logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 熊本

熊本は美味しい食べ物の宝庫!絶対に食べておきたいおすすめのご当地グルメ12選




熊本のご当地グルメと言えば、馬刺しを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

豊かな気候風土に恵まれ、海と山に囲まれた熊本では、海の幸と山の幸の両方が楽しめるのが魅力です。
町おこし的なご当地グルメの開発が不要なほど、地元に根付いた郷土料理が多く、訪れた人を楽しませてくれます。

本記事では数ある熊本グルメの中から、これだけは食べて欲しいという品を厳選しました。
熊本への旅行や出張の際のご飯選びの参考にしていただけたら幸いです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】熊本は美味しい食べ物の宝庫!絶対に食べておきたいおすすめのご当地グルメ12選

 

1. 阿蘇あか牛

2. 馬肉料理

3. からし蓮根

4. 熊本ラーメン

5. いきなり団子

6. 太平燕(タイピーエン)

7. だご汁

8. 高菜めし

9. 天草ちゃんぽん

10. 天草うに

11. ちくわサラダ

12. デコポン

 

 

1. 阿蘇あか牛

 

あか牛丼

 

最近人気急上昇中の「阿蘇のあか牛」です。

阿蘇の大自然の中で豊かな牧草を食べて育つ褐毛和牛(あかげ)をあかうしと呼んでいます。

 

日本で飼育されている和牛の85%は黒毛和牛なので、褐毛和牛は貴重な存在。

無農薬の牧草や藁を食べ、高低差のある阿蘇の大草原を歩き回って育つため、ストレスなく育ち、余分な脂肪もありません。

赤身が多くほどよい霜降りなので、柔らかくて旨味があるというバランスの良さが特徴です。

 

あか牛の特徴を最大限に活かしたご当地グルメ「あかうし丼」。

ミディアムレアに焼かれたあか牛のステーキスライスがご飯の上に敷き詰められていて、お店によって半熟卵やとろろなどがトッピングされています。

 

いまきん食堂

 

いまきん食堂

 

明治43年創業の老舗「いまきん食堂」。

元祖「あかうし丼(1,760円)」をお目当てに、地元の人から観光客まで平日、週末問わず行列ができる有名店です。

 

お昼の3時間しか営業していないこともあり、開店前から行列ができるので行列覚悟で出かけましょう。

開店前は列に並ぶしかありませんが、開店後は整理券が配られるため、時間まで周辺の散策をして待ちます。

日帰り入浴をしている宿もあるので利用するのもいいですね。

 

レアでジューシーに焼かれたあか牛は、自家製の醤油タレとの相性も抜群。

もも肉なので、柔らかすぎずある程度の歯ごたえがあり、赤身の美味しさをしっかり感じることができます。

 

最初はわさびをつけながら、後半は温泉卵を絡めて食べるのがおすすめ。

有名店でも、丁寧な接客と変わらぬ美味しさでリピーターが多い人気店です。

 

いまきん食堂の店舗情報

 

 

住所 :熊本県阿蘇市内牧290

マップ: Googleマップ

アクセス :JR豊肥本線「内牧駅」よりバスで10分、「内牧」下車

電話番号 :0967-32-0031

定休日 :水曜日、第三木曜日

営業時間 :11:00~15:00

公式URL :  いまきん食堂

 

 

2. 馬肉料理

 

馬刺し

 

馬肉は頭から尻尾まで無駄にすること無く食べられる熊本の伝統食。

その歴史は400年以上で、加藤清正公が朝鮮出兵の時に食べたのが始まりだと言われています。

 

熊本は馬肉消費量全国一で、スーパーにも馬刺しが並ぶほど一般的なもの。

近年の肉ブームに伴い、高たんぱく、低脂肪、低カロリーで栄養価が高いとあって、注目が集まっています。

 

ひとくちに馬肉といっても、馬刺し、ステーキ、焼肉、しゃぶしゃぶ、ハンバーグ、はりはり鍋、お寿司など様々な料理法があります。

県外の人は食べたことがないという方も多いため、熊本を訪れたら食べてみたいご当地グルメのナンバーワンに入るのではないでしょうか。

 

生食が許されている馬肉なら、やはり食べてみたいのは馬刺しですよね。

馬刺しは色々な部位を味わうことができます。

 

サシが多く柔らかい部分と固い部分の独特の歯ごたえがある肩ロース、柔らかくさっぱりした味わいのロース、たてがみの周りにある白いお肉、バラの一番外側で脂身と赤身が分かれてコリコリした食感のフタゴエ、レバ刺しなど、新鮮な馬肉が手に入る熊本ならではのラインナップです。

 

むつ五郎

 

 

馬肉激戦区の熊本市内で、有名店として必ず名前があがるのが「むつ五郎」です。

有名店といっても居酒屋さんなので、気軽な雰囲気で、馬肉料理だけではなく天草直送の新鮮な魚介類も楽しむことができます。

 

馬肉を使った料理は馬刺しはもちろん、歯ごたえの良い串焼きやステーキ、握り寿司、馬汁、メンチカツなど何と30種類以上。

人気の「霜降り馬刺し」一人前 2,640円(税込)は程良くサシが入った霜降りでとろけるような味わいです。

 

せっかくならば思う存分馬肉料理を楽しみたいという方には、「馬づくしと郷土料理のコース」7,480円(税込)〜がおすすめ。

メニューは、お通し・馬刺し・コーネ刺・馬サラダ・辛子れんこん・人文字ぐるぐる・桜納豆・馬塩焼き・馬串焼き・ホルモン焼き・ホルモン煮込み・ひとくちカツ・馬にぎり・馬汁。

3名様以上で、前日までの予約が必要です。

 

むつ五郎の店舗情報

 

 

住所 :熊本県熊本市中央区花畑町12-11 熊本グリーンホテルB1F

マップ: Googleマップ

アクセス :熊本市電「花畑町電停」から徒歩3分

電話番号 :050-5869-0434(予約は3名以上)

定休日 :日曜日(日月連休の場合は月曜日店休)12/29~12/31

営業時間 :17:30~22:30(ラストオーダー21:30)

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 


3. からし蓮根

 

辛子レンコン

 

熊本名物と言えば必ず名前があがるのが「からし蓮根」。

その発祥は、病弱だった熊本藩主、細川忠利を前任地の豊前国耶馬渓羅漢寺の僧、玄宅が見舞った際に蓮根を食べるように勧めたこと。

 

熊本城の外堀に非常食用に栽培していた蓮根の穴に和辛子粉を混ぜた麦味噌を詰め、麦粉、空豆粉、卵の黄身の衣をつけて菜種油で揚げたものを作り、それを輪切りにしたところ、断面が細川家の家紋に似ていたことから、門外不出の料理になったと伝えられています。

 

蓮根には食欲増進作用があり、造血剤としても優れていると言われています。

滋養強壮にも良いので、ちょっと元気がないなという時に食べてパワーを付けましょう。

 

蓮根のシャキッとした歯ごたえと、ツーンとくるからしの風味と味が癖になります。

そのまま食べても、醤油やマヨネーズをつけても美味しくいただけます。

電子レンジで10~15秒ほど加熱すると辛味が増すので、辛い方が好きという方は試してみてください。

 

森からし蓮根

 

 

細川藩の料理人を務めていたのが、「森からし蓮根」の先祖、森平五郎でした。

元祖からし蓮根の店としての知名度も抜群で、駅や空港をはじめ、どこのお土産屋さんでも必ずといって良いほど見かけるでしょう。

 

森のからし蓮根では、蓮根を茹でる、からし味噌を詰める、衣をつけて揚げる、これらの作業は全て手作業で行われています。

防腐剤は一切使っていないので、賞味期限は冷蔵庫で夏なら7日間、冬なら10日間が目安。

江戸時代から続く伝統の味はお土産にも喜ばれること間違いなしですね。

 

森からし蓮根本店の店舗情報

 

 

住所 :熊本県熊本市中央区新町2丁目12-32

マップ: Googleマップ

アクセス :新町電停徒歩1分

電話番号 :096-351-0001

定休日 :不定休

営業時間 :8:00~17:00

公式URL :  森からし蓮根

 

 

4. 熊本ラーメン

 

 

九州ラーメンと言えば博多ラーメンの方が知名度が高いですが、熊本ラーメンだって負けてはいません。

 

博多ラーメンがほぼ豚骨なのに対して、熊本ラーメンは豚骨プラス鶏ガラでマイルドになったスープが特徴。

ニンニクを揚げた油や、揚げニンニクなどが入って芳ばしく、麺は博多ラーメンより太くてしっかりとした歯ごたえがあります。

 

具は主にチャーシュー、きくらげ、高菜などが定番で、あとはお店のオリジナルで、玉子やネギなどが入ります。

マイルドな豚骨スープと、にんにくの芳ばしさという組み合わせはクセになる味で、1度食べたらファンになる、それが熊本ラーメンです。

 

※熊本ラーメンについてはこちらの記事で詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

→  コクとあっさりが共存!熊本の個性豊かなおすすめラーメン店10選

 

天外天

 

 

平成元年創業、「天外天」は、地元の人にも観光客にも人気が高いラーメン屋さんです。

夜のみの営業ですが、開店から閉店まで常に行列ができる程の人気ぶり。

 

天外天のラーメンの特徴と言えば、もともとにんにくの風味がある熊本ラーメンの中でも群を抜くにんにくの風味。

にんにくを炒って細かくした自家製パウダーがたっぷりとかかっていて、かなりのパンチ力があります。

 

メニューは「ラーメン(730円)」、「辛口ラーメン(750円)」、「チャーシューメン(1050円)」の3種類のみ。

おすすめは肉厚でちゃんと歯ごたえがありながら、口ほどけの良いチャーシューがたっぷりのったチャーシューメン。

後半は紅ショウガや、にんにくの醤油漬けを入れて味の変化を楽しみましょう。

 

2018年、熊本駅高架下にオープンした「肥後よかモン市場」に2号店が入り11:00~23:00の通し営業をしているので、旅行者も利用しやすくなりました。

 

天外天 本店の店舗情報

 

 

住所 :熊本県熊本市中央区安政町2-15

マップ: Googleマップ

アクセス :熊本市電水前寺線水道町駅 徒歩2分

電話番号 :096-354-8458

定休日 :日曜日

営業時間 :18:00~23:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび


 

天外天 熊本駅店の店舗情報

 

 

住所 :熊本県熊本市西区春日3-15-30 肥後よかモン市場

マップ: Googleマップ

アクセス :JR熊本駅在来線改札口(西口)及び新幹線改札口から徒歩1分

電話番号 :096-342-6856

定休日 :無休

営業時間 :11:00~23:00(L.O22:30)

 

 


5. いきなり団子

 

いきなり団子

 

輪切りにした唐芋(さつまいも)と粒あんを小麦粉の生地で包んで蒸した「いきなり団子」。

ホクホクの唐芋と甘さ控えめの粒あんが絶妙で、いくつでも食べてしまいそうな美味しさです。

 

この面白いネーミングでもあるいきなりとは、熊本の方言で、簡単・手軽・直接というような意味があり、お客さんが来ても簡単に作れることから名付けられました。

昔から熊本の家庭に伝わる味で、お母さんが作るおやつの代表格であるいきなり団子。

現在は熊本県の郷土菓子として知られるようになり、お土産屋さんでもオリジナルだけではなく、色々とアレンジしたいきなり団子をが売られています。

 

いきなり団子専門店 長寿庵

 

 

家でお母さんが作るいきなり団子が最強、でも外で買うなら長寿庵が一番と、地元の人も太鼓判を押す長寿庵のいきなり団子は、社長自ら産地に出向いて厳選するという熊本県産のさつまいもが決め手。

 

定番の「白いきなり団子」10個入り1,728円、沖縄の黒糖をふんだんに使った「黒糖きなこいきなり団子」10個入り1,944円、国産茶葉を使用した抹茶を生地に練りこんだ「抹茶いきなり団子」10個入り1,944円(各税込)など種類豊富。

中でも、1番新しく人気上昇中なのが「焼きいきなり団子」8個入り2,000円(税込)です。

 

いきなり団子と言えば餅生地ですが、焼きいきなり団子の生地はなんとクロワッサン。

芳ばしくてサクサクした生地、甘味の強い九州産の紅はるか、そして北海道産小豆の餡との相性は抜群です。

 

伝統の味を守りながらも、美味しさを求めて新しい味を追求する長寿庵。

賞味期限は冷凍で一か月、冷蔵で10日間なので、熊本のお土産にいかがでしょうか。

 

長寿庵肥後よかモン市場店の店舗情報

 

 

住所 :熊本県熊本市西区春日3-15-1 JR熊本駅構内 肥後よかモン市場内

マップ: Googleマップ

アクセス :JR熊本駅構内

電話番号 :096-359-4647

定休日 :無休

営業時間 :8:00〜21:00

公式URL :  長寿庵

 

 

6. 太平燕(タイピーエン)

 

 

熊本県のご当地グルメとして必ず名前があがるのが「太平燕(タイピーエン)」。

1930年代に熊本にやってきた華僑の人が、ふるさと中国福建省の料理を日本風にアレンジしたのが始まりだと言われています。

 

キャベツや白菜、タケノコ、キクラゲ、豚肉、エビ、イカなどの具材を炒めたフライパンに豚骨や鶏ガラからとったスープを注ぎ、最後に春雨を入れてスープを吸わせて完成。

仕上げには揚げ卵をのせるのが定番になっています。

 

伸びにくい緑豆春雨を使っているのでコシが強く、ツルツルっとした食感が楽しめます。

ちなみに、福建省の太平燕は肉団子とアヒルの卵が入ったスープなので、名前は同じでも全くの別物なのだそう。

熊本では中華料理屋さんに限らず、ラーメン屋、居酒屋などでも提供されているので、色々と食べ比べてみるのもいいですね。

 

紅蘭亭

 

太平燕

 

創業が昭和9年(1934年)という老舗の中華料理店「紅蘭亭」。

中国から渡ってきた華僑の人により創業され、太平燕発祥のお店と言われています。

 

ただし、2015年に閉店した中華園や、熊本市新町の会楽園を発祥とする説もありますが、どのお店もほぼ同時期の創業であり華僑同士のつながりがあったことから、どのお店が発祥なのかは定かではないとも言われています。

 

太平燕の味を守ってきた紅蘭亭には、「太平燕かくあるべし」というのがあります

 

  1. 春雨は緑豆100%であるべし。
  2. 揚げ卵は必ず入っている事。
  3. 鶏ガラと豚骨の共だしであるべし。
  4. 福建省の天然塩を使用。
  5. 美味しく作ろうと思う心。

 

これらを大切にして作る「太平燕」920円(税込)はキャベツが多く使われているのが特徴で、キャベツの甘さがスープをまろやかな味に仕上げてくれます。

コシのある緑豆春雨はカロリーが低くヘルシーな上に、野菜がたっぷり、肉も魚介も入っていて栄養も満点。

 

豊富なランチセットの中でも、太平燕を食べたければ、太平燕、酢排骨、千焼蝦仁、清炸鶏、炒飯、杏仁豆腐がついた「円卓料理」1,980円や、太平燕、酢排骨、素菜二種、小菜、白ご飯がついた「中華定食」1,270円(各税込)がおすすめです。

 

紅蘭亭 上通パビリオン店 (コウランテイ)の店舗情報

 

 

住所 :熊本県熊本市中央区上通町1-15

マップ: Googleマップ

アクセス :熊本市電A系統通町筋駅 徒歩2分

電話番号 :096-352-3812

定休日 :無休 12/31、1/1

営業時間 :11:00~21:00 (ラストオーダー 20:00)

予約サイト・口コミ・クーポン : ホットペッパーグルメ

 

 


7. だご汁

 

だご汁 熊本 ご当地グルメ

 

熊本弁でだんごのことをだごというので、だご汁。

同じような料理は、大分県、佐賀県、長崎県、福岡県にもあり、特に大分県のだんご汁は有名ですよね。

 

小麦粉を練った生地を平たくのばして一口サイズにちぎり、季節の野菜や肉類と一緒に煮たてます。

具材も味付けも味噌や醤油と、各家庭によって様々なので、家庭料理から派生した郷土料理と言えるでしょう。

 

熊本県内のだご汁は地域によって異なり、阿蘇地方は豚肉、ゴボウ、ニンジン、大根、サトイモなどの根菜類がたっぷり入った豚汁風。

有明海沿岸地方では、鶏肉や貝類が入り、すまし汁仕立てになっています。

 

山賊旅路

 

 

「山賊旅路」のだご汁はボリューム満点なので、単品でも十分な量ですが、人気は高菜めしとセットになった「だご汁定食」1,250円です。

 

山賊旅路のレシピは、まず昆布だしの鍋に人参とモヤシを入れて煮込み、別の鍋で茹でただごを一度水でしめてから野菜と合わせて、芋がら(サトイモの茎)や油揚げを入れて強火に。

赤味噌、麦味噌、米味噌などを5種類混ぜ合わせて味付けをして、おろし生姜、ネギ、かまぼこ、薄焼き卵、海苔をトッピングしてできあがり。

 

山賊旅路のだごは、前日から練って寝かせておいたものを注文が入ってからのばして5cmくらいに切ってゆでたもの。

ちょっと甘味のある汁にもちっとしただご、ザクっとした食感の芋がらにおろししょうがの風味、ファンの多いおふくろの味的なだご汁です。

 

山賊旅路の店舗情報

 

 

住所 :熊本県阿蘇市黒川2127

マップ: Googleマップ

アクセス :JR豊肥本線 阿蘇駅 徒歩15分

電話番号 :0967-34-2011

定休日 :水曜日

営業時間 :11:00〜15:30

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 

8. 高菜めし

 

 

阿蘇名産の阿蘇高菜を使った郷土料理「高菜めし」。

阿蘇高菜はからし菜の一種で、阿蘇地方を中心に200ヘクタールほどで栽培されています。

 

寒暖の差が大きい阿蘇の気候、火山灰由来の土壌といった風土に育まれた阿蘇高菜は、茎が細くて歯ごたえがあります。

他の高菜は葉っぱ部分も使いますが、阿蘇高菜は3月中旬から下旬にかけてとう立ちした細い茎の部分のみを使用。

機械を使わずに1本1本手で折りながら収穫し、その日のうちに塩もみをし、樽につけて3日~5日で高菜漬けが完成します。

 

こうしてできた新高菜のシーズンは4月。

この時期に阿蘇を訪れたなら、春の味覚、新高菜ならではのシャキッとした歯ごたえと新鮮な香りとピリッとした辛味を楽しむことができます。

 

一般的に高菜めしに使う高菜漬けは、多めの塩分でじっくりと漬け込んだ古漬けでべっこう色をしています。

古漬けは漬物として凝縮した旨味があり、そのままお漬物として食べても良し、油で炒めても良し。

お土産屋さんで阿蘇高菜の文字を見つけたら、ぜひ試してみてくださいね。

 

あそ路

 

 

元祖たかなめしの看板を掲げるのは、昭和43年(1968年)に開業した「あそ路」。

当時の店主が子供たちに家庭で食べさせてい高菜めしをメニューに加えたことで、阿蘇の家庭料理が今では郷土料理として知られるようになったといいます。

 

あそ路のこだわりは、種まきをして高菜を栽培するところから始まります。

2月から3月にかけてお店のスタッフ総出で収穫し、四斗樽で漬け込んだ自家製高菜漬け。

材料は高菜と塩と赤唐辛子だけ。

 

「元祖たかなめし」550円。

高菜漬けの茎を刻んで油いためにし、塩と薄口醤油で味付けをし、さらにタケノコを入れて炒めます。

炊き立てのご飯にこの高菜とたけのこを混ぜ合わせて、錦糸卵とゴマかけて紅ショウガを添えたら完成です。

 

人気のメニューは「たかなめし定食」1,320円。

たかなめし、だご汁、ホルモン煮込み、おからが付いています。

汁物は、だご汁、ぶた汁、ご汁、みそ汁から選べますが、やはり熊本名物のだご汁がおすすめです。

 

体育会系の学生さんや、育ち盛りの学生さんにはボリュームアップの相談可能。

大家族をお腹いっぱいになるように食べさせてきたという先代の思いが引き継がれている、ちょっとほっこりするサービスですね。

 

あそ路の店舗情報

 

 

住所 :熊本県阿蘇市阿蘇町的石1476-1

マップ: Googleマップ

アクセス :JR豊肥本線市ノ川駅前

電話番号 :0967-35-0924

定休日 :火曜日

営業時間 :

【水〜金、月】11:00~15:00、18:00〜24:00
【土日】11:00〜24:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  ぐるなび

 

 


9. 天草ちゃんぽん

 

天草ちゃんぽん 熊本 ご当地グルメ

 

長崎ちゃんぽん、同じく長崎雲仙の小浜ちゃんぽんと並んで、日本三大ちゃんぽんの1つとされる「天草ちゃんぽん」。

古くから長崎との交流があった天草に海を渡ってちゃんぽんが伝わり、天草各地に広がっていったと言われています。

 

天草の人々にとってちゃんぽんは身近なもので、中華料理店、ちゃんぽん専門店のみならず、居酒屋、食堂、喫茶店のメニューにもちゃんぽんが並ぶほど。

人口8万人少しの天草市に、約120店舗ものちゃんぽんを提供するお店があるというのはただごとではありません。

 

天草ちゃんぽんは、鶏ガラや豚骨に魚介出汁を合わせ、塩や醤油で味付けをするあっさりしたタイプ。

豚骨白濁系が多い長崎ちゃんぽんとは違った味わいです。

 

しろやま食堂

 

 

上天草市役所からすぐ、「しろやま食堂」は、3代続く昭和の味が人気の食堂です。

 

「いつものちゃんぽん」750円昆布やカツオ節でとった出汁の効いた醤油スープが創業以来、いつ食べても変わらない味なので、いつものちゃんぽん。

キャベツ、モヤシ、ニンジン、ピーマン、かまぼこ、ちくわ、さつま揚げ、エビ、豚肉など10種類以上の具がたっぷり入っています。

スープには野菜や練り物の味がしっかり出ていて優しい味わいです。

 

「四郎ちゃんぽん」1,250円。

幻の地鶏と名高い天草大王のチキンカツが3枚に、天草名物の大きな車エビ、ホタテに野菜タップの贅沢な一品。

ボリュームたっぷりでも、ぺろりといける美味しさです。

 

卓上にはソースが置いてあるので、味変に具の部分にさっとかけるとぐっと地元スタイルになりますよ。

 

しろやま食堂の店舗情報

 

 

住所 :熊本県上天草市大矢野町中478-3

マップ: Googleマップ

アクセス :

熊本市から車でおよそ1時間30分
国道3号線宇城市ホームファニチャーSAKODA前の交差点を57号線へ。五橋入り口交差点を266号線へ。

電話番号 :0964-56-3032

定休日 :火・水曜日

営業時間 :11:00~14:00

公式URL :  しろやま食堂

 

 

10. 天草うに

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 天草生うに本舗 丸健水産 (@maruken_amakusa) on

 

天草は6月~9月は赤ウニ、10月~2月にかけてはガンガゼウニ、そして3月上旬からは、ムラサキウニが解禁となり、年間を通じて様々な種類の生ウニを味わう事ができるウニ天国。

その中でも、天草西海岸中心で、短い期間しか水揚げされないムラサキウニは地元の人も心待ちにしているという絶品です。

そしてこの時期(3月中旬~5月中)になると、天草島内の宿泊施設、飲食店が協賛して「天草生うに三昧」というイベントが開催され、各店工夫を凝らしたメニューが登場します。

 

産地と産地以外で、食べた時の味わいが違う食べ物はないと言われるウニ。

産地で食べる新鮮なウニはミョウバン処理をされていないので、いわゆるミョウバン臭さとは無縁です。

この時期を狙って天草を訪れるウニ好きも少なくありません。

 

天草生うに本舗丸健水産

 

 

天草の海産物の加工販売、食堂、そして天草の人気アクティビティ、イルカウォッチングも運営している「丸健水産」。

天草の下島北部、通詞島(つうしじま)へ渡る通詞島大橋のすぐ近くにある人気店です。

 

二江のうに漁は1日にみかんカゴ一杯までと獲って良い量が決まっているので、小さなうにまで獲る必要が無く、どれも大粒揃い。

漁師さんが一粒ずつ丁寧な手作業で殻から取り出して、熟練の職人さんが身を崩さないように滅菌海水で消毒し、ごみやとげを取り除きます。

この手間をかけることで、臭みや苦みがない絶品生うにが仕上がります。

 

人気メニューは「ぜっぴん旬の生うに丼」2,420円。

季節によって赤うに、ガンガゼウニ、ムラサキウニなど旬のうにを味わうことができます。

丼のご飯はプラス300円でうにの炊き込みご飯に変更可能。

うにオンうにの贅沢な一品は天草ならではですね。

 

人気のイルカウォッチングとのお得なランチセットメニューもあり、約500円オフになります。

季節の限定メニューもあるので、お食事内容については公式サイトで確認してください。

 

丸健水産の店舗情報

 

 

住所 :熊本県天草市五和町二江4662-5

マップ: Googleマップ

アクセス :九州道松橋ICから国道266・324号経由88km2時間10分、天草空港から車で15分

電話番号:0969-33-1131

定休日 :第1第3水曜・不定休

営業時間 :9:00~15:00

公式URL :  丸健水産

 

 

11. ちくわサラダ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by みーくん (@ponkotsu_racing_factory) on

 

ちくわサラダとは、熊本を中心に福岡も合わせると100店舗以上を展開する、お弁当、総菜のお店「おべんとうのヒライ」のオリジナル。

初めて聞くと、グリーンサラダにチクワが入っていると想像する方が多いと思うのですが、全然違います。

 

見た目はちくわ天ぷらですが、実は中にはたっぷりのポテトサラダが詰まっているんです。

総菜のポテトサラダの廃棄が多いことから、何か活用できないかと考えて生まれた一品。

 

定番の食べ方はソースをかけて丸かじりですが、小さく切るとお弁当のおかずにもぴったり。

オリジナルはポテサラですが、カニカマや、ウィンナーチーズ入りなどのアレンジバージョンもあります。

 

熊本県民のソウルフードとも言われるちくわサラダ、見かけたら是非試してみてください。

 

 

12. デコポン

 

デコポン

 

デコポンは、清見とポンカンを掛け合わせて作った柑橘類で、てっぺんにコブのような盛り上がりを持つのが特徴です。

 

デコのある清見ポンカンを略して、デコポン。

熊本県はデコポンの日本1の栽培面積と生産量を誇ります。

 

ハウス栽培は12月頃からの出荷で、露地栽培は2月~5月まで順次出荷されます。

品種名は不知火(しらぬい)で、糖度13度以上、酸度1%以下という条件をクリアした物だけ、デコポンを名乗れます。

条件を満たせなかった物は、品種名の不知火のままで出荷されるんだそう。

 

デコポンはまずデコ部分を折って取り、2つに割り、それをさらに4等分にしてから皮を剥いていただきます。

皮が柔らかく剥きやすく、中の袋が薄くて種がないので食べやすいのも人気のポイント。

甘さが強く、ほのかな酸味とのバランスが絶妙です。

 

道の駅 不知火

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @kuwacchi0408 on

 

デコポンのふるさと、不知火の道の駅の人気メニューはデコポンソフトクリーム。

甘さが強いデコポンの特徴が良く出ていて、まるでデコポンそのものを食べているかのよう。

甘さの後にくるさっぱりした後味が特徴で、1つ食べたらもう1つ食べたくなるのが問題ですね。

 

 

道の駅では、デコポンジュースをはじめ、デコポンクッキー、デコポンゼリーなどデコポンを使ったお土産がずらりと並びます。

特にデコポンゼリーはたっぷりの果肉と果汁、フレッシュな香りが楽しめる人気の一品です。

 

道の駅 不知火の店舗情報

 

住所 :熊本県宇城市不知火町永尾1910-1

マップ: Googleマップ

アクセス :九州自動車道「松橋I.C」より西へ約9km

電話番号 :0964-42-3300

定休日 :12/31~1/1、臨時休業あり

営業時間 :

物産館9:00~18:00
レストラン11:00~19:00
温泉10:00~21:00

公式URL :  道の駅 不知火

 

 

熊本は、温泉や大自然など観光資源にも恵まれていて、美味しいグルメも海の物から山の物までバラエティ豊か。

人も優しくておすすめの旅行先の1つです。

熊本に行ったことが無いという方は、次の旅行の候補にぜひどうぞ。

 

 

▼熊本のグルメ/観光関連記事

 

熊本のおすすめランチ15選!馬刺しやあか牛をはじめ熊本ならではの料理を満喫しよう

コクとあっさりが共存!熊本の個性豊かなおすすめラーメン店10選

熊本県の観光名所24選!阿蘇山・熊本城から天草まで熊本観光の魅力と現状を徹底解説!

熊本の観光名所18選!熊本旅行で外せない人気観光地、グルメを徹底解説!

熊本お土産厳選15選!大人気くまもんグッズから定番のおつまみやお菓子まで


フォローして最新の食・料理・グルメ観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(1127)
北海道・東北(40)
  北海道(13)
  青森(2)
  岩手(6)
  宮城(9)
  秋田(3)
  山形(2)
  福島(5)
関東(791)
  埼玉(17)
  千葉(23)
  東京(660)
  神奈川(71)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(3)
甲信越・北陸・東海(53)
  長野(4)
  新潟(4)
  富山(3)
  石川(5)
  福井(2)
  岐阜(2)
  静岡(6)
  愛知(24)
  三重(3)
近畿(143)
  滋賀(4)
  京都(31)
  大阪(75)
  兵庫(27)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(25)
  鳥取(1)
  島根(1)
  岡山(5)
  広島(10)
  山口(1)
  徳島(2)
  香川(2)
  愛媛(2)
  高知(1)
九州・沖縄(43)
  福岡(25)
  佐賀(2)
  長崎(3)
  熊本(4)
  大分(3)
  宮崎(2)
  鹿児島(2)
  沖縄(2)

国外エリア一覧

東アジア・中国・台湾(3)
ヨーロッパ(4)
東南アジア(2)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(1)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(3)
中南米(1)

レストラン・カフェ・飲食店

ランチ/昼食(967)
ディナー/夕食/夜ご飯(876)
レストラン(566)
居酒屋/個室居酒屋/飲み会(281)
カフェ/喫茶店(447)
スイーツ(238)
ファーストフード(297)
食べ放題/バイキング/ブッフェ(99)
ぼっち飯/ソロ飯(824)
ファミリー(842)
デート(846)
女子会(701)
記念日/誕生日(254)
夜景/絶景(77)
ヘルシー/オーガニック(122)
安い/格安/リーズナブル(847)
接待/会食/ビジネス(262)
行列の出来る人気店(126)
ホテルレストラン(14)
ミシュラン/ビブグルマン(10)
合コン/コンパ(14)
モーニング/朝食/朝ごはん(27)
テイクアウト/宅配/デリバリー(104)

レシピ・作り方・調理法

洋菓子(29)
お手軽レシピ(38)
ダイエットレシピ(4)
トレーニングレシピ(2)
お菓子/スナック(27)
世界の料理/食事(30)

食品、食材、調理道具、料理雑貨

お土産/名産品(94)
百貨店/名店(42)
通販(40)
お酒/アルコール(11)
料理雑貨(6)
歴史/豆知識(89)
種類まとめ(24)
プレゼント/ギフト(40)

料理ジャンル

和食(87)
洋食(52)
中華/餃子/小籠包(29)
イタリアン(31)
フレンチ(8)
エスニック(30)
焼肉/肉料理(46)
海鮮/寿司(24)
ラーメン/つけ麺/油そば(148)

人気記事ランキング