logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 兵庫

「明石焼き」の名店10選!本場である兵庫明石の玉子焼きを堪能しよう♪




「明石焼きはたこ焼きを出汁で食べるもの?」
いえいえ、実は全く別物なんです。

明石焼きは地元では「玉子焼き」と呼ばれるほど、玉子たっぷりでふわとろ。
小麦粉からたんぱく質成分を除き、でんぷん質のみを取り出して精製した粉・じん粉(浮き粉)を使用しているので、加熱しても固まらず、ふんわりプルプルなのが特徴です。
美味しい出汁も、粉の分量もお店によって色々とこだわりがあります。

本記事では兵庫明石で人気のお店を中心に、神戸市内のお店も合わせてご紹介します。
ふわとろの玉子焼きを食べに行きましょう!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】「明石焼き」の名店10選!本場である兵庫明石の玉子焼きを堪能しよう♪

 

明石焼きって何?

明石焼きのルーツは?

たこ焼きの元祖なの?

明石焼きの食べ方は?

<本場の兵庫明石で食べる玉子焼き(明石焼き)>

1. ふなまち

2. 玉子焼き専門店 松竹

3. てんしん

4. 明石玉子焼き 今中

5. たこ磯

6. 本家きむらや

<姫路で食べるべきおすすめの明石焼き>

タコピア

<神戸で食べるべきおすすめの明石焼き>

1. たこ焼きたちばな さんプラザ店

2. 明石焼き 司

3. 菊兆

 

 

明石焼きって何?

 

その名の通り、兵庫県明石市の名物料理です。

明石市以外の方からは「明石焼き」と呼ばれ、地元の人たちは「玉子焼き」と呼んでいます。

さらに、県外の方からは「ああ、たこ焼きを出汁につけて食べるアレでしょ?」などと思われていますが、姿かたちはたこ焼きに似ていても全くの別物です。

 

たこ焼きを焼くのは鋳鉄製の鍋ですが、玉子焼きは熱伝導が良く、生地のふんわり感を引き出せる銅製鍋を使用。

また、その銅製鍋を傷つけないように、たこ焼きのように千枚通しではなく、菜箸を使い焼き上げます。

 

明石焼きのルーツは?

 

諸説ありますが、そのルーツは江戸時代に遡ります。

明石の地場産業として栄えていたのが、模造サンゴの「明石玉」。

この製造には大量の卵の白身が必要で、黄身が大量に残ってしまいました。

黄身を活用するために、卵の黄身がたっぷり入った「玉子焼き」があみ出されたといいます。

具には明石産のタコが使われ、醤油味の出汁に浸して食べるようになりました。


たこ焼きの元祖なの?

 

明石焼き

 

たこ焼きが生まれたのは昭和になってから。

明治から大正にかけては、小麦粉を溶いたところにすじ肉を入れて丸く焼いた「ラヂオ焼き」が、子供のおやつとして広く食べられていました。

昭和8年、大阪の今里でラヂオ焼きの屋台として創業した「会津屋」で、常連さんが「大阪では牛肉かいな、明石ではタコが入ってるで」と言ったことから、明石焼きをヒントにした「タコ焼き」を誕生させました。

これは昭和10年のことでした。

ここから大阪のたこ焼き文化が広がっていったというので、たこ焼きの元祖になったのは明石の明石焼きということになります。

 

明石焼きの食べ方は?

 

明石焼きの美味しさを左右するのは、何といっても出汁の味。

この出汁がお店によって様々で、アツアツで出てくるお店と、冷たい出汁のお店があるんですよ。

もともとは熱い玉子焼きを冷やすための冷たい出汁でしたが、昭和30年代に神戸元町の店で温かい出汁を出すようになり、現在では明石でも温かい出汁を出す店も多くなりました。

 

冷たい出汁と温かい出汁、どちらが美味しいというのではなく、完全に好みの問題。

まずはお塩でどうぞ、そのあとで出汁につけてくださいというお店もあります。

 

また、明石よりも西、姫路では出汁につける前にソースをかける「姫路食い」というスタイルが主流。

明石の有名店の中でも、ご自由な食べ方でどうぞとばかりソースを卓上に置いているお店も多いので、食べ方も多様化しているようです。

 

 

<本場の兵庫明石で食べる玉子焼き(明石焼き)>

 

魚の棚

 

写真は明石駅前の商店街「魚の棚」うおんたな、と呼ばれています。

ご覧の通り、看板にはトレードマークのタコがずらり。

新鮮なタコはもちろん、明石鯛、あなごなど、明石近海で水揚げされる魚介類を扱う鮮魚店が多く、見て歩くだけでも楽しいスポットです。

現在この魚の棚商店街だけでも、明石焼きを提供するお店は8軒もあり、明石市内には70軒以上のお店があります。

 

一般的に店名や看板などに「玉子焼き」を使うお店は老舗が多く、「明石焼き」を使うお店は観光客向けと言われています。

しかし、明石市が明石の名前を広めるために、「明石焼き」の名前を使うことを推奨した時期もあったので、名前だけでの判断は難しいところです。

 

1. ふなまち

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by マッチャオ(愛機はninjaサスケくん) (@zumix68) on

 

平日はお好み焼きと焼きそばも提供していますが、土日祝は玉子焼きのみ。

ふわふわとろける玉子焼きは、出汁の入れ物までギリギリ運べるほどの柔らかさです。

何もつけずにそのままでも美味しいとの声が多い、ふなまちの玉子焼き。

 

出汁は昔ながらの冷たいタイプです。

卓上には甘口、辛口のソースと青海苔、一味、七味が置かれているので味付けは自由。

そのまま出汁のみ、ソースと出汁と、色々な食べ方を楽しんでみましょう。

 

行列ができますが、座席数が8席で回転も早いため、頑張って並んでくださいね。

焼きそばやお好み焼きは驚くほどリーズナブルで美味しいので、平日狙いも良いでしょう。

 

メニュー

 

玉子焼き:20個入り 600円

ぶた玉:400円

タコ玉:450円

(価格は税込みです)

 

ふなまちの店舗情報

 

住所 :兵庫県明石市材木町5-12

マップ: Googleマップ

アクセス :

JR・山陽電車「明石駅」(南口)から徒歩13分
山陽電車「西新町駅」から徒歩18分

電話番号 :078-912-3508

定休日 :金曜日、木曜不定休あり

営業時間 :10:30~18:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

2. 玉子焼き専門店 松竹

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by yskxxx (@yosukesatoh) on

 

三代続くという老舗の玉子焼き店「松竹」は、地元民の支持率が高いお店です。

表面はカリッとしていて中はふんわりタイプ。

他のお店に比べるとやや焼き色が濃いのが特徴です。

全部ふわとろというお店が多いので、この食感が好きというファンが集まります。

 

鰹節、昆布などでとった出汁はアツアツ。

三つ葉と刻み葱をたっぷり入れていただきます。

刻み三つ葉は入れ放題なのが嬉しいですね。

柔らかな接客がほっこりさせてくれるお店です。

 

メニュー

 

玉子焼き:15個入り 650円

特別玉子焼き:玉子・タコ増量 15個入り 750円

(価格は税別です)

 

玉子焼き専門店 松竹の店舗情報

 

住所 :兵庫県明石市大明石町1-6-1 パピオスあかし 1F

マップ: Googleマップ

アクセス :JR・山陽電車「明石駅」から徒歩2分

電話番号 :078-912-0091

定休日 :水曜日(祝日の場合は翌日)

営業時間 :11:00~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

3. てんしん

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by mie (@mie.ymmk) on

 

明石市の中でも西の端になる東二見駅にある名店「てんしん」。

地元密着型店だけあって、お好み焼きやそば焼きもあり、とってもリーズナブルです。(神戸以西では、焼きそばは中華料理で、お好み焼き屋さんで提供されるのはそば焼きと
呼ぶ店が多いんですよ。)

 

ふわとろタイプの中でも、十分にお箸で持ち上げられる程度の固さはあり。

よりふわとろになる秘密でもある「じん粉」を使用していないので、一般的な玉子焼きよりは固めです。

特上玉子焼きにすると玉子感は増しますが、焼き上がりがより固めになります。

アツアツの出汁につけていただきます。

 

特筆すべきはタコ。

二見のタコは明石浦や林崎漁港に比べると浅瀬なので、身があまり締まっていない、つまり柔らかいんだそう。

料理法にもよりますが、玉子焼きにはこの柔らかめのタコが良く合います。

お腹に余裕があれば、ぜひタコそばや、お好み焼きのタコ玉なども味わってみてくださいね。

 

メニュー

 

玉子焼き:15個入り 550円

特上玉子焼き:玉子1個増量 15個入り 580円

ぶた玉:480円

たこそば:600円

(価格は税込みです)

 

てんしんの店舗情報

 

住所 :兵庫県明石市二見町東二見417-11

マップ: Googleマップ

アクセス :山陽電鉄本線「東二見駅」出入口2 徒歩1分

電話番号 :078-942-3109

定休日 :水曜日

営業時間 :11:00~21:30

 

4. 明石玉子焼き 今中

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by xxxChocoxxx (@honeyxbutterxchoco) on

 

メニューは玉子焼きのみという専門店。

別の場所から移転し、魚の棚商店街に2017年に移転オープンしたお店です。

今中の玉子焼きは、とにかくふわとろ。

 

羅臼昆布でとった出汁入りの生地は、玉子の風味と出汁の旨味が効いています。

徳利に入ったアツアツの出汁は、昆布と鰹でしっかりとってあるので、そのまま飲みたいくらい。

ふわとろ玉子焼きを出汁につけて、ちょっと潰して茶わん蒸し風に食べるのもアリ。

卓上には岩塩と乾燥柚子があるので、出汁に足してもいいですし、そのまま玉子焼きにパラパラっとかけて食べるのもおすすめです。

 

メニュー

 

玉子焼き:15個入り 650円

(価格は税込みです)

 

明石玉子焼き 今中の店舗情報

 

住所 :兵庫県明石市本町1-3-4

マップ: Googleマップ

アクセス :JR・山陽電車「明石駅」から徒歩5分

電話番号 :078-913-6455

定休日 :木曜日、第2・第4水曜日

営業時間 :11:00~18:00

 

5. たこ磯

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Masayo (@sumi_macha) on

 

魚の棚商店街、西側から入ってすぐのところにある有名店「たこ磯」。

レトロ感漂う店内には、有名人のサインがずらりと飾ってあります。

 

ちょっと珍しい、明石名産の焼き穴子入りの玉子焼きが美味しいお店として知られています。

「玉子焼きに穴子?」邪道という意見もあれど、食べてみると穴子のふんわり感にハマってファンになる方が多いんだそう。

 

タコも穴子も両方食べてみたい方は、ミックスをどうぞ。

1つの玉子焼きにタコと穴子が入っている贅沢品です。

これも珍しくあんみつやぜんざいもあるので、玉子焼きの後に甘い物でしめることができますね。

 

休日には行列が出来ますが、回転は早め。

1本南側の筋に2号店がオープンしたので、行列具合によってはそちらへ行ってみましょう。

 

メニュー

 

玉子焼き:15個入り 700円

玉子焼(あなご入):15個入り 900円

玉子焼(ミックス):15個入り 1,100円

(価格は税込みです。)

 

たこ磯の店舗情報

 

住所 :明石市本町1丁目1-11

マップ: Googleマップ

アクセス :JR・山陽電車「明石駅」から徒歩5分

電話番号 :078-914-5103

定休日 :年末年始のみ

営業時間 :10:00~19:00

 

6. 本家きむらや

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ako (@a50a) on

 

大正13年創業の老舗で、ガイドブックやメディアに取り上げられることも多く、特に週末は大行列ができます。

有名店ゆえの他店からのバッシングや、代替わりによって味が変わったと言われたり、何かと話題にのぼるお店です。

 

良く言われるのは、きむらやの20個850円は高いということですが、周辺のお店は15個で600円~と考えるとほぼ同じ。

1人1人前の注文でお願いしますというお店が多い中、きむらやは2人でのシェアも大丈夫。

熟練の差なのか、どのお店よりもコロンと丸い、形がキレイだと言われています。

 

きむらやの玉子焼きは、ふわとろタイプで出汁もアツアツ。

具のタコはプリプリで、噛むとジワリと旨味が口の中に広がります。

 

玉子焼きをシェアしてでも、食べて頂きたいのはおでん。

1番人気はやはり「明石のタコ」です。

茹でたタコは固いというイメージを持っている人は、驚くはずの柔らかさと甘味が特徴。

明石名物のタコも今ではどんどん値があがっているので、大きな足まるごと1本で500円はかなりのお得感です。

 

メニュー

 

玉子焼き:20個入り 850円

おでん:タコの足1本 500円

(価格は税込みです)

 

本家きむらやの店舗情報

 

住所 :兵庫県明石市鍛冶屋町5-23

マップ: Googleマップ

アクセス :JR山陽本線「明石」駅より徒歩5分

電話番号 :078-911-8320

定休日 :月曜、1か月に1回火曜不定休

営業時間 :10:00~17:30頃 (土日祝は9:00~)売り切れ次第終了

公式URL :  本家きむらや

 

 


<姫路で食べるべきおすすめの明石焼き>

 

明石から、西へ、加古川市と高砂市を挟んだ姫路市。

最初の明石焼きの食べ方のところでもご紹介したように、俗に「姫路食い」と呼ばれるのが、ソースをかけてから出汁につけるスタイルです。

明石でもソースを置いてご自由な食べ方でどうぞというお店も多いので、かなり浸透しているようですが、これは好みが分かれるところですね。

ソースが溶けだした出汁が好きな人もいれば、ソースと出汁は合わないと絶対にかけない人もいます。

 

タコピア

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 長野陽一 (@naganoyoichi) on

 

メニューにも「明石焼き」ではなく、「明石焼き風たこ焼き」とあるくらい、ややたこ焼き寄りの明石焼きといった感じ。

つくね芋が入っていて、ふわとろだけど、箸でしっかりつかめる固さです。

 

タコピアという名前から新しいお店のようですが、実は姫路で50年も愛されている老舗。

子供の頃から良く食べていたという人が多い、姫路のソウルフードの1つとも言われています。

 

お店に入ると、すごい量のタコ焼き器が稼働中。

少し列が出来ていても、どんどん焼きあがるので大丈夫です。

特徴はその価格で、少しずつの値上がりはしているとはいえ、10個で450円はかなりリーズナブルですね。

ちょっとスパイシーなソースをつけて、出汁にどぼん、姫路で「姫路食い」に挑戦してみたい方は是非。

 

メニュー

 

明石焼き風たこ焼き:10個入り450円

イカ焼き:200円

(価格は税込みです)

 

タコピアの店舗情報

 

住所 :兵庫県姫路市駅前町188-1 グランフェスタ内

マップ: Googleマップ

アクセス :山陽新幹線姫路駅東口 徒歩1分

電話番号 :079-221-3657

定休日 :グランフェスタに準ずる

営業時間 :10:00~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 

<神戸で食べるべきおすすめの明石焼き>

 

神戸⇔明石間はJRの場合、快速電車で12分。

筆者としては、ぜひぜひ明石まで行って本場の味を食べて頂きたいのですが、観光で、ビジネスで時間が取れない方も多いですよね。

 

でもご安心を。

神戸市内でも玉子焼きを食べられるお店があります。

ちなみに、神戸では玉子焼きではなく、明石焼きの名前が一般的です。

 

1. たこ焼きたちばな さんプラザ店

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kitachin (@kitachinkitachin) on

 

神戸三宮の人気店と言えば「たこ焼きたちばな」でしょう。

神戸っ子の中には、ここの味=明石焼きとインプットされている人も多く、明石の玉子焼きよりも美味しいという人も多いほど。

三宮駅直結のショッピングビル、さんプラザの地下は実は美味しい飲食店の宝庫です。

 

店名にたこ焼きと書かれていますが、中身は明石焼きのお店。

場所がら観光客も多く、たこ焼の店名に、普通のたこ焼きと間違えて入る方もいるんだとか。

そのためなのか、入口には、明石焼きと出汁まで揃った食品サンプルが置かれています。

それでも、明石焼きを知らない方は、大きなたこ焼に見えるかもしれません。

 

お店に入ると、何人前かを聞かれます。

明石市内では15個入りがほとんどですが、こちらは10個と都会プライス。

後からの追加はできないので気を付けてください。

 

たちばなの明石焼きはふわとろで、出汁は温かいタイプ。

鰹でしっかりとった出汁は飲み干したくなるほどの旨味があります。

プリっとした歯ごたえのある明石の活だこを使用しています。

 

メニュー

 

たこ焼き:10個入り 620円

(価格は税込みです)

 

たこ焼きたちばな さんプラザ店の店舗情報

 

住所 : 兵庫県神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ 

マップ: Googleマップ

アクセス :阪急電車「三宮駅」から徒歩2分

電話番号 :078-391-3793

定休日 :さんプラザに準ずる

営業時間 :11:00~19:00(売切次第終了)

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

2. 明石焼き 司

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Kiyoko Nakamura(中村紀代子) (@koyokiramukana) on

 

三宮の繁華街で50年以上もの間、地元の人を中心に親しまれている「明石焼き司」。

夜の6時から深夜2時までの営業なので、明石焼きをあてに一杯、もしくは飲んだ帰りに小腹を満たすといった利用客が多いお店です。

 

こちらの明石焼きは正統派のふわとろタイプで、お出汁はアツアツの三つ葉入り。

食べた人がまるで茶わん蒸しのようだと表現するほど、玉子と出汁の味とふわとろ感が際立っています。

タコ入りと海老入りがあるのは老舗ではちょっと珍しいですね。

 

カウンターのみの9席で、場所も味も、アットホームな雰囲気も良いので満席率も高く、空いていたらラッキー。

関西風の薄味おでんも人気です。

ちなみに、関西のおでんで食べるべき具材は「牛すじ」ですよ。

 

メニュー

 

明石焼き:10個入り600円

おでん:1品120円~

(価格は税別です)

 

明石焼き 司の店舗情報

 

住所 :兵庫県神戸市中央区中山手通1-3-10 ローズプラザビル1F

マップ: Googleマップ

アクセス :各線「三宮駅」より徒歩3分

電話番号 :078-391-1230

定休日 :日曜日

営業時間 :18:00~26:00

 

3. 菊兆

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ALYN (@_alyn) on

 

北野坂の「菊兆」は、麦とろろ・明石焼きと書いた大きな白い提灯が目印の人気店です。

夕方の5時から何と深夜3時まで営業という、夜の早い三宮周辺では嬉しいお店。

特に飲んだ帰りの〆にラーメンは重いという方には、麦とろろも明石焼きも胃に優しくて魅力的ですよね。

飲み屋さんという雰囲気でもなく、女性同士でも入りやすいのでいつも賑わっています。

 

普通のタコ入り明石焼きの他に、海老・シソ・コンニャクの入った「菊兆焼」や、海老・ネギ・マヨネーズ入りの「海老マヨネーズ」、すじ肉とキムチ入りの「すじキムチ」など変わり種の明石焼きが合計6種。

創作系があっても、中身はしっかり明石焼き。

持ち上げ方によっては崩れてしまいそうなふわとろで、飲み干したくなる本格的な出汁はアツアツです。

 

他にもたこぶつ、たこ酢、たこ塩焼き、たこむす、たこ茶漬けなどたこを使った料理が豊富。

大人な味を楽しめる、麦とろ膳や麦雑炊、水餃子も人気です。

 

メニュー

 

たこ焼き:10個入り600円

菊兆焼き:10個入り(海老・シソ・コンニャク)650円

 

菊兆の店舗情報

 

住所 :兵庫県神戸市中央区中山手通1-10-5 中一東ビル 

マップ: Googleマップ

アクセス :JR三ノ宮駅 西口 徒歩5分

電話番号 :078-331-9813

定休日 :不定休

営業時間 :17:00~翌3:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 

筆者的には明石や神戸の明石焼きを比べると、軍配があがるのはやはり明石。

本場で食べているという雰囲気を差し引いても、生地の味付けやふわとろ感が格別だと思いました。

神戸まで旅行にいらした際には、少し足を伸ばして明石に出かけてみてください。

「魚の棚」をブラブラ歩いてお土産を買って、周辺の玉子焼き専門店をはしごなんて良いですね。

 

※合わせて読みたい: 兵庫県・明石のおすすめランチ13選!ふわふわの玉子焼きから本格ナポリ料理に名物駅弁まで


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(969)
北海道・東北(29)
  北海道(12)
  岩手(5)
  宮城(8)
  秋田(1)
  福島(3)
関東(712)
  埼玉(14)
  千葉(17)
  東京(600)
  神奈川(65)
  茨城(5)
  栃木(6)
  群馬(3)
  山梨(2)
甲信越・北陸・東海(34)
  長野(2)
  新潟(2)
  富山(1)
  石川(3)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(3)
  愛知(19)
近畿(124)
  滋賀(3)
  京都(23)
  大阪(69)
  兵庫(23)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(18)
  岡山(4)
  広島(9)
  徳島(2)
  香川(1)
  愛媛(1)
  高知(1)
九州・沖縄(30)
  福岡(22)
  佐賀(1)
  長崎(2)
  熊本(3)
  宮崎(1)
  沖縄(1)

国外エリア一覧

ヨーロッパ(2)
東南アジア(1)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(2)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(850)
ディナー/夕食/夜ご飯(777)
レストラン(523)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(255)
カフェ/喫茶店(419)
スイーツ(209)
ファーストフード(290)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(96)
ぼっち飯/ソロ飯(712)
ファミリー(747)
デート(768)
女子会(654)
記念日/誕生日(248)
夜景/絶景(74)
ヘルシー/オーガニック(120)
安い/格安/リーズナブル(728)
接待/会食/ビジネス(240)
行列の出来る人気店(55)
ホテルレストラン(12)
ミシュラン/ビブグルマン(6)
合コン/コンパ(12)
モーニング/朝食/朝ごはん(16)
テイクアウト/宅配/デリバリー(82)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(21)
お手軽レシピ(33)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(16)
世界の料理/食事(18)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(49)
百貨店/名店(33)
通販(25)
お酒/アルコール(5)
料理雑貨(6)
歴史/豆知識(41)
種類まとめ(15)
プレゼント/ギフト(26)

料理ジャンル

和食(73)
洋食(45)
中華/餃子/小籠包(21)
イタリアン(27)
フレンチ(7)
エスニック(20)
焼肉/肉料理(38)
海鮮/寿司(18)
ラーメン/つけ麺/油そば(136)

人気記事ランキング