

 

マンゴツリーキッチン ガパオは、丸の内地下中央口と、八重洲地下中央口のちょうど真ん中にあるお店です。

 

店頭にはテイクアウト用のグルメも並んでおり、イートインを利用して食べることも可能。

朝食を注文する場合はテーブル席とカウンター席がある、イートインスペースへと案内されます。

 

外観の写真

 

モーニングの時間帯は7時から10時までの3時間。

平日限定メニューと、いつでも食べられる朝食のメニューがあるので、平日・休日問わずお手軽価格で朝食が食べられますよ。

 

カウンター席の写真

 

今回は平日に訪れたので、平日限定の「タイ雑炊」(税抜455円)をオーダーしました。

タイには2種類のお粥があり、同店で食べられるのは日本の雑炊に似たテイストの「カオトム」です。

タイではカオトムと呼ばれており、お米の食感が残っている雑炊というイメージです。

 

もう1つは「ジョーク」という名称で、カオトムとは対照的にお米の形が分からなくなるまで煮込んだものなんだとか。

プラス150円でサラダとスープもセットにできるので、カロリーが気になる方は追加で注文してみるといいかもしれません。

 

注文すると、先にサラダとスープが運ばれてきました。

サラダはフレンチドレッシングのようなさっぱりとした味つけがされており、サクサクと食べ進めることができます。

 

スープは、パクチーが散りばめられている見た目も楽しめるグルメ。

ひと口啜ってみると最初に塩気が感じられ、その直後にスープのコクが味わえました。

 

メニューの写真

 

タイ料理に欠かせない「ナンプラー」の風味が感じられたので、タイ料理に慣れていない人は少し驚いてしまうかも。

しかし、口に含むごとに深いコクと爽やかなパクチーの相性がクセになり、ドリンクのようにスイスイと飲み切ってしまいました。

 

雑炊の写真

 

肝心の「タイ雑炊」は、どんぶりに入った状態で登場。

ビジュアルで「まろやかな風味が味わえそう」と感じましたが、ひと口目でその予想は裏切られます。

 

お米をたっぷりすくって食べてみると、最初にピリッとした香辛料の刺激が感じられました。

その後鶏から染み出したうま味が味わえて、次第にマイルドなテイストが楽しめました。

 

お米は形が残っていますが、喉越しはバツグン。

しっとりした雑炊はお腹にも優しく、早朝でも食べやすいです。

 

雑炊の写真

 

また、パクチーとにんにくのチップスは別皿で提供されます。

パクチーやにんにくの匂いが苦手な方は、お好みで調節しながら食べられるので、個人の楽しみ方も尊重されていると感じられました。

 

雑炊の写真

 

休日でも食べられる朝食メニューには、「鶏のガパオ&グリーンカレー」(税抜1,119円)「鶏のガパオ」(税抜849円)などがあります。

ハーフ&ハーフのメニューもあるので、「ちょっとずつタイ料理を楽しみたい!」という女性の方でも注文しやすいかもしれません。

 

メニューの写真

 

平日であれば、ワンコインほどでタイ料理が楽しめるマンゴツリーキッチン ガパオ。

朝の出勤前や、観光の前に異国の料理で腹ごしらえをしてみてはいかがでしょうか。

 

マンゴツリーキッチン ガパオの店舗情報

 

住所:〒100−0005 東京と千代田区丸の内1−9−1 JR東京駅構内B1F グランスタ

マップ: Googleマップ

アクセス:JR上越新幹線東京駅丸の内北口から徒歩1分

電話番号:03-3287-8111

営業時間:

【月〜土・祝日】
7:00〜22:30

【日・連休最終日の祝日】
7:00〜21:30

定休日:無し

予算:

【平均】1,000〜1,500円
【朝食】500〜1,000円

禁煙・喫煙:終日全面禁煙

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 


4. 【改札外】千疋屋

 

東京駅一番街の地下1階にあるのは、新鮮なフルーツと上質なスイーツが堪能できる千疋屋です。

改札の中にあるグランスタ内にも同店舗がありますが、改札外の東京駅一番街店ではカフェの利用が可能です。

 

グランスタ内ではケーキとグロサリーの販売しか行なっていないので、間違えないように気を付けてくださいね。

 

外観の写真

 

千疋屋があるのは、一番街のちょうど真ん中あたり。

改札内から向かう場合には「八重洲地下中央口改札」から、改札外からは「八重洲北口」「八重洲中央口」の間にある階段から下って向かうと分かりやすいですよ。

 

メニューの写真

 

千疋屋のモーニングは、開店と同時の8時半から11時までの時間帯です。

高級なイメージがある千疋屋ですが、モーニングは殆んどが1,000円以下という良心的な価格。

「サンドセット」「ワッフルセット」「シリアルボウル」といったメニューが揃っており、注文だけでも目移りしてしまうかも。

全てのメニューでドリンクのセレクトが可能となっており、ブレンドコーヒー・レモンティー・フルーツティーなどの中から選ぶことができます。

 

中でも人気の「ワッフルセット」は、ひと口サイズのワッフルにたっぷりのフルーツが盛り付けられているモーニングセット。

表面がカリッと焼かれたワッフルはクセがなくて、トッピングのラズベリーソースとも相性バツグンです。

 

さらに写真映え・インスタ映えも狙えるほどこんもりと盛り付けられたフルーツは、どれを食べても大満足のお味。

季節によってトッピングされるフルーツは変化するので、四季折々の味を楽しみたい時にもうってつけですね。

ワッフルのボリュームはさほど多くないので、さっと朝食を済ませたい時にぴったりです。

 

ショーケースの写真

 

千疋屋のモーニングは、行なっている店舗と行っていない店舗があります。

東京駅周辺では「東京大丸」の中か一番街店となっているので、東京駅から近くて早い時間帯から開店している一番街店は混みやすい店舗となっています。

 

休日にモーニングを楽しみたい方は、開店直後の時間帯を狙うと並ぶことなくちょっと贅沢な朝食にありつくことができますよ。

ぜひ、訪れる時間帯を気にかけながら、お得な価格で千疋屋のフルーツを楽しんでみてください。

 

千疋屋の店舗情報

 

住所:〒100−0005 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 北通り

マップ: Googleマップ

アクセス:JR東京駅八重洲地下中央改札口から徒歩1分

電話番号:03-3212-2517

営業時間:

【月〜金】
[物販]9:00〜20:00
[パーラー]8:30〜20:30(L.O. 20:00)

【土日祝日】
[物販]9:00〜20:00
[パーラー]8:30〜20:00(L.O. 19:30)

※モーニングは8:30〜11:00

定休日:無休

予算:〜999円

禁煙・喫煙:全席喫煙

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

5. 【改札外】諸国 ひものと

 

諸国 ひものとは、東京駅の一番街内にお店を構えている魚介定食の専門店。

アジやサバ、ほっけなどの魚介を焼き魚にして提供しており、朝からしっかりと食事を摂りたい方におすすめのお店です。

 

店頭の写真

 

モーニングの時間帯は7時から9時30分までの2時間半です。

ラストオーダーが9時なので、9時までには入店しておくように注意してください。

 

店頭の写真

 

店内には、カウンター席とテーブル席が用意されています。

1〜2人で訪れる際はカウンター席に座ると、厨房の様子を見ながら料理を待つことができるのでおすすめ。

早朝から職人の手捌きを見て、ほっこりとした気分になれますよ。

 

 

朝食の時間帯に注文できるのは、「アジ干物定食」「鮭定食」「しらす丼」などの魚介がメインのグルメです。

 

中でも同店イチオシの定食は「しらす丼」。

しらす丼は、たっぷりの釜揚げしらすが盛り付けてある上に、温泉卵がドドンと乗っています。

 

見た目もゴージャスですが、食べてみても特上の味わいを楽めるんです。

温泉卵によってしらすがまろやかな風味になるので、食欲のない朝でもサクサクと食べられます。

 

セットにはお新香と味噌汁も付いているので、味の変化も楽しめるはず。

 

 

同店は朝食だけでなく、ランチタイムや宴会の際にも利用可能です。

自宅では、なかなか食べる機会が少なくなっている焼き魚。

 

ぜひ東京駅で焼き魚の美味しさに舌鼓を打ってみてください。

 

諸国 ひものとの店舗情報

 

住所:〒100−0005 東京駅千代田区丸の内1−9−1 B1

マップ: Googleマップ

アクセス:JR東京駅八重洲南口から徒歩1分

電話番号:03-6206-3093

営業時間:

【モーニング】7:00〜9:30(L.O. 9:00)
【ランチ】10:00〜15:00
【ディナー】15:00〜23:00(L.O. 22:30)

定休日:無し

予算:【通常】3,500円 【宴会】4,000円 【ランチ】1,000円

禁煙・喫煙:店内全面禁煙(店外・屋外に喫煙スペースあり)

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン: ぐるなび 食べログ

 

 


6. 【改札外】そば処 為治郎

 

そば処 為治郎は、八重洲中央口と八重洲北口のちょうど真ん中に店を構えています。

どちらの改札口からでも1分ほどで行けるので、利便性も抜群です。

 

外観の写真

 

また、為次郎は「東京駅一番街」の中にありますが、お店が集まっている地下1階ではなく、改札がある1階にお店を構えています。

 

地下1階の一番街は「キャラクターストリート」や「東京ラーメンストリート」など、初めて訪れる方にとっては少し混雑していて迷いやすいかもしれません。

一方で、為次郎は1階に店を構えているので、駅員さんにも訪ねやすく、初めて東京駅を訪れる人でも分かりやすい場所にありますよ。

 

メニューの写真

 

外観は、木製格子と紺色ののれんで統一されています。

店の外からは店内が見えないように工夫が施されており、せわしない東京駅の朝でもゆったりと朝食をいただくことができます。

 

店内には30ほどの席が用意されており、1つ1つの席の間がゆったりと造られている印象。

複数人でも来店できますが、1人でも入店しやすいようにカウンター席も設けられていました。

 

朝食を注文できるのは、オープンから10時までのみ。

特に休日のモーニング時間帯は混みやすいので、混雑覚悟で訪れた方がいいかもしれません。

 

店内の写真

 

入店すると、店頭で食券の購入へと案内されます。

モーニングは610円でうどんもしくはお蕎麦、ライス、温泉卵、八つ橋が付いてきます。

東京に居ながら、本格的な京都のお蕎麦が食べられるのはお得感満載ですね。

 

今回は、「そば処」と言われている為治郎なので温かいお蕎麦をチョイスしました。

注文から数分で、お蕎麦の盛り付けられた丼と、ライス、温泉卵、八つ橋のセットが到着。

 

お蕎麦の写真

 

まずはお蕎麦をひと啜りしてみると、すぐにダシの効いたそば粉の風味が感じられました。

咀嚼を進めていくにつれ、コシのあるお蕎麦のうま味が増していきます。

つるっと食べられるお蕎麦でなく、しっかりと噛むほどにうま味が増加するので食べていても飽きがきません。

 

お蕎麦の上には、アクセントになる長ネギもこんもりと盛り付けられています。

新鮮なネギと、深みのあるダシ、咀嚼するほど病みつきになるお蕎麦は、食べた人全てを虜にしてしまうほどの破壊力を持っているのではないでしょうか。

卓上には黒七味、山椒もあるので、お好みで味の調節を行なってみると良いでしょう。

 

お蕎麦の写真

 

食事も終盤になった頃、ふと「白米はどのように食べればいいのだろうか」と疑問が生まれます。

普段はお蕎麦と白米は一緒に食べないという人も多いかもしれませんが、ここでは挑戦してみることにしました。

 

白米を含んだ後にお蕎麦を啜ってみると、ダシが白米に染み込み、ちょうどいい塩梅となって生まれ変わりました。

食べ方は人それぞれかもしれませんが、お蕎麦と白米を一緒に食べる方法もぜひ試してみてくださいね。

 

八ツ橋の写真

 

為治郎の魅力は、食後に「本家西尾八ツ橋」の八つ橋を食べることができるところです。

朝からがっつりとしたお口直しは好まない方や、カロリーが気になる方でもすんなりと食べられるので、八つ橋目当てで来店される方も多いんだとか。

ぜひ、東京駅で京都の味を楽しみたい方は訪れてみてください。

 

為治郎の店舗情報

 

住所:〒100−0005 東京都千代田区丸の内1−9−1 東京駅一番街1F

マップ: Googleマップ

アクセス:JR東京駅八重洲中央改札口から徒歩1分

電話番号:03-3216-6717

営業時間:【月〜日】[ランチ・ディナー]7:30〜21:00(L.O. 20:45)

定休日:無し

予算:850円

禁煙・喫煙:終日禁煙

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ ぐるなび

 

 

7. 【改札外】六厘舎

 

東京駅構内にあるラーメンストリートの人気店「六厘舎」。

 

ラーメンストリートは、2009年にオープンしたラーメンの人気店を集結させたエリアで、東京駅一番街の地下に位置します。

現在は全8店舗が出店しており、六厘舎は中でもオープン当初から変わらず行列が絶えない人気店です。

 

 

7:30からオープンしているため、朝から麺料理でガツンと精をつけたい方はモーニング利用もおすすめ。

ランチやディナー時よりも比較的回転が早く、短い待ち時間で入店することがでます。

 

六厘舎は「つけ麺」のパイオニアとして知られている名店で、動物系ベースの濃厚スープが特徴。

 

 

シンプルな「つけめん」は850円となっており、麺は並盛り、大盛り、特盛から選ぶことができます。

人気は味玉がトッピングされた「味玉つけめん(950円)」で、贅沢にいただくなら、味玉と豚ほぐしがトッピングされた「特製つけ麺(1,080円)」がおすすめです。

 

 

こちらは「味玉つけめん」で、麺は並盛りのサイズ。

並盛りでも食べ応えある量となっているので、モーニング利用には並盛りでも十分。

濃厚なスープは大量の食材を長時間煮込んで作られたもので、甘さ・辛さ・酸味のバランスが絶妙です。

 

トッピングは、味玉に加えて、ねぎとめんま、辛味にチャーシュー。

海苔の上にのせられているのは魚粉で、この魚粉をお好みで溶かしながら味の変化を楽しめます。

 

 

ストレートの太麺は、しっかりとつけダレを絡みとってくれ、食べ応えのある弾力。

ランチにも同じものを注文したくなるほど、虜になってしまうこと間違いなしの一品です。

 

六厘舎の店舗情報

 

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1F 東京ラーメンストリート内

マップ: Googleマップ

アクセス:JR各線「東京」駅の八重洲口B1F

電話:03-3286-0166

定休日:年中無休

営業時間:

7:30~9:45(L.O.9:30)
10:00~23:00(L.O.22:30)

予算:〜999円

席数:26席

禁煙・喫煙:全席禁煙

クレジットカード:カード不可、電子マネー可

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 


<東京駅周辺のおすすめモーニング>

 

東京駅を一歩出ると、そこはたくさんのサラリーマンが行き来するオフィス街。

周辺には利便性の高い銀行や商業施設、コンビニなどもありますが、朝早くからモーニング目当ての方を待っているお店も山ほどあります。

 

ここからは、東京駅から徒歩10分以内で行けるモーニングの美味しいお店を紹介していきます。

和食や洋食、喫茶店など、様々なカテゴリーのお店があるので、気分によってセレクトしてみてはいかがでしょうか。

 

1.  アロマ珈琲

 

アロマ珈琲は、東京駅八重洲中央口から徒歩3分ほどで向かえる喫茶店。

「八重洲地下街」の中にあり、この中は碁盤の目のように通路が重なっています。

 

早朝から営業しているお店も多く、東京駅でモーニングを食べる時には重宝できる場所です。

飲食店だけでなく、服飾店やお土産さんも揃っているので、東京駅の喧騒から少し距離を置きたい時にぴったりな場所ですよ。

 

メニューの写真

 

アロマ珈琲は、「八重洲地下1番通り」に店を構えており、通路から一歩地下に入ったところにあります。

そのため、窓際の席からは道ゆく人々の足元だけが見える構図になっており、人目を気にせずモーニングを楽しむことが可能です。

 

また、店内は西武をイメージした異国間溢れる空間。

店内には西武をイメージした骨董品や装飾が施されているので、日常から切り離されたような特別な時間を楽しめること間違いなしです。

 

メニューの写真

 

オープンから12時までの時間帯で注文できるモーニングは、4枚切りほどの分厚いトースト・ゆで卵・ドリンクがセットになったグルメ。

全部合わせて550円で食べられるので、かなり良心的なお店と言えます。

 

コーヒーの写真

 

注文から5分ほど待っていると、まずはアツアツのコーヒーが運ばれてきました。

コーヒー特有の苦みがありながら、飲み進めるとマイルドな味わいも楽しめます。

運ばれてきたミルクと、卓上にあるお砂糖でテイストの調整を行なってみてください。

 

モーニングセットの写真

 

その後、大きなバケットに収まったトーストがご到着。

トーストは予想よりもボリューム感があり、食べ始める前までは「本当に完食できるかな?」と少し不安を覚えました。

 

しかし、トーストをひと口食べてみると、その不安は消え去ります。

カリッと表面が焼かれたトーストは、口の中でふんわりと溶け、一気に幸福感をもたらしました。

 

トーストは小麦の味がしっかりと感じられ、塩気のあるバターを添えることで甘みが増していく印象。

バター以外にも苺ジャムとあんこが添えられているので、味の変化を楽しみながら食事ができますよ。

 

トーストの写真

 

アロマ珈琲はモーニング以外にも、単品料理のクオリティに目を奪われます。

ストレートティーは、最近では珍しい「フレンチプレス」で提供してくれました。

 

フレンチプレスとは、ガラス製の筒状器具のことを指しており、元はコーヒーを抽出するために生み出された道具。

容器内のフィルターが紅茶の葉をしっかりと抽出してくれるので、現在の日本では紅茶を淹れる際の道具として使用されています。

 

フレンチプレスの写真

 

繊細で美しいフォルムのフレンチプレスから注がれる紅茶はコーヒー好きだけでなく、紅茶好きからも支持されていますよ。

 

ロゴの写真

 

さらに「ミックスサンド」「ピザトースト」といった軽食も、ほとんどが800円以内で注文できます。

リーズナブルな価格で昔懐かしいテイストを味わいたい方は、ぜひ足を運んでみてください。

 

アロマ珈琲の店舗情報

 

住所:〒104−0028 東京都中央区八重洲2−1 八重洲地下街中4号

マップ: Googleマップ

アクセス:JR上越新幹線東京駅八重洲中央口から徒歩3分

電話番号:03-3275-3531

営業時間:

6:30〜21:30(L.O. 21:15)
【土】7:00〜21:00(L.O. 20:45)
【日・祝】7:30〜21:00(L.O. 20:45)

定休日:年中無休

予算:〜999円

禁煙・喫煙:全席喫煙

クレジットカード:カード使用不可

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 

2. ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店

 

 

東京駅直結の食と音楽と美を楽しめる複合施設「TOKIA」の一階にある「ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店」。

フランス系の焼きたてパンが名物のお店ですが、フランスに本店はなく日本発のブラッスリーです。

 

ミシュランガイドにも掲載されているお店で、フランス系のパンはもちろんのこと、ランチやディナーにはサラダやお肉の本格料理を楽しめるため、女子会やデートなどのおしゃれな食事にも重宝されています。
 

 

お店の外にはテラス席が充実していて、パリの街角を思わせるような爽やかな雰囲気。

店内は、パリをイメージしたクラシカルな内装が特徴です。

 

9:00からオープンしており、モーニングの時間帯は焼きたてのパンコーヒーでモーニング(プチデジュネ)を楽しむことができます。

 

 

店内には、バゲットやクロワッサンをはじめ、惣菜系パンや菓子パンがずらりと並んでいます。

もちろんテイクアウトも可能で、ここのパンを買うためにはるばる遠方から訪れる方も多いのだそう。

 

 

人気はフランス産のエシレバターを使った「クロワッサン」や、エシレバターとの相性が抜群の「バゲット」。

甘めのデニッシュ生地でカスタードクリームやレーズンをくるんだ、エスカルゴのような形をした「パン・オ・レザン」もおすすめです。

 

また、朝食にはサラダ、スープ、クロワッサンがセットになったモーニングセット(900円)もおすすめ。

これだけでは少し物足りないという方には、クロワッサンとハーフサンドイッチ、ドリンクがセットになった1,300円のモーニングセットもあります。

 

リーズナブルにサクッと楽しみたい方は、クロワッサンとドリンクのセット(700円)をどうぞ。

 

ブラッスリー・ヴィロン 丸の内店の店舗情報 

 

住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 1F

マップ: Googleマップ

アクセス:

JR東京駅の丸の内南口より徒歩3分
JR有楽町駅より徒歩7分
丸ノ内線東京駅より徒歩約3分
有楽町線有楽町駅より徒歩5分
千代田線二重橋前駅7番出口より徒歩約5分

電話番号:050-5596-5875

定休日:無休

営業時間:

【モーニング】9:00~11:00(L.O)
【ランチ】11:30~14:00(L.O)
【カフェ】14:00~17:00 (L.O)
【ディナー】18:00~21:00(L.O)

予算:

ランチ 2,000~2,999円
ディナー 6,000~7,999円

席数:60席

禁煙・喫煙:全席禁煙

クレジットカード:カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)電子マネー不可

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

 

3. やえす初藤

 

やえす初藤が店を構えているのは、八重洲地下街の中。

東京駅から徒歩1分で到着する好立地なので、天候が悪い日でも訪れやすいですね。

 

外観の写真

 

やえす初藤をひとことで表すと「いつでも飲める居酒屋」。

昼夜を問わず、店が空いている時間帯であればいつでも飲酒が可能です。

 

もちろん、朝定食を頼みながら呑むこともできるので、休日に訪れてみると面白いかもしれません。

 

 

同店で味わえる朝食メニューは、日本の朝ごはんを具現化したようなメニューばかり。

「目玉焼き」「納豆定食」「肉豆腐定食」「焼しゃけ定食」などのメニューが700円未満で堪能できます。

 

 

数あるメニューの中でもおすすめしたいのは、税込590円の「肉豆腐定食」です。

肉豆腐定食のセットは、白米・お新香・焼き海苔・お味噌汁などのグルメが付いてきます。

肉豆腐はさっぱりとした味わいなので、「朝からがっつり食べられない!」という方でもすんなりと食べられるはず。

 

店内は黒を基調にした、落ち着いた雰囲気が特徴です。

1人でも複数人でも来店しやすい雰囲気なので、ゆったりとした時間を過ごしたい時に利用してみてくださいね。

 

やえす初藤の店舗情報

 

住所:〒103−0028 東京都中央区八重洲2−1 八重洲地下街 北1号

マップ: Googleマップ

アクセス:JR東京駅から徒歩1分

電話番号:03-3275-1676

営業時間:

7:00〜22:00(L.O. 21:30)
【金・祝前日】7:00〜22:30(L.O. 22:00)
【土日祝】7:00〜21:30(L.O. 21:00)

定休日:無し

予算:2,500〜3,000円

禁煙・喫煙:喫煙可能

クレジットカード:カード利用可能 ※7:00〜11:00の時間帯はカード利用不可

予約サイト・口コミ・クーポン: ホットペッパーグルメ 食べログ ぐるなび

 

 

4. 味噌汁専門店 美噌元

 

丸の内南口から徒歩1分の距離にあるのは、味噌汁を専門店としている美噌元。

KITTEの地下1階に店を構えており、KITTEの開店と同時にオープンします。

 

外観の写真

 

外観は白を基調にしたシンプルなデザインで、お店の外からはショーケースを確認することが可能。

ショーケース内の商品を購入したり、味噌汁だけのテイクアウト、店内での飲食をすることができます。

 

メニューの写真

 

レジに向かって右側にイートインスペースが設けられており、テーブル席とカウンター席を合わせて15席余り。

女性のお客様が中心ですが、ランチタイムにはサラリーマンの男性も多く来店しています。

 

通常のモーニング時間帯よりは少し遅めになるものの、ランチを兼ねてご飯を食べたい時に利用しやすいかもしれません。

 

ごはんトッピングセットの写真

 

メニューは大きく分けて2種類あり、「トロロ丼のセット」(税込1,180円)「ごはんトッピングセット」(1品:税込980円・2品:税込1,180円)からセレクトできます。

さらに同店自慢の汁物は、「美噌元の豚汁」と「野菜の味噌ポタージュ」から選択することができました。

汁物はどちらも税込780円で、単品のみでの注文も可能です。

 

豚汁の写真

 

今回訪れた際は、「ごはんトッピングセット」と「美噌元の豚汁」をオーダー。

ご飯のおともには「あみの佃煮」をトッピングしていただきました。

 

豚汁の写真

 

運ばれてきた時に驚いたのは、汁物のボリューム。

どんぶりいっぱいに豚汁が入っており、持ってみるとかなりの重量を感じます。

 

豚汁に使用されているのは、豚バラ肉・水菜・こんにゃく・豆腐・玉ねぎ・にんじん・大根などの種類豊富な野菜たち。

舌の上でほろっと崩れる寸前まで煮込んであるので、どれを食べてもほっこりとした気持ちになることができました。

 

豚汁は意外にも味噌の主張が薄い印象。

ただ、後からダシの深い味わいが感じられ、まろやかな味噌の香りが鼻腔をくすぐります。

 

豚汁には、信州赤味噌と信州白味噌の2種類を使用されています。

2つの味噌のコク深い味わいとさわやかさがマッチしており、どんぶりに入った豚汁もスイスイ飲み切れてしまいました。

 

白米の写真

 

別添えのごはんには、あみの佃煮がたっぷりかかった状態で登場。

あみの甘さが豚汁の塩気とよく合い、お茶碗1杯がぺろりと完食できてしまいます。

 

あみの佃煮の写真

 

同店の混雑ピークは11:30頃からスタート。

周辺にある会社のお昼休み時間が混雑しやすいので、モーニングとランチを兼ねて食べたい人は開店と同時に訪れると待ち時間短縮に繋がりますよ。

どこか懐かしい味噌汁の味わいを朝から堪能したい方は、時間帯を考慮しながら訪れてみてください。

 

味噌汁専門店 美噌元の店舗情報

 

住所:〒100−7090 東京都千代田区丸の内2−7−2 JPタワーKITTE B1

マップ: Googleマップ

アクセス:

JR東京駅丸の内南口から徒歩1分
地下鉄丸ノ内線東京駅から徒歩1分
地下鉄千代田線二重橋前丸の内駅から徒歩2分

電話番号:03-6256-0831

営業時間:

【月〜土】10:00〜21:00
【日・祝】10:00〜20:00(祝前日は〜21:00)

定休日:年中無休

予算:【通常・ランチ】850円

禁煙・喫煙:完全禁煙

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

5.  ダブル サンドイッチ

 

ダブルサンドイッチは、東京駅から10分弱歩いたところにあるカフェです。

 

早朝に東京駅に着いて、「することがない!」となった際に、東京駅観光を兼ねて訪れてみると良さそう。

さらに大手町駅からも徒歩4分ほどで到着するので、東西線や半蔵門線を利用している方は訪れやすいかもしれません。

 

外観の写真

 

同店は「大手町フィナンシャルシティーノースタワー」内にあります。

正面の出入り口から入ると、目の前に店頭が見えてきますよ。

 

平日8時から10時の時間限定で食べられるのは、コーヒーとサンドイッチのセット。

ランチの時間帯だと1,000円ほどするメニューがモーニングの時間帯は550円で食べられるので、お得感も満載です。

 

メニューの写真

 

サンドイッチには、ハムとレタスがボリューミーにサンドされています。

バンズから飛び出るほどのハムは、肉厚で食べ応えもバツグン。

新鮮なレタスとトマトも挟んであるため、カロリーが気になる方でも罪悪感なく食べられることでしょう。

 

メニューの写真

 

また、セットで付いてくるコーヒーはシアトル最高の評価を得ている「カフェアパショナート」のスペシャルブレンドを提供。

提供されているコーヒーは、化学物質を一切使用していません。

自然加工のコーヒーならではの深みや味わいをサンドイッチと共に味わってみてください。

 

同店の席は大半がお店の外のテラス席。

しかし、お店自体が室内にあるので、天気や気温に左右されず快適な空間でモーニングが楽しめます。

席が空いていれば、パラソルの下で朝食を優雅に堪能しても良さそうですね。

 

ダブル サンドイッチの店舗情報

 

住所:〒100−0004 東京と千代田区大手町1−9−5 大手町フィナンシャルシティノースタワー

マップ: Googleマップ

アクセス:地下鉄丸ノ内線大手町駅A2番出口から徒歩3分

電話番号:03-5205-1082

営業時間:

【月〜金】
8:00〜20:00(L.O. 20:00)
[ランチ]11:00〜14:00

定休日:土曜日・日曜日

予算:【通常】1,500円 【ランチ】1,200円

禁煙・喫煙:完全禁煙

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ ぐるなび

 

 

6.  サラベス 東京店 

 

サラベスは「ニューヨークの朝食の女王」という別名を持っているカフェ。

ニューヨークの朝食と聞いて、思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

 

ロゴの写真

 

東京駅付近では、「鉄鋼ビルディング」の2・3階 に店を構えており、早朝でも陽が差し込む開放的な店内が特徴です。

鉄鋼ビルディングの中から行く場合、2階が店頭となっているので、エレベーターは2階で降りてくださいね。

 

外観の写真

 

今回おすすめする朝食メニューは、「アーリーバードプレート」(税抜1,200円)。

朝食としては少し根が張りますが、値段以上の満足を得ることができますよ。

 

セットとなっているのは、スクランブルエッグ・グリルドベーコン・サラダ・トースト&クロワッサン・ドリンク。

このメニューは東京店でしか食べられない限定メニューとなっているため、既にサラベスを訪れたことがある方でもチェックしておきたいですね。

 

また、朝食の提供平日の8時から9時半までなので、曜日や時間帯を間違えないように気をつけてください。

 

メニューの写真

 

同店最大の魅力は、値段に見合うボリューム感です。

少なからず「モーニングは少量で女性が食べるもの」というイメージがあるかもしれませんが、主食にトーストとクロワッサンがあることで男性でも満足できる量の朝食を頂くことができるんです。

 

とろっとろのスクランブルエッグと、肉厚のベーコン、たっぷりのサラダにありつけるサラベスのモーニング。

朝から元気をチャージしたい時や、優雅な空間でモーニングを楽しみたい方はチェックしてみてください。

 

サラベス 東京店の店舗情報

 

住所:〒100−0005 東京駅千代田区丸の内1−8−2 鉄鋼ビルディング南館2・3F

マップ: Googleマップ

アクセス:JR東京駅 八重洲北口から徒歩2分

電話番号:03-6206-3551

営業時間:

【2F】
[月〜金]8:00〜23:00
[土]9:00〜23:00
[日・祝日]9:00〜22:00

【3F Roof Top Terrace】
[月〜土]11:00〜23:00
[日・祝]11:00〜18:00

定休日:無し

予算:【ランチ】1,000〜1,999円 【ディナー】3,000〜3,999円

禁煙・喫煙:完全禁煙

クレジットカード:カード使用可能

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ ぐるなび

 

 

7. M&C Cafe 丸の内店

 

 

丸の内北口から徒歩1分の商業施設「丸の内オアゾ」の中にある「M&C Cafe」。

創業140年を迎えた老舗書店「丸善」とコラボしてできたカフェで、4階の丸善の中に位置します。

 

書店と同じフロアにありますが、本に囲まれたブックカフェというイメージではなく、おしゃれなカフェ&レストランのような雰囲気。
 

 

一人で朝の時間をゆっくり過ごしたい時にはもちろん、女子同士、カップルでおしゃれに朝を迎えたい時にもぴったり。

9:00から営業していて、おしゃれな洋食メニューを終日楽しむことができます。

 

丸善の創業者である早矢仕有的さんが考案した「早矢仕ライス」が名物です。

早矢仕ライス発祥のお店としても知られていて、これを食べにわざわざ訪れる方も多いほど。

 

 

早矢仕ライスにも数種類あり、伝統的なメニューは「ポーク早矢仕ライス(1,180円)」。

ソースはかなり濃厚な仕上がりとなっていて、白ご飯がよく進みます。

 

贅沢にいただきたい方は、ポーク早矢仕ライスをベースにビーフと玉ねぎをたっぷり加えた「ビーフプレミアム早矢仕ライス(1,380円)」がおすすめ。

ポークとビーフの2種類をあいがけした「ポーク&ビーフ早矢仕ライス(1,480円)」もあります。

 

 

変わり種にチャレンジするなら、オムライスと早矢仕ライスをハイブリッドした「早矢仕オムライス(1,280円)」で決まり。

オムライスの上に丸善秘伝の早矢仕ソースをたっぷり仕上げた、デミグラスオムライスとはまた違った味わいを楽しむことができる一品です。

 

ビーフを加えたソースをかけた「プレミアム早矢仕ライス(1,480円)」、ポーク&ビーフのあいがけ(1,580円)もあります。

 

 

食後のデザートの人気は「檸檬ケーキ(750円)」。

梶井基次郎さんの代表作でもある小説「檸檬」に登場するレモン爆弾をイメージして作られたスイーツで、ここM&C cafeの名物的存在です。

 

レモンの皮を使った器の中には、レモン果肉が入った冷たいムースがたっぷり。

温かいレモンソースをかけながらいただきます。

 

濃厚な早矢仕ライスでしっかり腹ごしらえした後に、スッキリ爽快感を味わえるデザートです。

 

M&C Cafe 丸の内オアゾの店舗情報

 

住所:東京都千代田区丸の内1-6-4 丸の内オアゾ 4F

マップ: Googleマップ

アクセス:JR東京駅丸の内北口から徒歩1分

電話番号:03-3214-1013

定休日:不定休、年中無休

営業時間:9:00~21:00(L.O.20:30)

予算:1,000~1,999円

席数:68席

禁煙・喫煙:全席禁煙

クレジットカード:カード可(VISA、JCB)

予約サイト・口コミ・クーポン: 食べログ

 

 

今回は、東京駅周辺でいただけるモーニングや朝定食をご紹介しました。

出勤前に軽く腹ごしらえをしたい時や、観光までの時間を潰したい時など、シチュエーションによってぴったりなお店を選んでみてくださいね。

 

▼東京駅のグルメ関連記事

 

・  東京駅でランチなら!日本橋・丸の内・八重洲エリア別の安くて美味しいランチ21選

・  東京駅周辺のおすすめランチスポット21選

・  東京駅近辺、丸の内で優雅なランチタイムを過ごせるお店9選!

・  東京駅・八重洲地下街で食べられるおすすめの絶品ランチ12選!

・  東京駅周辺のおすすめカフェ20選!本格和スイーツからおしゃれなカフェランチまで

・  お土産探しはこれで決まり♪東京駅のおすすめスイーツ20選

 

 

文: 彅野アン


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(964)
北海道・東北(29)
  北海道(12)
  岩手(5)
  宮城(8)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(709)
  埼玉(14)
  千葉(17)
  東京(598)
  神奈川(65)
  茨城(4)
  栃木(6)
  群馬(3)
  山梨(2)
甲信越・北陸・東海(34)
  長野(2)
  新潟(2)
  富山(1)
  石川(3)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(3)
  愛知(19)
近畿(124)
  滋賀(3)
  京都(23)
  大阪(69)
  兵庫(23)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(18)
  岡山(4)
  広島(9)
  徳島(2)
  香川(1)
  愛媛(1)
  高知(1)
九州・沖縄(29)
  福岡(21)
  佐賀(1)
  長崎(2)
  熊本(3)
  宮崎(1)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(2)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(845)
ディナー/夕食/夜ご飯(772)
レストラン(521)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(255)
カフェ/喫茶店(418)
スイーツ(207)
ファーストフード(289)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(96)
ぼっち飯/ソロ飯(708)
ファミリー(741)
デート(764)
女子会(650)
記念日/誕生日(247)
夜景/絶景(74)
ヘルシー/オーガニック(120)
安い/格安/リーズナブル(723)
接待/会食/ビジネス(239)
行列の出来る人気店(54)
ホテルレストラン(12)
ミシュラン/ビブグルマン(6)
合コン/コンパ(12)
モーニング/朝食/朝ごはん(16)
テイクアウト/宅配/デリバリー(82)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(21)
お手軽レシピ(33)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(16)
世界の料理/食事(18)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(49)
百貨店/名店(33)
通販(25)
お酒/アルコール(5)
料理雑貨(5)
歴史/豆知識(39)
種類まとめ(15)
プレゼント/ギフト(26)

料理ジャンル

和食(72)
洋食(45)
中華/餃子/小籠包(21)
イタリアン(25)
フレンチ(7)
エスニック(20)
焼肉/肉料理(38)
海鮮/寿司(18)
ラーメン/つけ麺/油そば(135)

人気記事ランキング